情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

憲法改正が迫った今,9条1項を英文で読んでみよう!

2006-01-07 04:25:44 | 有事法制関連
9条1項について,戦争の全面放棄を規定しているのか,国際紛争を解決する戦争のみを放棄しているのか,英文憲法とも絡んで,憲法解釈上論争になっていた。憲法改正国民投票法案が今度の通常国会で提案されるのを前に,日本語の憲法9条と英語版の違いについて,季刊軍縮市民冬号に中村久司氏が分かりやすい論考を書かれているので,ご紹介します。

すなわち,英文版においては…日本国民は「国権の発動たる戦争」と「国際紛争を解決する手段としての武力による威嚇又は武力の行使」を永久に放棄する…ことになっている。つまり,戦争は,国際紛争を解説する手段としてだけでなく,あらゆる戦争を放棄していることになる。
これに対し,日本語では…日本国民は「国権の発動たる戦争」と「武力による威嚇又は武力の行使」を「国際紛争を解決する手段としては」永久に放棄する…ということになり,国際紛争を解決する手段として以外の戦争は行えるように読めるということです。

この違いは非常に大きい。英文9条に接した外国人は,日本人は永久に戦争を放棄しているはずななのに,なぜ,アメリカと一緒になって集団自衛権を行使しようとしているのか?憲法を守るつもりのない国民揃いなのか?ということになるからだ。

中村氏の論考のうち,違いを説明している部分の要旨は次のとおり。

日本版9条1項は,
【日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。】となっている。

修飾語などをはずすと,【日本国民は、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久に放棄する。】となる。

すなわち,【国際紛争を解決する手段としては】というのは,副詞として働き,放棄するのは,【国際紛争を解決する手段としての国権の発動たる戦争】と【国際紛争を解決する手段としての武力による威嚇又は武力の行使】となる。

これに対し,英文は,
【Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of setting international disputes.】となっている。

これを簡単にすると,【the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of setting international disputes.】となる。

したがって,放棄する(renounce)のは,【war as a sovereign right of the nation (国権の発動たる戦争)】と【the threat or use of force as means of setting international disputes(国際紛争を解決する手段としての武力による威嚇又は武力の行使)】となる。
(要旨以上)

もちろん,英文の場合でも自衛権は国家に必然的に備わっている自然権的権利だという解釈もあるから,必ずしも全面的戦争放棄と言い切ることはできないかもしれない。

しかし,国家とは何でしょうか?たまたま日本に生まれた人,たまたまアメリカに生まれた人,たまたま中国に生まれた人,たまたまヨーロッパに生まれた人,たまたまアフリカに生まれた人…。

たまたま東京に生まれた人が大阪で仕事がしたいと言ったときに「いまの憲法」ではこれを拒否することはできません。

たまたまアフリカに生まれた人が東京で仕事がしたいと言ったときにこれを拒否する理由は何なのでしょうか?もちろん,無際限に受け入れることが現実的ではないことは分かっています…。しかし,「将来の国際秩序」では…。


脱線しましたが,言いたいのは,憲法9条を英文で紹介するときは,日本語では,【as means of settling international disputes(国際紛争を解決する手段として)】が戦争にもかかっている,それもあって,2項の「前項の目的」の解釈が問題となっているのだ,ということを説明して頂きたいということです。

為政者はともかく,市民は言葉を大切にしたいもんです(あっ,このブログで誤字脱字が多いという突っ込みはご容赦!)。

…それから,憲法改正国民投票法案上程を前に,再度,9条1項を英文で味わうのもいいかなって…。テロ対策と称する自衛戦争が侵略戦争だったことがはっきりしたことだし…。

そう,いまの国際秩序では無理でも…。
(冷戦構造が消滅した今,本当は,将来の国際秩序を模索するチャンスだったのだけど,冷戦構造下の仮想敵国の1万分の1にも及ばない危険(テロ)が強調されて,そのチャンスを失ってしまった…本当に残念。)

コメント (5)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アクバル・ガンジーを救うた... | トップ | 当選確定金を返金しない条項... »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文庫本でも出てますよ!(^o^) (kaetzchen)
2006-01-08 18:46:14
童話屋という出版社から,1冊 300円で『日本国憲法』ISBN 4-88747-014-2 だとか,『あたらしい憲法のはなし』ISBN 4-88747-015-0 という文庫本が出ています。前者には教育基本法や日本国憲法の英訳も収められてますので,皆さんもぜひ手許に置いておくと良いですよ。(^o^)

トラックバックありがとうございます。 (山さん)
2006-01-12 20:27:20
憲法9条の解釈。非常に参考になりました。私は日本語しか分からない人間なんで、やはり、「国際紛争を解決する手段として」が、どこまでかかるかで気にかかっています。

ただ、やっぱり、自衛権としての軍隊が認められたとしても、世界で2、3を争うような金のかけ方はどうなのかな…、と思っています。
ついでに9条2項の英訳 (kaetzchen)
2006-01-13 11:24:47


「In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.」



# なぜか,半角英文だと拒否されるので,全角にしました。あしからず。



もっとも,軍隊というものは「国際紛争を解決する手段」としての外交の一種,という捉え方は軍隊の一面を捉えたものに過ぎません。



元々,軍隊とは,民衆による抗議行動が警察力によって抑止不可能となった時(例えばフィリピンでは警察と軍が一体化していて,それだけ暴動が多いことを示します),民衆を殺人という武力によって抑えつける抑止力として国家権力を守ることを第一義にして作られたものです。



例えば,韓国の光州事件がそうですね。金大中氏の故郷である光州市で韓国陸軍が行った虐殺事件は,「北朝鮮の工作員が民衆を扇動してデモを行っている」という歪曲情報によって引き起こされたものでした。



# 災害派遣の工兵部隊に安易にすがるのも考え物です。

誤植? (柴田 章)
2008-02-06 15:21:06
英訳引用中、as means of setting international disputes は、as means of settling ... ではないでしょうか?
as means of settling の誤植です (ヤメ蚊)
2008-02-07 00:16:06
ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

有事法制関連」カテゴリの最新記事