情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ある闘士のメール~共謀罪阻止への檄文

2006-04-30 12:53:20 | 共謀罪
あるメーリングリストに届いたメール。強烈な檄文です。連休中とはいえ,少しでも多くの方に共謀罪の問題点を伝えましょう。それにしても,共謀罪ののみならず,いかに多くの悪法が今国会に提出されていることか…。

■■引用開始■■
皆様

昨日の強行採決を阻止した経緯は、市民活動が政治に具体的に影響を与えうることを示した、まさに快挙といえる展開でした。
私も、与党が決めたことがひっくり返ることもあるのだという当たり前のことに、驚き,そして、喜びました。
間違いなく、昨日の朝9時に法務委員会の理事会が開始された時点では強行採決が予定されていたのです。これを食い止めたのは、国会の内外で反対の声が渦巻いたからに外なりません。

しかし、闘いは言うまでもなく、連休後も厳しい局面が続きます。

今のところ決まっているのは、5月9日に参考人審議が決まっているくらいです。
参考人審議の後は、与党は、また委員会採決を言い出すに違いありません。

この国会は、今のところ6月18日までとされており、会期延長さえなければ、仮に衆議院で採決を強行されたとしても、連休明けから、参議院で審議される予定の入管法と未決拘禁法の審議をねばり強くやっていけば、今国会は会期切れに持ち込める可能性は大いにあります。

しかし、早速今日の読売新聞には、国会の会期延長の予測記事が掲載されています。
教育基本法、国民投票法案、共謀罪の悪法三兄弟を、小泉政権で仕上げて、次の政権に付けを回さないというのが、自民党と小泉氏の目論見=美学なのかもしれません。

ともあれ、私たちは、99パーセント確実と思われた強行採決を阻止することができたのです。
この力に、自信と確信を持ちましょう。
5月から6月にかけて、たくさんの共謀罪反対の集会が企画されています。
与党の数の横暴に負けず、共謀罪反対の声を強めよう。
インターネットを共謀罪反対の声で埋め尽くそう。

海渡 雄一

■■引用終了■■
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 実は,共謀罪だけではない…サ... | トップ | 共謀罪の与党修正案は,かえ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共謀罪に反対 (Y)
2006-04-30 18:15:56
新聞などに投稿をして、共謀罪のことを一人でも多くの人たちに伝えようと思っています。
共謀罪反対 (Y)
2006-04-30 18:17:44
新聞に投稿し、一人でも多くの人に共謀罪のことを伝えたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

共謀罪」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

「共謀罪」報道の現状 (BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」)
上の表を見て欲しい。1週間前の各野党、テレビ局、新聞社のホームぺージから「共謀罪」の取り扱いの状況と今日の状況を比べたものである。目立つのは毎日新聞→TBSというラインが他
情報流通促進計画:ある闘士のメール~共謀罪阻止への檄文 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu of ODA Watchers)
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士 2006-04-30 12:53:20 / 共謀罪 ある闘士のメール~共謀罪阻止への檄文 あるメーリングリストに届いたメール。強烈な檄文です。連休中とはいえ,少しでも多くの方に共謀罪の問題点を伝えましょう。それにしても,共謀罪のの ...