情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

ホワイトカラーエグゼンプション,ついに制度化へ動き始める~これも絶対阻止!

2006-06-14 00:52:32 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
朝日新聞(←クリック)によると,【働く人と会社の雇用契約のルールを明確にする新しい「労働契約法」と労働時間法制の見直しに向けて、厚生労働省は13日開かれた労働政策審議会の分科会で、素案を示した。長時間労働の是正のために賃金に上乗せされる残業代の割増率を引き上げる。一方で、一定以上の収入の人は労働時間の規制から外して残業代をなくす仕組みなどを提案している。会社員の働き方を大きく変える内容だ。】という。この残業カット制度は,すでにここ←などで何度か取り上げたホワイトカラーエグゼンプションである。

朝日新聞の説明では,【一定以上の年収の人を労働時間規制から外して残業代の適用対象外にする「自律的労働制度」の創設】ということだが,その実態は【自律的労働制度の対象となる社員について、厚労省案では具体的な基準は示されていないが、日本経団連は昨年、年収が400万円以上の従業員を労働時間規制の対象外にするよう提案しており、基準の設け方によっては多くの正社員の残業代がなくなる可能性もある】というものである。

年収400万円というと,子どもが成長して教育費などが嵩む所帯なんかの稼ぎ手の多くは,あてはまるのではないだろうか。

もし400万円以上がホワイトカラーエグゼンプションとされるのだとすると,数日前に【長時間労働を是正するために、現在最低25%の残業代の割増率を、月30時間を超える場合に50%とする▽長時間残業した人の休日取得を企業に義務づける▽整理解雇の乱用を防ぐルールの明確化などを盛り込んだ】などと報道されたことはいったい何だったんだろうか。新聞はまた,国民を惑わせるための情報に踊らされてしまったのだろうか…。

各国の状況はこちら

働き蜂国家日本で導入された日には,各国よりも悲惨な状況となるのは明白だろう。

本システムは,家庭を崩壊させ,働く人をすり減らすトンでもない制度です。絶対に阻止しましょう!!


※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
結局大企業優遇路線なのでしょうか (申榮逸)
2006-06-14 10:24:13
 この問題についてはあまり詳しいことを知らないのですが、全般的な印象で言えば結局は大企業優遇路線に沿っていることなのかなと感じます。それを今のマスコミは真実、核心をぼやかすような報道をしているのでしょうね。今ほどマスコミの信頼性が墜ちている時代はないでしょう。大本営発表の戦前と同レベルくらいなんじゃないでしょうか。
無神論者ですが祈ってます。「自公に天罰を」 (デカルト)
2006-06-14 14:18:21
「庶民を轢き殺すような法律ばかり作っていると本当に罰が当たりますよ、自公さん。」と言いたい。



中、高生を持つ年収400万円の家庭がどれほど苦しいものか、議員達に体験してもらいたいものです。



最近の法律は総て、「罪作り」です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。