情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄メモその2~沖縄返還密約で提訴?…ちょっと過激な見出し…

2008-12-08 01:31:04 | メディア(知るための手段のあり方)
 琉球新報が、12月6日の沖縄での意見交換会の様子を取り上げてくれた。第1社会面カラー写真堂々3段! しかも、見出しが「提訴」って断言しているところが凄い。って茶化すのはここまでにして、沖縄では真剣に準備をしてきました。直接、訴訟提起に必要な情報だけでなく、沖縄返還時の密約と思いやり予算の関係、普天間移転の問題と米軍在日の動機など、これまで生半可なこともより明確になってきた。

 沖縄のことをもっと知らなければならない、そういう思いを強くした。

 たとえば、繁華街に近いので、評判のいい那覇空港がパイロットに嫌われているのは、知っていたけど、それは単に町中に降りるからだと思っていた。

 皆さん、嫌われている理由を知っていましたか?

 実は、那覇空港周辺には、普天間基地と嘉手納基地があり、米軍航空機が飛び交っている。このため、那覇空港の80キロ圏内を嘉手納基地が管制している。

 そして、米軍機などは上空を利用し、民間機はその下を飛ぶことを義務づけられているため、民間機は一定距離を高度300メートル以下で飛ばなければならないらしいのだ(離着陸の方向にもよるらしい)。

 この高さ300メートルというのは、沖縄のきれいな海を眺めるにはもってこいだが、エンジントラブルなどがあった際に、機体の態勢を立て直すためには、心許ない高さだという。

 つまり、何かあったときに、深刻な事故につながるおそれが大きい、というわけだ。

 したがって、那覇空港がパイロットに敬遠されるらしいのだ。

 しかも、ここで、よ~く考えてほしいのは、米軍基地の必要性だ。沖縄に米軍基地を置くメリットは、思いやり予算しかない。なぜ、金を払って危険な基地を日本に置くのか?

 なぜ、沖縄を訪れる人が危険にさらされなければならないのか?

 そして、なぜ、沖縄に住む人が日々、危険な状態に置かれるのか?
 (参照 http://www.ryukyu.ne.jp/~maxi/sub8.html

 那覇空港を利用する人は、300メートルの高度をとんでいる間、なぜ、この低さなのかに思いを巡らせてほしい。沖縄に住む人の思いを少しでも共有できる方法だと思う。


 
 

 


【PR】




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
コメント (3)   トラックバック (5)

「岩国市新市庁舎建設を勝手に支援する会」へのご支援感謝!~「基地誘致交付金」への抗議殺到

2008-12-08 01:06:13 | 有事法制関連
 去年から今年にかけてのこのブログの大きなプロジェクトの一つが、岩国市新市庁舎を勝手に支援する運動でした。この運動は、 空母艦載機の岩国基地への移駐を拒否したことが原因で、国(防衛省)が岩国市の新市庁舎建設助成金をストップしたことに対して、市民が異議を表明するための手段として、助成金相当分35億円を一人350円ずつ出してカンパしよう!というものでした。あれから、まだ一年しかたっていないのですねぇ…。そう考えると、一年が長く感じられます。

 きちんと報告せよと、ご指摘をいただきました。

 年末を前に、明細などご報告します。


「岩国市新市庁舎建設を勝手に支援する会」の口座決定~「基地誘致交付金」に抗議する寄付募集開始!~停止(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/1024e23b6593bae40d90381a6048177b)の頁までで、寄付の受付は、2月5日入金分までで【82万0733円】、岩国市への寄付は、12月21日に第1回寄付として44万9313円(12月18日入金まで)を送金しています。

 そこで、まずは、2月6日以降の入金について報告します。


※2月6日入金分:350円×1人、1000円×2人、1050円×1人、1400円×1人、3000円×1人、5000円×1人、8000円×1人、10000円×1人(9人分)【合計85万1533円】

※2月7日入金分:350円×2人、1000円×3人、2000円×1人(3人分)、2100円×1人、3000円×1人、3500円×1人、5000円×1人、10000円×1人【合計88万0853円】

※2月8日入金分:350円×3人、1000円×2人、1050円×2人、2100円×1人、3500円×2人、10000円×2人、10500円×1人【合計92万5603円】
 
※2月9日入金分:350円×1人、3500円×2人【合計93万2953円】

※2月12日入金分:350円×1人【合計93万3303円】

※3月3日入金分:350円×1人【合計93万3653円】

※3月12日入金分:1000円×1人【合計93万4653円】

※4月18日入金分:1050円×1人【合計93万5703円】

※口座閉鎖5月1日

そのほか、手渡しでの匿名での入金が5000円ありましたので、合計は、94万0703円となります。

本当にありがとうございました。

350円で割ると、2687人分にもなります。ここまで運動が広がるとは思ってもいませんでした。

そして、言い出しっぺの私は一日一口を寄付すると約束していました。したがって、口座を開設した2007年11月14日から2008年5月1日までの170日分(5万9500円)を加えます。

そうすると、合計で、100万0203円となります。

さて、送金についてです。実は、ここのところを悩んでいてご報告が遅れました。岩国市新市庁舎建設の費用は、岩国市長が再編に抵抗した前市長井原氏を破った新市長が就任したために、政府が支払うことになりました。それでも岩国市に支払うのか、それとも別の使い道を提案するべきか…。でも、寄付の趣旨は、岩国市新市庁舎への寄付だから、岩国市に寄付するべきではないか…。

とうとう、ある方に、いつまでぐずぐずしているんだ、岩国市に問い合わせるぞ、とまで言ってもらってやっと、決心がつきました。

まず、第1回送金分(44万9313円)を差し引くと、送金すべき金額は55万0890円となります。

 このうち、2月11日までの送金は、予定通り岩国市に、それ以降は基地に反対する自治体にしたいと考えてきました。このことは、ブログでも説明しました(「岩国市の皆さん、井原さん、お疲れ様でした~350円1000万人寄付運動の今後について」http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/b23e2e4556e2b209e0f5de14c10bb503)。

 したがって、本来であれば、55万0890円のうち、2月12日入金分以降の4人分2750円については、基地反対自治体に、そして、残額は岩国市に寄付することになります。

 しかし、2750円を送金した人の意思を確認しているわけではないので、やはり岩国市に55万0890円を送金します。

 しかし、それでは、2750円を寄付した人の気持ちを生かすことができないかもしれません。そこで言い出しっぺの責任として、いまでも米軍基地再編に反対している地元自治体には「岩国市新市庁舎建設を勝手に支援する会」として、一自治体あたり2万円を送金しようと思います。私も調べようとは思いますが、どの自治体がいまでも反対をしているかご存じの方は教えてください。
 
 再編に反対する地元自治体へも寄付することが米軍再編に反対する気持ちで寄付した方の声を少しではありますが、生かすことになるように思うからです。

 さらに、沖縄密約文書の公開を迫る裁判を支援する会が進めようとしている1972円寄付運動(沖縄返還が1972年なので1972円)に19720円を「岩国市新市庁舎建設を勝手に支援する会」として寄付しようと思います。この沖縄密約の問題は、現在の米軍再編につながっており、寄付した人の趣旨に合致すると思うからです。この寄付も言い出しっぺの責任として行います(1972円寄付運動自体は、また後日、取り上げたいと思います)。

 また、これは個人的なことで、今回の運動とは関係ありませんが、井原前市長の活動を支援するために、5万円を「草の根ネットワーク岩国」(http://kusanone-iwakuni.net/index.html)に個人として寄付したいと思います。

 実際に振り込んだことのご報告は今週中にしたいと思いますが、反対自治体についての確認に少し時間がかかるかもしれません。

 岩国市には、今回の寄付の趣旨を書いて送金したいと考えております。

 寄付してくださった皆さん、この運動を伝えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 そして、岩国の皆さんとともにこれからも真の平和を生み出すよう頑張りましょう!


【PR】




★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。
コメント