情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新靖国Q12.台湾、韓国の遺族の人々は何故靖国神社合祀の取下げを求めているのでしょうか

2007-02-14 06:21:24 | 靖国問題Q&A
Q.台湾、韓国の遺族の人々は何故靖国神社合祀の取下げを求めているのでしょうか。

A.親、兄弟、祖先の霊が靖国神社に囚われていると考え、その解放を願っているのです。

    靖国神社は、軍人、軍属として亡くなった日本人だけではなく、軍人や軍属として狩り出された台湾、韓国など旧植民地の人々も、本人や遺族の意向に関わりなく勝手に祭神として祀っています(この点は日本人についても同様です)。当事者らの意思に関係なく、遺族に連絡もないままにです。中には生存しているのに祀られてしまっている人すらもいます。しかも植民地下、創氏改名、つまり日本名のままで「○○みこと命」として祀っているのです。ですから、台湾、韓国の遺族の人々が合祀の取下げを求めたならば、靖国神社はこれに応じなければならないのです。
    しかし、同神社は神道の教義として一旦合祀したものは取下げできないと遺族の要求を突っぱねています。こんな馬鹿なことがありますでしょうか。死者や遺族の意思に無関係に、天皇との「関係」だけで勝手(合祀後の連絡もなし)に祀ってしまう。こんな傲慢な「宗教」が他にあるでしょうか。かつて、日本は台湾、韓国などの植民地に神社を建立し、現地の人々にその参拝を強制しましたが、そのことについての反省がないのです。
    韓国ソウル郊外に海外で亡くなった人々のための慰霊施設「望郷の丘」があります。そこに父の墓を作ったドキュメンタリー映画「あんにょん、サヨナラ」の主人公でもある李煕子さんは、朝鮮人軍属として靖国に合祀されている父の魂を取り戻すまでは、名前を刻まないとしています。霊魂に対する考え方は、その国、地方によって異なりますが、死者に対する慰霊の気持は尊重しなければなりません。
    2006年8月11日から15日まで、「平和の灯をヤスクニの闇へ キャンドル行動」として、日本(ヤマト)、沖縄、韓国、台湾の4地域から人々が東京に集まり、集会、文化交流、デモ等連続行動を行い、8月14日には約1000名によるキャンドル人文字「YASUKUNI NO!」を作り、アッピールするなどしました。韓国から国会議員11名を含む250名、台湾から立法院議員1名を含む50名の参加があり、全日程を成功裡に終えました。
    8月12日、上記キャンドル行動に参加した韓国の国会議員ら10余名が、韓国人戦没者の合祀の取下げを求めて靖国神社に申し入れに行きましたが、その際、神社境内にいた人々の群れの中から「朝鮮人帰れ!」という罵声が飛びました。勝手に合祀をしておいて「朝鮮人帰れ!」はないでしょう。恐らくこの罵声を浴びせた人物は「神聖な」靖国神社に韓国・朝鮮人も祀られていることを知らないのではないでしょうか。
    東京新聞8月23日付朝刊コラム〈論説室から〉「靖国参拝と台湾人」は、前期キャンドル行動に参加した台湾の立法院委員高金素梅さんらについて、「日本の植民地であった台湾では、多くの台湾人が戦地に赴いた。時代の風潮に逆らえず出征した人も少しはいただろうが、多くは名誉と思い、光栄と感じていたと現地で聞いた。」「台湾で犬に噛みつく(靖国合祀に反対)のはたった二人。立法委員は台湾国内での票目当てのパフォーマンスだ。それなのに、『台湾人の遺族も反対』とは大きなミスリードだ。…」と書いております。驚くべき妄言です。

    同じ植民地支配といっても、台湾と韓国ではニュアンスの違いがあるのは事実です。台湾の場合は日本が去ったあと国共内戦に敗れた国民党が来て苛烈な弾圧政策を敷いたということもあって、その反感が強く、日本に対する反感は韓国ほどは強くないようです。
    しかし日本は、韓国と同様台湾でも「皇民化」政策を強行し、これに抵抗した人々に対して霧社事件──1930年台湾台中州霧社で発生した高砂族の抗日反乱──に見られるように容赦のない弾圧を加えた事実は消せません。「高砂義勇隊」のように日本軍が台湾原住民を「義勇隊」の名の下に陸上特攻(捨て駒としての切込隊)として使った事実も記憶されておくべきです。
また植民地出身者を軍属として捕虜収容所の看守などに使ったため、日本の敗戦後、BC級戦犯として処刑された人も少なくありません。

「蓬莱の島の若草も
ラバウルの島に散るが悲しき
今日の日を神様は
何と母に知らせていよう
     交わりし四年歳の友よ
      別れの手振りも懐かしく
     友よ泣いてくれるな
      明日の光を心に秘めよ
          天壁山(台湾人軍属)」
           (杉浦義教「ラバウル戦犯弁護人」光人社文庫)

    植民地支配と日本軍の捨て駒という二重の被害者たちを護国の英霊として、本人・遺族らの意向と関係なく、しかも加害者(日本人)側と一緒に祀っている靖国神社のデタラメさについては多言を要しないでしょう。靖国神社に祀られることが、何が「名誉」「光栄」なことでしょうか。

    今般、内閣府を通じて小泉首相宛になされた靖国参拝反対・台湾人戦没者の合祀取下げ申入書には、高金素梅さんを含め28名の立法委員が署名しています。「台湾で犬に噛みつくのはたった二人」というコラムは、歴史的事実を無視した妄言以外の何物でもありません。ヤスクニの闇、日本の闇には深いものがあります。
    なお、日本人で靖国神社に合祀されている者は、戦傷病者・戦没者遺族等援護法の対象となっていますが、台湾、韓国の人々は合祀されてはいるものの援護法の対象外となっています(台湾については、その後特別立法により一部対象)。
    靖国神社は旧植民地の人々をも合祀している(その意思を問うことなく)理由として、彼らも天皇の軍隊(赤子)として日本のために戦って亡くなったからだとしていますが、それならどうして援護法の対象とならないのでしょうか。いわゆる国籍条項による差別です。
    この点に関し、韓国・朝鮮人元BC級戦犯者「同進会」会長李鶴来氏は、以下のように述べています。

    「       BC級戦犯 韓国・朝鮮人への償い未完
      『BC級戦犯』だった私がスガモプリズン(巣鴨刑務所)から釈放されて、この10月で50年になった。私が問われた罪は何だったのか。……
      私たちが日本軍の軍属として『徴用』され、朝鮮半島から南方各地に派遣されたのは42年の夏だった。捕虜収容所での監視任務に就かされたが、捕虜の取扱いを規定したジュネーブ条約も教えられず、粗悪な衣食住、医薬品の欠乏、過酷な労働環境の中で、各地の収容所で多数の犠牲者を出した。当時17歳の私にとっては厳しい任務だった。
      敗戦後、捕虜虐待などの『通例の戦争犯罪』を行ったとされ、無謀な捕虜動員計画を立案・遂行した責任者より、現場の捕虜監視員が多数、BC級戦犯として訴追された。監視員の多くは朝鮮と台湾の青年で、合計321人が有罪となり、内49人が処刑された。
      理不尽を負わされた無念もさることながら問題はその後の日本政府の対応にあった。私たちは『日本人』として収監され服役したが、釈放された時は『外国人』。その後は『国籍がないから』と補償や援護の対象から外されたのだ。先に釈放された仲間や友人の世話で生き延びてきたが、日韓のはざまで見捨てられた身分だった。…………
      韓国政府は今年6月、私たち朝鮮人元BC級戦犯は、植民地時代の日本の強制動員の被害者であると初めて認定し、11月中旬までに合計83人の名誉を回復してくれた。…………戦後61年たってようやく、韓国の国民がBC級戦犯問題を知り、理解するところとなった。………………
      この問題解決の残りの半分は日本政府が動いてくれない限り、実現しない。私たちを捕虜監視員にして派遣したのは韓国政府でなく、日本国なのだから。
      立法府は因果関係を踏まえて、『深刻かつ甚大な犠牲ないし損害』(最高裁)に対する立法措置を速やかに講じて欲しい。日本国民の道義心と良識に改めて訴えたい。」(2006年朝日新聞「私の視点」)

     靖国参拝問題とは直接は関係がありませんが、このようなことを放置しておいて『美しい国へ』と語るのは虚しいことです。まず戦後補償を実現して   『道義ある国』になることが先決です。

■■以上、内田雅敏弁護士執筆■■

日本人遺族は票田だから遺族年金を出すが…





★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
コメント (7)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 弁護士会主催憲法シンポジウ... | トップ | 【HP紹介】サヨナラ石原都... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (冥王星)
2007-02-14 12:35:31
非科学的な信条の問題である靖国問題において、靖国の信仰の自由の射程論は重要な問題でしょう。靖国の信仰の自由を保障されないで靖国を批判するべきではないと思いますが、この信仰の自由の射程は非常に不可解なものが多いのが事実でしょう。
例えば、明確に実害のある教義であればそれは違法性を問う事が可能でしょう。しかし、悪魔教などの呪いなどの非科学的実証性のない思想性は違法性を見出せないので、当然、「信教の自由」になり悪魔崇拝も許されます。アレフであっても公益性を逸しない限りは教義の自由はあるでしょう。これと同じで、韓国、中国、台湾の遺族達に信教の自由もあり、靖国の信教の自由も併行して尊重されるべいではあり、勝手に祀るという行為がそもそも信教の領域でしょう。同時に、遺族はあくまでも当事者の意思ではないことが致命的な問題なわけであり、ここに亡くなった当事者の意志が確認されない限りは、靖国の信教の自由も保障されうるべき、だと思います。
決して、靖国を支持しない立場ですが、両者の信教の自由を尊重する上では、取り下げるべき理由というものの根拠が遺族にはないという解釈はどうしようもないでしょう。
遺族の意志が死んだ当事者の意思であるならば・・・あえて言えば、幽霊などの非科学的事象に法律が根源的な価値を見出せない以上は、信教の自由の射程を含めて、考えるべき問題が残るでしょう・・・
まぁ、少なくとも、戦犯が国際法の違法者であるのだからそれを祀る靖国が公益性に適った施設だと自分は思いませんがね・・もっと言えば、戊辰戦役から賊軍とされた不名誉の烙印を押された英霊を祀る気持の方が強いのは、自分個人の問題でしょうが・・
っていうか、靖国問題好きですねぇ・・・このネタって日本人の外交センスのなさと宗教意識の低さしか見えない破廉恥な記事ばっかりで恥ずかしい部類だと思っている冥王星でした
Unknown (imacoco)
2007-02-15 14:47:25
以前もヤメブンさんの記事にコメントさせて貰いましたが、私は戦没者の「供養塔」は平和憲法であり、その精神を実現しようと云う日本政府と日本国民の姿だと思っています。私は霊魂が存在するどころか、それが人間の本質で、肉体はその本質を成長させる為の道具であると固く信じています。ですから、霊魂があるか無いかと云う論争よりも、如何にこの世界を良くするか、の方が遥かに大切だと思います。戦没者の霊魂、と云う抽象的な領域を論じるよりも、幾千万の戦没者に報いる(前向きな)生き方を模索するべきです。
Unknown (冥王星)
2007-02-16 10:46:42
霊魂の有無論など論評の主体ではありません。話は信教の自由の限界射程です。
日本では実感が湧かないでしょうが、信教の自由は基本的人権の領域であるわけですが、諸外国はある程度の線引きができています。(少なくとも、政教分離に関する判例は日本よりは数多い)
実際、靖国問題において重要な視座は信教の自由の限界射程の問題であり、本記事の内容は、多面的な信教の自由の相克においてどう取り扱われるべきか?という問題になるわけです。
(自分から言わせれば、”幾千万の戦没者に報いる前向きな生き方”という方が抽象的かつ主観的でしかないと言い切れますが・・そこは踏み込みません)
そもそも、文内に指摘されている「神道の教義として一旦合祀したものは取下げできない」というのは教義として違法があるとされるものではありません。これを尊重できないのが信教の自由を侵している問題があるのです。
相克する宗教観においてどちらにも肩入れしないのが公平性な立場でしょう。単純に靖国神社でなくても、教義を重んじる自由はあるでしょう。あえて、言えば、この記事において問題になるのは靖国の信教の自由を制約する恐怖でしょう・・・・・靖国に対して否定的な立場であっても、侵すべきではない領域である・・公平な自由であるべきだというのが自分のスタンスです。
靖国は全体主義の亡国神社だから。 (田仁)
2007-02-16 14:15:25
近隣のエスニックな要素を抑圧してますが、日本固有のそれをも弾圧した上で、成立している事をもっと日本人は広く知らないといけないと思います。
被差別部落って、大概渡来系の文化を色濃く残してる地域に限って選定されたって知ってました?江戸初期からもう、国家神道カルトの萌芽はあったんですよ。
今尚、奈良の汚職だ何だで憎しみや分断が煽られてますけどね、ぶっちゃけ弥生系は皆渡来ですよ?一々挙げてたら切り無いのに、弱いトコだけ狙われて。
西日本にブラクが多いのって、そういう理由です。
Unknown (ちょっと待った)
2007-08-04 20:16:28
私は日本育ちの台湾人ですが、地元の知り合いに聞いても靖国の合祀反対なんてしてると一度も聞いた事ないのですが・・・
ちゃんと情報の出所を確かめられましたか?
ネットを検索すると (ヤメ蚊)
2007-08-05 01:11:20
合祀反対している方の情報もあるようですが…
きっと、「高金素梅氏は台湾人じゃない」とか、ってんじゃ? (田仁)
2007-08-06 00:59:29
山岳同胞差別かー!と、ツッコまれそうですが、多分李登輝さんとか金美齢さんとか、靖国に参拝し捲るんで、台湾国内でも政治生命が「自殺」しちゃったヒト達と近しいと、多分「高金素梅は人気取りしたいだけ」とか「台湾人じゃないのヨあの人」とか言いたくなるんじゃないですか?
只、陳水扁氏は、国民投票で独立が否決されてしまい、かなり(安倍さんと同レベルで)イタイらしいですが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

靖国問題Q&A」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

障害者自立支援法という悪法 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
コウトさんとのお約束でした。 4. Posted by コウト    2007年02月09日 20:42 再放送なんですね。一部だけでも見ておきます! ところで、今日衆議院の中継を聞いていたら民主党議員の山井さんが障害者自立支援法についての質問をしていました。総...
07年2月14日・水曜日  6者会談 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 07年2月14日・水曜日  新聞休刊の翌日の6者会談の記事は合意を得た事もあって多くの紙面をさいていました。         その大見出し中見出しをまとめてみました。  外交とはと問えばしぶとさなのだろうか。北朝鮮が自分の思うように運んだ感じで、外交手腕は一...
07年2月14日・水曜日 第二部  国会もリハビリが必要か (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年2月14日・水曜日 第二部           昨日の予算委員会は久しぶりと言うか当たり前の国会論戦だ。格差についての論戦だが自民党の格差に対する感覚のずれを感じた。  自民党の考えを改めさすには、参議院選挙で大敗北をさせるしか方法はない。  野党も、も...
アベシを粉砕だ。亀井静香氏奮闘す!+権力の頂点に立つ男アベシンゾー、だって自分で言うのはアリか!? (晴天とら日和)
asahi 2007年02月13日 「小泉政治と決別を」亀井静香氏、予算委で6年ぶり質問 亀井氏 「このままだと政教分離・政党政治は自滅しますよ」 アベシ 「(困ったなぁ、ボクちゃん知らないもん・・・)」 亀井氏 「自民党と公明党、創価学会の問題ですよ」...