情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム」のヒアリングに参加予定

2010-03-18 05:28:29 | メディア(知るための手段のあり方)
 原口総務大臣、内藤副大臣がぶち上げた、放送行政に独立行政委員会、クロスオーナーシップの解体など、報道の自由を保障する諸施策を検討する場として、「今後のICT分野における国民の権利保障等の在り方を考えるフォーラム」が立ちあげられ、検討が進んでいることは、業界団体の一部を除いてはまだそんなには知られていないかもしれない。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/kenri_hosyou/index.html

 しかし、このフォーラムの目的は

【民主主義の基礎となるインフラであるICT(情報通信技術)分野において、「言論の自由を守る砦」をはじめとする国民の権利保障等の在り方について検討すること】

であり、実は、インターネットの浸透などに伴いマスメディアが過渡期にある中、今後のメディア=情報を伝える手段の在り方を検討する非常に重要な場所だといえる。

 参加者も、座長を務める濱田純一東大総長をはじめとする学識経験者、新聞、テレビ業界の関係者など幅広い。記者会見開放に尽力しているジャーナリストの上杉さんも参加している。オブザーバー参加には、通信・テレビ各社の代表者が名前を連ねており、特にソフトバンクの孫正義さんの発言が注目されている。(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/21930.html#bs)

 これまでに3回開催されており、ブレーンストーミング的な検討が2回行われたあと、ヒアリングに入った。ヒアリング第1回(通算第3回)では、フォーラム構成員である音教授に続いて、NHK、民放各社、新聞協会が意見を述べた。

 その一部始終がネットで配信されているので(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/kenri_hosyou/25418.html)、ぜひ、確かめて欲しい。既存メディアの本音が垣間見られるといっても過言ではない。

 マスメディアに不満がある人、マスメディアに就職しようとしている人、マスメディアに満足している人、一度でもマスメディアに抗議しようと考えたことのある人、そういう人には、何があっても、見て欲しいと思う。

 で、次回ヒアリングでは、構成員の宍戸常寿・一橋大准教授に続いて、BPO、東京都地域婦人団体連盟、日本弁護士連合会が意見を述べることになっており、日弁連については不肖ながら私が担当することとなりました。

 すでに、資料も準備しておりますので、ヒアリング後には、感想だけでなく、時間が限られた発言ですので、補足的な説明もアップしたいと思っております。

 幸い、日弁連は、昨年の人権大会で、まさに表現の自由をテーマにしたシンポジウムを行い、報告書(http://www.nichibenren.or.jp/ja/jfba_info/organization/data/52th_keynote_report091105_1.pdf)をまとめたところであり、タイミング的にはバッチリという感じだ。

 
 フォーラムの目的である【民主主義の基礎となるインフラであるICT(情報通信技術)分野において、「言論の自由を守る砦」をはじめとする国民の権利保障等の在り方について検討すること】に沿って意見を述べてきたいと思っています。



 


【ツイッターアカウント】yamebun


【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 司法制度改革審議会元会員が... | トップ | 非核2.5原則から有核3原則~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア(知るための手段のあり方)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年3月18日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・闘病記{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ボケます・ボケない小唄{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・子宮頚がん{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
暴力団・創価学会・橋の下を大阪から追放しよう! (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 暴追放決起集会、組事務所近くまで行進 北九州 (朝日新聞) について.  どうして,大阪府民が「府痴痔・橋の下」を追放する「決起集会」を開かないのか,私は不思議でならない(笑)  要するに,橋の下の前職は某暴力団が経営してたサラ金の弁護士 だったという単純...
民主党・執行部批判 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年3月19日 金曜日  民主党・執行部批判 民主党の生方幸夫副幹事長が小沢氏を批判したと物議を醸している。 彼が党内で発言せず、メディアに向かって批判したのが悪いらしい。 しかし、庶民から見ると、今の民主党は党内で批判どころか政策発言もできない状態では...
土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年3月20日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・消えた密約文書{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・密約文書に関する社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・マグロ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)