情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士に岡っ引きになれというのか! パート6:「頭の大きなロボット」の皮肉も理解できない読売新聞

2007-01-19 06:46:14 | ゲートキーパー(一億総密告社会)制度
25日開会される国会に上程されるゲートキーパー法案(犯罪収益流通防止法案)について、読売新聞が次のような書き出しの記事を掲載している。

■■引用開始■■

 「本人確認」や「生体認証」などの言葉で、思い出す物語がある。作家、星新一の短編集「頭の大きなロボット」(理論社)に収められている、本と同名のSF短編小説だ。

 物忘れがひどく、他人を信用しない会社経営者のエヌ氏は、仕事の秘密やアイデアを覚えさせるロボットを作った。大事な情報が他人に漏れないよう、エヌ氏の右の人さし指でロボットの鼻を押さないと、ロボットが動かないように改良した。

 装置をつけて頭でっかちになったロボットはバランスを崩して倒れ、エヌ氏の右の人さし指をつぶしてしまった。指紋の「鍵」がなくなり、ロボットは何をやっても動かない。全財産の入った金庫の開け方も、貴重な仕事のアイデアも、エヌ氏はすべての情報を失った。

■■引用終了■■


さて、皆さんは、この後にゲートキーパー問題についてどのような趣旨の記事が続くと思いますか?

…私は、星新一の上記ストーリーを本人確認を求める場面が異常に拡大することに対する皮肉だととらえ、ゲートキーパーへの反論が続くと思いました。

しかし、実際には、

■■引用開始■■

自分が自分であることを、きちんと証明できないと、さまざまな支障が出てくるのは、現実の社会でも同じだ。

 例えば今月4日から、金融機関で現金振り込みのルールが変わった。10万円を超える現金を振り込む時は、運転免許証や健康保険証などを窓口に提示して、間違いなく本人であると証明することが義務づけられた。これからの季節、学校の入学金などを指定の振り込み用紙を使い、現金で納める人も少なくないだろう。銀行に行く時は、免許証など証明できるものを忘れないよう、くれぐれも気をつけてほしい。

 警察庁は、今月召集される通常国会に犯罪収益流通防止法案(仮称)の提出を予定している。成立すれば、宝石や貴金属、不動産などの取引でも、本人確認できる証明書類を事業者に提示するよう義務づけられる。

 こうした本人確認の強化は、送金者の記録を残し、犯罪組織によるマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金を封じ込めるためだ。不正な資金が悪事に使われることを防ぐためと思えば、多少の面倒や不便は我慢できる。だからこそ、封じ込めを徹底するため、逃げ道をできる限りふさいでほしい。

 ところが、実際は「穴」もある。現金振り込みはコンビニなどでも代行している。コンビニのレジで、振り込み用紙を使って10万円以上の現金を納めても、金融機関と違って本人確認のために免許証などを見せる必要はない。販売代金の支払いなどを装って、違法資金をコンビニから送金することも、あり得ない話ではなさそうだ。

 金融庁によると、規制強化のもとになった国際的な取り決めの「テロ資金供与に関する特別勧告」が、規制対象を金融機関と定めているため、コンビニは除外されたそうだ。違法資金の根絶を信じ、本人確認に応じている国民にとっては、ちょっと納得しにくい話だ。(経済部次長 林田 晃雄)

■■引用終了■■

納得いかないのは読者でないかい?星新一が生きていたら、断固抗議するのではないか?

しかし、読売は自分が犯罪に関わっていなくても、とんでもない事態が起きることを理解しているのだろうか?
ここ(←クリック)などご参照下さい。

「欲しがりません。勝つまでは」っていうスローガンを報道していた戦前のメディアを想起させる記事だなんや。








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしています(ここ←参照下さい)。
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 靖国Q3.平和のために参拝... | トップ | 首相が法相に『共謀罪』成立... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (imacoco)
2007-01-19 09:05:12
この世界に生をうけたこと自体が人間の証、の筈なのに、政治の流れは、国家権力の認知があり、初めて人は人たるのだ、と云う「思いあがり」があると思いますね。 命の「管理」は日本国政府に任せるのだ、と…。
『テロ防止のため』は口実 (デカルト)
2007-01-19 15:19:56
「10万以上のATMからの現金振込み禁止」は、銀行と政府がグルになって考案したものです。

一連のこうした取り締まりによって、銀行は更なる預金獲得と手数料の増収が可能ですし、政府はすべての人の預金を補足できます。
将来、国家財政が破綻しそうになった時のための預金課税や預金封鎖の下地作りとも言えます。
株式の特定口座もそんな狙いがあるのです。

このようにして、一般庶民の財産のすべてを政府の管理下に移動させながら、悪辣にも日本の為政者やエスタブリッシュメントは自分たちの資産(のみならず自分たちの子や孫たちの資産まで)を海外に逃避させているのです。

「自分たちの資産だけヘッジしている日本政財界人とその仲間のインサイダーたち」と「幻のテロリスト」、一体、どちらが本当に危険でしょう?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゲートキーパー(一億総密告社会)制度」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

アベシ、日本にイラネ!+タイガースにノリはイラネ! (晴天とら日和)
アベシは日本に必要な政治家なのでしょうか? ↓以下・全部お読み下さ。 毎日新聞 2007年1月18日 教育再生会議:第1次中間報告の閣議決定見送りへ  政府は17日、教育再生会議(野依良治座長)が今月下旬にまとめる第1次中間報告について、閣議によ ...
共謀罪、通常国会で成立目指せと安倍首相 (みやっちBlog)
批准のためには必要ないことが明らかになった共謀罪だが、安倍首相が次期通常国会で成立させるようにと指示したという。 首相が共謀罪成立を指示 法相、法案修正も検討(共同通信 2007年01月19日 12:13) ==== 引用 ====  安倍晋三首相は19日午前 ...
07年1月19日・金曜日  日銀の利上げ (護憲+グループ・ごまめのブログ)
07年1月19日・金曜日          今日の朝日新聞の切り抜きは日銀の利上げ関係の見出しばかりを一つに集めてみた。之で読者がどう感じられるのか人それぞれだと思うが、利上げを見送ったことで、誰が特をするか、誰が損をするか、庶民には難しくて分からない ...
安倍が「共謀罪」成立を指示!+中曽根も参院敗北後も安倍政継続&大連立発言を。 (日本がアブナイ!)
 警報、警報! ついに安倍氏が、「共謀罪」指令を出したですぅ~!(・o・) 『安倍晋三首相は19日午前、長勢甚遠法相、谷内正太郎外務事務次官と官邸で会い、 共謀罪を新設する組織犯罪処罰法改正案などについて通常国会で成立を図るよう指示した。 長 ...
憲法改悪のための憲法違反法律!その名は「国民投票法」=本質は護憲派弾圧法! (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
残業代不払い法案(white-collar exemption)は大多数の国民の反発を恐れて今国会での審議は延期となった。その代わりと言うか憲法改悪のための「国民投票法案」は民主党が後押しして翼賛国会に提出されようとしている。改悪教育基本法