情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なぜ、犯罪被害者のみがクローズアップされるのか~戦没者、戦時被虐殺・被虐待者のことは忘れるのか!

2007-06-17 11:05:36 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 犯罪被害者の人権というと何か「特別に」守らなければならないような風潮になったのは、いつからだろうか? そして、確かに犯罪被害者の人権を擁護することは大切だが、それはあくまでも①その被害者の被害回復、②今後同様の被害が起きないような予防、という2つの観点からなされるべきものであるはずなのに、被害者の復讐心を満足させることが犯罪被害者の人権を擁護することになるかのようなムードがつくられたのは、なぜだろうか?

 例えば、公害被害者、薬害被害者、経済的困窮を理由として亡くなる多くの自殺者などの方々と、犯罪被害者とは、別の次元で考えなければならないのだろうか。イタイイタイ病で苦しみ人、アスベスト被害で肺ガンになった人、じん肺で苦しむ人、これらの人の気持ちは犯罪被害者のようには保護されなくてよいのだろうか。

 確かに、犯罪被害者の「敵」は分かりやすい。だから、復讐心をぶつけやすい。テレビを見ている人も感情を移入しやすい。犯行の手口は卑劣で、怒りを呼ぶものであることも多い。

 しかし、例えば、薬害被害で亡くなった方の遺族の復讐心が、犯罪被害者で亡くなった方の遺族の復讐心よりも保護されなくてよいという理屈があるのだろうか?

 そして、国家が加害者である場合、私たちは、声高に、加害者(担当官僚)を死刑にしろ、と叫ぶことがないのはなぜだろうか?

 政府は犯罪被害者対策に熱心に取り組み、自民党の新憲法案には、犯罪被害者の人権が盛り込まれている。なぜ、「犯罪被害者」のみがクローズアップされるのだろうか?

 国家が犯罪被害者に寄り添うことにより、市民の目を国家の犯罪から反らそうとしている。これが実態なのではないだろうか。つまり、国家が犯罪被害者を利用しているわけだ。

 もし、国家が本気で犯罪被害者対策を考えているならば、なぜ、第2次大戦で殺した自国や他国の多くの市民に、手厚い対策をしないのか。無謀な戦争を起こし、負けると分かっていて戦争を継続したという未曾有の犯罪行為について、なぜ、国家は真剣に取り組まないのか?

 共通の敵をつくることで国家がいかにも市民に寄り添っているように見せかける、こんな単純な手口に騙されて良いのだろうか?

 年間1万人の交通事故死亡者を本気でなくそうとはしていない政府、3万人の自殺者の対策には具体的な対応をしようとはしていない政府、自衛隊を存続させるために無用な不安を煽る政府、そういう政府がなぜ犯罪被害者対策には熱心なのか?よ~く考える必要があるのではないだろうか?   

 そして、もう一つ考えなければならないことがある。いま、光市の母子殺人事件で、被告人を死刑にしろ、とか、弁護人はトンでもない奴だ、と叫ぶ方々の中には、殺人マシーンである自動車を運転している人、あるいは、将来、運転するつもりである人も多いと思う。

 あなたの「死刑にしろ」という叫びとあなたの(将来の)運転行為は、矛盾しないのだろうか? 年間1万人が亡くなるマシーンを操ることは、殺人常習者を世に解き放つことと、社会に与える危険性という意味では、どう違うのだろうか?

 
※写真は、「イタイイタイ病患者を診察する萩野医師」(ここ←より)。


関連記事
※「橋下弁護士の口車に乗って光市事件弁護団の懲戒請求をしたあなた、取り下げるべきだとアドバイスします!」
※「集団リンチは許されない~光市母子殺人事件~死刑は国家を予防措置実現義務から解放するものでしかない」








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 橋下弁護士の口車に乗って光... | トップ | 産経が年金記録紛失で政府が... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自動車は武器・兵器ではないですよ (東西南北)
2007-06-18 01:21:27
 自動車は料理包丁と同じであり、戦車・拳銃などの兵器・武器ではないですから、人類社会に必要な道具です。武器・兵器は人殺しの道具ですから不必要です。自動車の事故が起こる要因は自動車自体ではなくて、自動車に安全装置を装備しないメーカーの責任だとか、人命軽視の社会風潮、時間を急ぐ風潮、自由な時間が少ない状況等が複合しているのではないでしょうか?科学技術の進歩と軍事兵器・武器の存在を同視するのは誤りではないでしょうか?
加害者になる可能性 (ゴルゴ十三)
2007-06-18 08:19:55
東西南北さんがおっしゃることは確かにその通りです。ただ、自動車を運転して人身事故を起こせば「加害者」ですし、交通違反でも立派な「加害者」です。事故の原因、特にひき逃げ事件では「怖くなって逃げた」というのが動機の多くを占めています。人間の脳の判断力や心理学、医学的にも「気付くのが遅れた」など判断力の誤りで事故を起こします。ヤメ記者弁護士さんはそのことが言いたかったのでは?その他にもついカッとなって事件を起こしたり魔が射して痴漢などを起こすのが人間です。

この他、労働災害(特にサービス残業、過重労働、過労死、鬱など精神障害=メンタルヘルス)被害者も泣き寝入りの状態です。私も休日出勤・残業を繰り返し半年で平均80時間越え、100時間を越えたこともありました。仕事のミスによるプレッシャーで仕事中に倒れ、メンタルヘルスと診断、半年間休職後退職に追い込まれました。労災隠しは50万円以下の罰金とあまりにも軽すぎます。企業・官公庁犯罪は加害者が余りにもやり得です。個人加盟の労働組合に入り、幸い会社側と和解が出来ましたが。
使い方次第で (imacoco)
2007-06-18 08:25:02
やっぱり、道具を使う人間の側の、意識の問題でしょう。

包丁は悪意をもって使えば他を傷付ける事ができますし、クルマも他を思い遣れない使い方をすれば、凶器と化す分けです。



しかし、戦車戦闘機武器弾薬の類は、戦争の道具であって、我々の日常生活での利用価値はゼロ。

せいぜい、警官や保安官が携帯する拳銃程度に留めておくのが、人間の賢さ、ではないのでしょうかね。
興味深い問題提起と思いました。 (田仁)
2007-06-18 18:12:53
多分、集団帰属意識の差ではないですかね?その現れ方の違いって。
自分自身を加害と被害のどちらに置くか?戦争の敵と味方のどちらに置くか?
心情的に加害や敵側に置き難いってのがレトリックのワナですか。
てぇ事は、加害者の言い分を分析して事故予防とか、敵方の言い分分析で外交努力とか、そういう方向が望ましいのかも。
人間らしさを取り戻す (東西南北)
2007-06-18 19:07:27
 自動車を安全に運転する、安全な自動車を製造する、これが人間らしさですね?では、加害者も人間であるのに何故、人間らしい態度をとれなかったんでしょうか?人間を押しつぶす社会の風潮なり、しくみを認識していくことが必要だと考えます。

 人間らしさを押しつぶす会社の労務管理、過度のストレス、男女差別、自公政権による悪の野放しなどの資本と権力の腐敗が人間らしさを押しつぶしているのであり、これを人間らしく変えていく強さと人間力を教育と報道によって実現していく必要があります。

 ともあれ、人間はすべて、資本と権力の被害者であるから、日本経団連の所属企業の代表者である人間、自公政権を構成する人間が悪いのではない、という事実認識が必要ですね?

 悪いのは資本と権力なのであり、資本と権力が人間を押しつぶすわけです。
当事者意識 (被害者)
2007-06-20 22:50:32
 このブログに掲載されている意見に決定的に欠けているのが犯罪の被害者および加害者の当事者意識だと感じます。
 犯罪の被害者や加害者になる人間はそんなに多くないでしょうから、当事者意識が欠如しているのは当然でしょう。
 そのため、観念や制度等によって被害者が救済でき、犯罪が予防できるかの如く思想に満ちたブログに感じられます。
 当事者意識が欠如している限り、言葉を並べ立てても、世間的には救済活動と呼ばれることを行なっても、本当に救済が必要な被害の発生を予防はできないでしょう。当事者でない限り理解できないでしょうし、理解するのが無理なのはわかりますが、このブログを読んで少し哀しくなったので投稿しました。
Unknown (mash)
2007-06-21 10:56:55
初カキコですm(__)m

>被害者様

>当事者意識が欠如している限り、言葉を並べ立てても、世間的には救済活動と呼ばれることを行なっても、本当に救済が必要な被害の発生を予防はできないでしょう。

とのことですが、大変ぶしつけな質問になりますが、次の件についていかが思われますでしょうか?

刑事裁判に被害者参加、改正刑訴法が成立
 刑事裁判で、犯罪被害者・遺族が被告や証人に質問したり、求刑の意見を述べたりすることを可能にする「被害者参加制度」の新設を柱とした刑事訴訟法改正案などの関連法案が20日午後、参院本会議で可決、成立した。

刑事裁判に被害者が立ちえあることについて、当事者の立場からの意見をぜひお聞かせいただければと思います。
被害者感情=復讐心 ではないはず (kenji)
2007-06-22 07:10:22
あすの会を辞めた町議さんです。
http://www.k2.dion.ne.jp/~saiko/shibuya/TS1229.htm
復讐を認めるということ、厳罰が被害者の救いだとい
うことはとても認められません。
被害者の怨念が社会を非寛容的にするのではと危惧し
ています。
本村さんの言っていることはおかしい点もあり、
きちんと批判すべきだと思います。
だけど、今の状態では無理ですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

中日新聞社説より (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 本日の中日(東京)新聞社説に裁判員制度関連の重要な記事が掲載されています。今までメディアは全部が全部100%裁判員制度推進論調で報道していたのが、この記事では30%くらい慎重、批判的に報道している...
【慰安婦広告】ハンギョレ新聞の報道 (人工樂園)
従軍慰安婦問題に関するワシントン・ポスト紙全面広告について,韓国のハンギョレ新聞が報道しております(正確には聯合ニュース配信記事の転載)。ホントはこれ,ハムニダ日記さんが韓国語から訳すのが理想的なんですが,私が英語版から訳出したものを以下にご紹介してみ...
被害者参加制度への考え方―日本共産党参議院議員・仁比聡平 (さるのつぶやき)
 日本共産党は、被害者が刑事裁判に関わること自体は憲法13条で保障される基本的人