情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これでは、最悪!-人権擁護法案

2005-03-31 05:10:27 | 人権擁護法案(原則必要派)
朝日新聞(http://news.goo.ne.jp/news/asahi/seiji/20050331/K2005033003650.html)によると、

人権擁護法案、修正案を自民に提示 国籍条項は「保留」

 政府が今国会に再提出する予定の人権擁護法案について、法務省は30日、救済の対象となる事案を絞りこむなど一部修正する案を自民党側に示した。同党内にある「人権侵害の定義があいまい」などの批判を受けた。各地で相談を受ける人権擁護委員を日本人に限る「国籍条項」については、導入に反対している公明党に配慮して「保留」としている。
 03年に廃案となった同法案をめぐっては、与党人権問題懇話会(座長・古賀誠自民党元幹事長)が2月に再提出方針を決め、法務省が準備を進めた。だが、自民党内で「人権侵害の定義が不透明で、特定の外国人の団体に悪用される」「人権擁護委員は日本人に限るべきだ」などの批判が出ている。
 こうした批判を受け、法務省は法案の中に、救済制度の乱用を禁止する条項を新たに加えるほか、付随する規則で抽象的な差別は救済の対象にならないことを明記するなどして、訴えられた側の権利を保護する修正を加えることを検討している。30日、こうした内容について古賀氏ら同懇話会のメンバーらに示した模様だ。
 古賀氏らは修正案を基に党内調整を進め、今国会提出を目指すが、国籍条項の挿入を強く求める勢力もあり、今後の議論はなお曲折も予想される。

とのこと。


一部修正したと言うことは、国籍条項の導入もありうるということですね。
そんなことしたら、日本は、世界の笑いものになるっさ…。
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« おいおい… | トップ | 人権擁護法案を、民主が争点化! »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
へえ~・・。 (次郎)
2005-03-31 05:23:00
初めまして。



人権擁護に人種とか国籍とか関係あるんですね?



日本て国の政治家は国籍などで人権に差別をしているんですか、驚きました。



それで北朝鮮とか共産国に人権がないとか言いますよね。自分達の見解を変えるほうが先決では?・・・・。



これが日本の政治家達の人権に対する哲学とは・・・言葉が出ません。



突然お邪魔して言いたい放題・・・失礼しました。
そうなんですよ (情報流通促進計画)
2005-03-31 05:46:44
悲しくなりますねぇ。何か、意思表示をしないと…
目的ありの人権無視かな? (如月次郎)
2005-03-31 15:22:38
またお邪魔します。



手前勝手な推測ですが、日本て国は「民族主義」とか「排他的国家」に変貌しようとしているのではないかと思っています。



手始めが北朝鮮・韓国・中国・東南アジア諸国に対するスタンスを変えつつあるのでは?と思います。



というのも「東アジア地域は不安定化してきた、だから憲法改正して軍事的に強い国にならなければ将来が危ない」というような方向に持っていくには、当然国内にいる外国人の人権など無視するような言動が出てきても何ら不思議ではありません。



軍国主義だった時代への憧れや、強い国家を標榜し現状の国家を嘆いている一部の思想家達の理想を叶えようとしているのではないか、とも思います。



それには、勿論アメリカの影響がかなり強烈なインパクトを与えているでしょう。そのインパクトが、米軍の国内における軍隊の「縮小化」にあることは想像できます。そして特に「北朝鮮や中国の脅威」を国民に少しずつ植え付けようとの魂胆も私は感じます。



推測ですが、日本の周りの国に脅威があるから軍備を強化したい、でも口実がない。そこで口実を作る絶好の材料が「諸外国の脅威」を煽り人権をないがしろにして「徴兵制度」までも持ち出すのではないか、と疑われかねない言動で世論を煽る。



すると無知な人々は一部政治家達の思惑、または一部の思想家達の思う壺になり憲法改正も思わぬ方向に、流されていくという危険性も孕んでいる可能性が・・・。



とも考えられませんか??



昨今では、やたらと政治家達がテレビなどでおかしな言動を繰り返していますが、私の解釈は「歴史を振り返り昔のような体制を懐かしみ、希求するようになった」のではないか、と自己分析しています。



私の推測など当たらないに越したことはありませんが、当たるような気がして・・・。



みなさん、どう思っているのでしょうか?最近の政治家達の発言を・・・。
初めての投稿ですが・・・ (タカクラ)
2005-04-01 13:35:52
私もそう思いますね。



靖国参拝などすれば中国からの反発は必至であるにもかかわらず、無理矢理参拝する首相。

小泉首相は首相になる前、靖国参拝に興味を抱いていなかったそうです。

同じく、歴史教科書問題。

中国が共同開発を呼びかけているガス田問題も、共同開発に応じず強硬姿勢へ移り出す政府。



新防衛大綱にも中国の脅威が明記され、MD導入へ拍車をかける。



当然、中国民衆は反発、その反発を受け強硬姿勢にならざるを得ない中国政府、そして日本に広まる嫌中感。

こうなるとあとはマスコミが勝手に騒ぎ始める。

実際、2004年の内閣府アンケートでは中国に親しみを感じない人の割合が過去最高になりました。

そしていつ暴走するかわからない独裁国家、北朝鮮。



政府・自民主導の憲法改正案。



どうも日本政府が東アジア情勢を利用し、シナリオ通りに事を進ませているように感じます。



でもまあ、そろそろ自衛隊を軍と認めるときかなとは思うので、これはこれでいいのかもしれません。政府主導なのが気に入りませんが。



それでもMD導入と集団的自衛権の保持には反対です。
Unknown (海老沼)
2005-04-03 00:41:14
TBありがとうございます。

本当に国籍条項はどうなるのでしょうか。

一時は国交のある国に限ってはよいことにしようなどという

意見も出ていましたがどのみち

差別を無くそうとして考えられた法案なのに

国籍というもので委員の条件を囲ってしまうのは

どうかと思っています。



これからこの法案がどのように

なっていくのか少々不安です。
法務省の担当者も (情報流通促進計画)
2005-04-03 13:26:09
困っているのではないでしょうか。あまりに「差別的」ですから…。
人権の本当の意味は・・・。 (次郎)
2005-04-09 03:46:11
政治主導であろうが何であろうが、国内に住む真面目な外人にまで影響が及ぶのはいけません。実際に戦争中でも外人に対して手厚く接した兵隊の話を聞きます。洋の東西を問わず・・・。



人権と言いながら「差別法案成立」を画策する団体の動きと連動しているのかもしれません。あくまでも私の推測ですが・・。



それと人権の大事さは個々人に頼るものであり政治が云々と言っても、法で縛っても差別したい輩は幾らでもいるでしょう。

だから、自分だけは差別しない、差別したくない、と心で思っているしかないでしょう。



戦時下にでもなれば人権を言い過ぎると必ずや自分の命が危険に晒されるでしょうから・・・。ですから平和な今だからこそ人権の文字が躍るとも言えませんか????
人権とは人が人として生きる権利 (情報流通促進計画)
2005-04-09 04:13:03
だと思います。送り返されたら殺されるかもしれない人を難民認定せず、母国へ送るのはどうなんでしょうか(下記参照)。

難民認定のための資料(迫害の写真)を見たことがありますが、それはすごいものです。まさに拷問、そして死…。

観念ではなく、事実から考えていくべきだと思います。



〔朝日新聞〕東京入国管理局は8日、埼玉県に在住するトルコ国籍のクルド人男性(32)に退去強制令書を出し、身柄を収容した。男性は法務省が04年夏にトルコで行った現地調査の対象者の一人で、難民不認定処分の取り消しを求めて裁判で争っている。家族や支援者らは記者会見し、「現地調査で個人情報がトルコ側に伝わり、送還されれば迫害の恐れが高い。収容は不当だ」と訴えた。

 男性はトルコで、反体制武装組織クルド労働者党(PKK)を支持したとして逮捕されたことがあり、迫害を避けようと94年に来日したという。現地調査の後、男性にトルコ政府から逮捕状が出され、トルコ在住の家族は警察に呼ばれるなどしているという。

 来日している男性の弟(20)はオーストラリア政府から「兄の行動を理由に迫害される恐れがある」として難民認定され、03年には市民権も得た。会見では「オーストラリアが認めたことを日本はなぜ認めないのか」と兄の解放を求めた。

日本て国は最高だ・・・。 (次郎)
2005-04-09 15:48:37
「オーストラリアが認めたことを日本はなぜ認めないのか」

↑のような出来事が起こるのは当然の成り行きでしょうか。

日本という国は事なかれ主義であり、政治家にも役人にも馬鹿が多いし、守銭奴と売国奴が平然とぬくぬく生きている。



こういう人権や外交または教科書・竹島・憲法改正・郵政民営化など、どれを取っても自己保身と金儲けと地位や名誉を守ることに汲々としている者達が闊歩している有様。



私が総理ならひとことで片付けるけど小泉じゃあ駄目だね。



だってもういっぱい貯め込んだし、今まで以上に恥を書くこともないだろうから・・・。万博の弁当問題には鶴の一声を発したけど、もう声が枯れていて喋れないんだもの・・・仕方ないよ。



陽の東西を問わず、日本は、「最も完成された社会主義的民主主義国家」と笑われていますよ・・・今頃は・・。そして「こういう事までアメリカに聞いてから発言するのかな?」と思われているんじゃあないのかな。



情けないけど、それが実態かもしれない。情けない・・・。

もしお暇があったら↓にもおいでください。

http://bbs.goo.ne.jp/ac29612/message
議論をすることはよいことですが… (情報流通促進計画)
2005-04-09 16:40:12
本ブログと視点が異なるところのご紹介を多数されるようですと、本ブログの趣旨を誤解されますので、コメントの削除も検討せざるを得ません。

議論をすること自体には賛同しますが、本ブログ自体、一定の価値観のもとに作成されていることはお分かりだと思いますので、ご容赦下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人権擁護法案(原則必要派)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

人権擁護法案関連 「国籍条項設定必要なし」「申し立て乱発防止」 (ちょんわblog)
人権擁護法案の「国籍条項設定必要なし」「申し立て乱発防止」についての記事です。