情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

-あなたも裁判員になれる!!-橋本勝の政治漫画再生計画第149回-

2008-12-12 09:21:04 | 橋本勝の政治漫画再生計画
【橋本勝さんのコメント】
来年5月からいよいよ
裁判員制度がスタートします
あなたもあの映画『12人の怒れる男』で
ヘンリー・フォンダが演じたナンバー8のような
活躍をすることができるのです
ごく普通の市民が裁判に参加することで
日本の司法を開かれたものにすることができます
これは民主主義にとって素晴らしい前進です
だからあなたがもしも6名の内の裁判員の1人に
指名されたら「忙しいから」とか「人を裁きたくない」なんていう
理由で辞退するなんてことは許されません
日本国民として果たさなければならない重大な義務なのです
裁判は3日で済みますからそんなに負担をおかけしませんし
事前に裁判の争点などを整理しておきますから
専門知識がないなどとしり込みをすることはありません
それに迷ったら専門家である3名の裁判官の教えに従えばいいのです
しかもアメリカの陪審制と違って被告の有罪か無罪かが
争われるというようなややしこしい事件は
対象にしませんからご安心ください
判決は多数決できまります
たとえば5対4ということで
被告に死刑の判決が下ることもありえます
あなたの犯罪への正義の怒りを示し
社会の敵の命を奪うことができるのです
さあ市民参加という体裁をつくろっての
裁判員制度へのあなたの協力をお願いします


【ヤメ蚊】
ちまたでは、裁判官が裁判員制度について出張講義をしているという。果たして、公判前手続きについてどのような説明をしているのか?



【PR】




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
コメント (2)   トラックバック (10)