情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛国教育の実態「日本には四季があるから美しい」~四季がない国は美しくないのか!

2006-11-16 01:14:21 | 教育基本法・やらせ質問
お玉さんのブログで、次のメールが紹介されていた。教育基本法「改正」案が委員会を通過したいま、このメールの内容は、衝撃的だった。教育基本法改悪阻止に最後まで力を注がなければならないと迫られたような気がした。まずは、引用します。

■■引用開始■■

今日(11月14日)のクローズアップ現代ご覧になりましたか?
もしご覧になっていたらすいません。

愛国心を教育する教育現場についてでしたが、実際東京で行われてい
る、愛国心教育の学校2校のうちの一つ練馬区の小学校で、まず外国人のスジーという子が日本の少年に「日本は四季があってうらやましい」といった。という仮定の話をして、生徒たちに「日本は四季がある素晴らしい国」と認識させます。
ですが、生徒のある少女が、「四季が無い国も美しいのでは・・(後半声が小さくなっていく)」と発言しました。すると先生は、富士山の四季(だったかな)の写真を黒板にはり、もう一度四季がある日本の美しさを紹介し、結果クラスの生徒全員は、「日本は四季があるから美しい」という結論へ導かされました。

どう思われます?記憶がうろ覚えな部分もありますが、正直私は怖かったです。
なぜ、四季の無いスージーの国も美しいといってあげなかったのでしょう?そう言おうとした女生徒の考え・感受性をなぜ否定されたのでしょう?
大人は「四季が無くても青い空があり、梅雨が無い国」があることも知ってるし、そう言う国を「好き」といえる権利もしっています。
海外旅行も行ってますしね。
でも子供は違うでしょう?

これが愛国教育なのかと思いました。
私は去年結婚してそろそろ子供を考えていますが、正直怖いです。
私は子供をどこまで守ってやれるのか。

この改正案、絶対反対しつづけなければなりませんね。

■■引用終了■■

教育基本法改正案は、「愛国心」をめぐる表現について「我が国と郷土を愛する態度を養う」としている。

クローズアップ現代に描かれた明らかな差別意識の醸成教育が、新法の目指す愛国心教育の正体だとしたら、その愛国心教育は「相互理解」「共生社会」を目指す人を育てるのではなく、「不寛容」「差別社会」を当然とする人を育てることになる。そして、行く末は、資源の取り合い、取引先の取り合いで国際紛争が生じることになる。

コスタリカ方式と言う言葉をご存じだと思う。衆議院の小選挙区と比例区で交互に立候補し、地盤を維持する自民党のシステムだ。

では、なぜ、コスタリカ方式というのでしょうか?それは、コスタリカでは国政選挙の連続再選が禁止されているからです。日本の地盤維持システムと決定的に違う
システムを持つこの国では、中学校2年生の教科書で、他国との関係についてこう教えています。

【国家的なレベルにおいて、「寛容」は偉大なる機会を与えてくれます。それは、国際的な共同体の中で、適した平和的な共存を保障するものでもあります。民主主義が機能していくためには、いかなる手段、いかなる脅威も存在すべきではなく、全体の合意を求める「寛容」の精神がなくてはなりません。】

【共存をより良くすること、平和を獲得すること、生命を尊重することは、おそらくより良い社会を創っていくための最高の回答でしょう。全ての人に違いを与えている表面を取り除いてしまえば、「他人の靴を履く」(他人の立場に立って物事を考える)こと、平和な共存を成し遂げることができる「平等」というものを見いだすことが出来るでしょう】

【国家間の平和な共存を成し遂げる原則は、たとえ小さくても、共同体にとって有効なものであるということです。】


教育の目的とは何なのか?もう一度それを考え直しつつ、明日からの教育基本法改正案阻止に向けた行動に全力を挙げましょう!

(写真は「バラエティ旅サイト ワールドワイド水戸黄門」より)


【TM問題続報・佐賀新聞・共同配信

契約段階で質問謝礼明記/「依頼」が恒常化

 政府主催のタウンミーティング(TM)で、内閣府とTMを請け負った広告代理店の2002年8月から06年度までの契約書に、質問依頼への謝礼が明記されていることが15日分かった。

 TMをめぐっては、02年度から04年度にかけて、計65人に謝礼を支払っていたことが判明しているが、契約段階ですでに謝礼が想定されていることも分かり、質問依頼が恒常化している実態が浮かび上がった。

 内閣府と広告代理店で交わされたタウンミーティングに関する契約書によると、02年8月の契約から「民間人有識者等謝礼金」の項目の中に「その他の協力者謝礼金」として、質問依頼の対象者に、1人当たり5000円が支払われることが盛り込まれた。その後の1年ごとの契約更新でも、継続されている。

■■引用終了■■


(追記)
読売が早くも野党批判記事を掲載。【衆院特別委の審議はすでに100時間を超える】…たったの100時間だよ!将来の日本の将来像に係わる重大法案だってこと、分かってる??



※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 与党、TM問題で、教育基本... | トップ | -日本は本当に民主主義の国... »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怖いものを感じました (アズキ)
2006-11-16 01:55:47
四季に関して、自国を愛する精神を養うと同時に他国を愛せない精神を育てているように思えて仕方ありません。自国をすばらしいと感じれれば、他国のすばらしさも認める余裕ができるはずなのです。
こうやって子供たちの意識が変えられていくのかと思うと恐ろしいものを感じました。
できることをしましょう! (ヤメ蚊)
2006-11-16 02:07:56
全く意味不明の法改正を阻止するために頑張りましょう!
火事場泥棒 (村野瀬玲奈)
2006-11-16 02:19:31
はじめまして、ヤメ記者弁護士さん。

私も「情報流通促進」を目標に自分の秘書課ブログを立ち上げましたので、このブログタイトルに共感しています。

さて。

>読売が早くも野党批判記事を掲載。【衆院特別委の審議はすでに100時間を超える】…たったの100時間だよ!

いくら長い審議をしたとしても、ポイントをはずしていたら意味がない。その100時間のうちのどれだけが政府与党のスキャンダルの追及に費やされたか。

政府与党は自分で放火した火事場で泥棒をやっているようなものです。

これからもよろしくお願いいたします。
知らない感動を教える悲しさ (寸胴)
2006-11-16 03:38:36
きっとエメラルドグリーンの海やオーロラの美しさ(私も直接見たこと無いけど)なども知らないのでしょうね。
でも番組で授業を企画した先生は一生懸命でしたよ。研究授業の様子で、後ろに大勢のオトナがいました。国を愛するためには具体的な事象が必要だ、という先入観からの勇み足、というのが私の感想です。
もう一例「嫌い箸」をテーマにその理由を考えさせる授業も取り上げていました。こちらも「箸は日本固有の文化」だと決めつけている感がありましたが。

他所にも投稿しましたが、拙文よろしければご覧下さい。
------------------------------------------------
【提言】現政権を愛せよと強要する愚かさ   寸胴

http://www.stop-ner.jp/tettei_kanshi01.html
(市村)
・教えるべき伝統・文化、生活規範とは何か?
(伊吹)
・現行法は、権利・自由など普遍的なことについて書かれているのは良い。しかし、日本特有のルールがない。大和民族は、法を超えた暗黙の了解事項でもって社会をコントロールしており、それが国を愛する態度の前段にある思想。
----------------ここまで引用-------------------

『法を超えた暗黙の了解事項でもって社会をコントロール』した結果が国際的大犯罪「第2次世界大戦」ではなかったのか。その反省をふまえて民主主義法治国家として我々は再チャレンジしているのではないのか。法を超えるものは自然法則しかない。
為政者・権力者が『愛国心』を語るのは『愛政権心』と等しい。
『愛国心』とは個人の人格・幸福が満たされた上で、万国・万人より愛される国にしていこう、変えていこう、という志であり、個人の尊厳が犠牲になってはならない。ましてや「他の国より美しいから」愛すべきだ、などの傲慢は許し難い。

更にこの国は大和民族の単一民族国家ではない。少数民族・他国籍者の尊厳も忘れてはならない。

民主主義を標榜する以上、数の暴挙は許されない。民意を問うのであれば解散総選挙を行うべき。郵政民営化よりも大きな問題である。こんな法案が通った日にはかつて犠牲を強いた人々に顔向けが出来ない。国際社会での孤立化が進むであろう事は想像に難くない。
-----------------------------------------------
PS.投稿の「規約」を開いたら危険サイト警告(ウイルスバスター2007)が出ました。ご連絡まで。
箸が日本固有の文化ですか… (ヤメ蚊)
2006-11-16 04:24:10
そんなにして偉い国なんだって言わないといけないはずはないんですけどね。いい国にするにはどうしたらいいか、みんなで考えるっていうならありかなぁ…。


ところで、【PS.投稿の「規約」を開いたら危険サイト警告(ウイルスバスター2007)が出ました。ご連絡まで。】、ありがとうございます。寸胴さん、あるいはほかの方でも、対処法など詳細をお教えいただけないでしょうか。
村野瀬玲奈さん (ヤメ蚊)
2006-11-16 04:31:52
厳しくなってきましたが、頑張りましょう!
Unknown (お玉おばさん)
2006-11-16 13:38:41
うちに記事を取上げてくださて有り難うございます。実は道徳教育の中にもこの日本の四季の話のようなものが実は多数あります。ちょっといまお勉強中なのですが・・日本の道徳は空恐ろしい事になってきています・・・
Unknown (イルマ)
2006-11-16 19:33:16
私もあの番組は見ました。「日本の四季の美しさを理解させたい」ということならば悪いことではありませんが、何も気候の違う他国と比べて、「うちの国の方が恵まれていると思え」と強要することはないと思いました。

私は人が自分の国を愛するのは、他の国よりも優れたところがあるからというわけではないのではないかと思います。親にとって、わが子を愛する理由が、その子が他人の子より優れたところがあるからではないのと同じ。子供が親を慕うのも、他の家の親より「金持ちでカッコイイから」などという理由ではないのと同じです。

黒板に張って子供たちに見せていた写真が、季節こそ違え、みんな同じような富士山のものだったというのも、感性の貧しさを感じてしまいました。春夏秋冬を比べるのだからといって、似たような富士山の写真ばかり並べる必要はない。あれでは先生自身がまだ、日本の自然の多様な美しさをご存じないのではと思ってしまいました。

教える人自身が本当に心から自国の自然を愛しているならば、その情熱や姿勢は日々接している中で、おのずと生徒にも伝わっていくはず、それが教育ってものじゃないですか?付け焼刃の押し付けなんかではだめです。
外国人の目から見て (不知火の残党)
2006-11-16 23:16:12
 美しいと言えるものは、素直に誇ればよいのだし、それは「いや、美しくありませんよ」と、学校教育の場で、子供達に対して否定する理由はないでしょう。


>大人は「四季が無くても青い空があり、梅雨が無い国」があることも知ってるし、そう言う国を「好き」といえる権利もしっています。

 大人になれば自然と分ることは、子供の頃に教える必要はない。権利の存在も、その一つです。子供の頃には、しっかり教えないと身につかないことを、まず第一に教えなければならないのであって、日本という国の美しさは、その際たるものでしょう。なお、少し大人になれば、「四季が無くても青い空があり、梅雨が無い国」は、決して日本より暮らし易い国ではないことも分るものです。そういった国は、往々にして生活水準は低く、HIVの罹患率が高く、民主政治は存在せず、社会保障はなきに等しい。酷ければ、核廃棄物はほったらかし、中国製のバチモンのカラシニコフ自動小銃や対人地雷がゴロゴロしていたりします。


>四季に関して、自国を愛する精神を養うと同時に他国を愛せない精神を育てているように思えて仕方ありません。

 一体、世界のどこに、自国を愛する心を犠牲にしてまで、他国を愛する精神を育てる酔狂な国が存在しますか?あ、今の日本がそうだった!
どちらが正しいのか (プロメテウス)
2006-11-16 23:58:02
愛国心を強要すること。この点から考えると正しくないと思います。しかしこれからは石油、石炭、銅や亜鉛などの天然資源や地球温暖化にようる食料、水などの文明社会を維持する血液が乏しくなる。(温暖化はもはや止められないとも言われているので、異常気候に耐える施設を作る必要があるとか。そのためにはやはり天然資源の確保が最優先になる)。
今までの生活を維持できなくなるとしたら、日本という国としての存続、日本人が日本に生きるということが難しくなるとしたら、世界と資源闘争を行い勝ち残るためにはこういう全体主義の方向に行くことはやむ終えないことだと思うこともある。

物つくり大国日本はほとんど鉱山資源がなくては何も出来ない。多くの鉱山資源を必要とするものつくり産業から脱却した産業、「買って、使って、捨てる、そしてまた買う」というようなサイクル(これで今の生活、社会、民主/資本主義を獲得できたし、維持できる)をやめる、もしくは新しい社会システムを作るらない限りいくら反対してもこの全体主義の方向は回避できないと思う。アメリカと同様に国益のためならなんだってやる。脳の10%しか使っていない人間が考えた最善の方法が全体主義で生き残っていくといこと。残りの90%を使える脳に人間が進化しないかぎりこのながれは変わらないとと思う今日この頃。。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育基本法・やらせ質問」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

「教育基本法」強制採決に満腔の怒りを (華氏451度)
 昨日、衆院教育基本法特別委員会野党4党欠席のまま、与党単独で「教育基本法」の改正案採決を強行するという暴挙がおこなわれた。本日衆院本会議で可決し、参院に送って近日中にこの「新しい教育基本法」を成立させる意向。与党は「参院での単独審議も視野に入 ...
売国奴が語る愛国心と言う矛盾 (帝國政治監視所)
今、頭から爪先まで売国奴が集まる安倍政権が、小泉政権同様の手口で国民に歪んだ愛国心教育と言うゴミを押し付けようとしている。 教育基本法改正案、衆院特別委で可決  政府・与党が今国会の最重要法案と位置づける教育基本法
教基法改正の単独採決は安倍の強い意向+他党議員に働きかけ?+まだまだこれから! (日本がアブナイ!)
 15日、衆院の教基法特別委員会で、教育基本法の与党改正案が可決された。  野党は午後からの審議や採決を欠席し、自公与党議員だけでの単独採決だった。  15日に採決を行なうことになったのは、最終的には安倍首相の意向だったという。  安倍 ...
「教育基本法」強行採決など,論外だ (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
教育基本法改正案を単独採決 衆院特別委(朝日新聞) - goo ニュースについて。  最近は血圧が上がるので国内マスコミには余り触れないことにしている (いつもは The New York Times)。  ところが早朝トイレに起きた時,「保坂展人のどこどこ日記」 や 「華氏 ...
【教育基本法案】の記名採決を求めることに関する請願署名 のお願い (Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen)
 ちょうど,私たちの仲間の 「薫のハムニダ日記」 さんが 「教育基本法、あきらめるのはまだ早い」 という記事を載せていました。  この記事の中で 『【教育基本法案】の記名採決を求めることに関する請願署名』 という面白い引用があったので,私も勝手に引用 ...
ウィンドウズでファクスを送信 (壊れる前に…)
衆議院教育基本法に関する特別委員会での審議打ち切り・与党単独強行採決をとても残念に思います。 教育は国家百年の計と言われます。これから教育を受ける世代の将来が、拙速に、このような歪んだ民主主義の中で決せられたことを、国民の一人として大変恥ずかし ...
教育基本法特別委員会・与党の強行採決に断固抗議する! (★「お役所の星」は、休職中。。。(でも、なぜか多忙な毎日。。。)
本日、自民公明の与党は教育基本法特別委員会を野党欠席のなかで強行採決しました。 以下の点から断固抗議します。 1.議論が尽くされていない。  与党は100時間余の議論を尽くした、というが、「慎重な審理を」という 多くの国民の声を無視して強行 ...
「地方自治の深さわかった」…逮捕察知し木村知事 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 『New Platonic Synergy Theory』   )
参照⇒似非環境企業等の問題 ◆木村知事に関しては、2004年の下水道のみではなく、林野・環境行政についても徹底的に暴くべきだ。特に、大阪・美原のE社(中小環境企業)を検察は注目するべきだ。また、大阪府庁との関係も探るべきだ。不透明な癒着を解明するべき ...
果たしてマスコミは「教育基本法改正案強行採決」を批判しきれるか? (ちょっと一言)
 本日午後、教育基本法が衆議院特別委員会にて強行採決された。いよいよ安倍内閣の本
教育の 基本忘れて 強行採決 (川辺より)
衆議院教育基本法特別委員会で与党が採決を強行しました。 野党ともみあい怒号の中で採決するだけが「強行採決」ではありません。 とりあえずさんのおっしゃるとおり、 議論が尽くされないまま、その上議論の過程に問題を抱えたまま、一党独裁国家ではない民主 ...
「愛国心」が就職先を探してくれるわけではない (あんち・アンチエイジング・メロディ)
教育基本法改正が特別委員会で採決された。安倍政権を支持しているひと達は,特に「愛国心」や「徳目」を入れる事に賛成で、この法律改正を支持しているのだろうけれど、それだけで、この法律改正を支持していいいのだろうか? 10条の削除が教育の主権在民を奪 ...
昭和十六年十二月八日の開戦考 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 二年ほど前に護憲+グループの「戦時を語る」の中に書いたものを編集し直し書き込みます。  戦時を語ると言っても現代人には、面白くない話だと思いますが気が向いたら見て下さい。書き貯めたのを少しずつ掲載します。 また12月8日が来る。  何時ものように朝 ...
「教育基本法改正(悪)案」衆議院通過―追い詰められた猛禽類にルールはない (open+)
安倍首相は衆議院特別委員会での教育基本法改正(悪)案の強行採決をうけて、 毎日新聞の記者の質問で 野党の審議拒否に対して「国民の目の前で議論を戦わせ、判断をしていただくことも重要ではないか」 と答えたそうです。 議論を打ち切らせた張本人が、 なんていう ...
教育基本法改正案、採決 (りゅうちゃんミストラル)
今日15日、教育基本法改正案が衆議院特別委員会で採決されるかもしれない。野党はこの採決に対し反発している。野党が欠席のまま、与党のみで採決が行われる可能性もある。このニュースに関しては、賛否あるので以下の報道を参考にしたもらいたい。教育基本法改 ...
教育基本法改悪案強行採決弾劾 (アッテンボローの雑記帳)
 久々さんのリクエストでホワイトカラーイグゼンプションについての階級的批判を書こ
四季があるから美しい? (報道基本法制定委員会)
愛国教育の実態「日本には四季があるから美しい」~四季がない国は美しくないのか!