シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

138億光年 大いなる宇宙の旅+時代を語る林忠彦の仕事 (フジフィルムスクエア)

2018-06-30 | 写真

この日の狙いは後段お伝えする林忠彦さんの個展。

でもその前にご紹介はNASAの全面的支援で開催される宇宙の…

神秘と言ってしまうと簡単ですが、現代の人類が手に入れることの出来た宇宙の様子が見られる優れもの企画。

先ずはそっちから、後段はギャラリートークの最中だったので…

 

そのメインのスペース、今回は全面的に同じテーマ。

でも被写体?毎に内容は変わり、

地上の天体望遠鏡から「ハップル宇宙望遠鏡」。

そして太陽系惑星やその先を見据えて飛んでいく探査機から送られた映像。

 

これらはその中から気になった写真を撮影 ^^;した、

あ、こちらは全て写真撮影、公開可、とか。

まあNASAのパブリシティですからね。

 

一目瞭然もあっrば、後から見て何だっけこれ?まで色々ですが、

撮影にも赤外線やらX線やら肉眼では認識できない姿も多い。

 

こういった写真で捉えられている星雲とかの大きさは何万とか億光年の広がりなんだそうで、

「井の中の蛙」なんて全然違うことを考えてしまいました。

 

林忠彦さんの企画展が開催されている写真歴史博物館 、と言っても壁面一枚ですが、に移ります。

 

さて、サブタイトルが「昭和が生んだ写真・怪物」。

上述のギャラリートークの主は忠彦さんの息子、義勝さん。

死期近かった忠彦さんの東海道53次写真集取材の際のエピソード中心、は最後だけ聞いたところ。

ある意味、「相田みつを」家と同じパターンと拝察しましたが、手慣れた紹介は時間と機会が培った賜物でしょう。

今回の“ヘェ〜”は知っていましたが写真として見るのは初めての太宰治が語り掛けている背中姿の坂口安吾、特別にオリジナルフィルムから全体を焼いてくれたのだとか。

もう死語になりつつあるフィルム時代のあれこれを思い出したそんな時間でもありました。

コメント

伊能忠敬の日本地図 (東京国立博物館ミュージアムシアター)

2018-06-29 | アート・文化

前からドラマとかで拝見、ご自身の歩測であの日本地図を、しかも50代半ばにしてのプロジェクト開始⁉️

凸版のあの精彩撮影、印刷博物館でも見られますがこちらの方が資料性が高いかな、で「大日本沿海輿地全図」が見られるとなれば上野に足を運ぶは必定。

まあ、トーハクの年間パスに無料招待券が入っていたのは内緒の話。

右の写真は今回プレゼン終了後撮影が許されたその「大図」214枚を繋いだ日本地図です。

 

 今回は凝っていて、ロビーにプレーステーションの端末で忠敬に地図上歩かせたり、のアトラクションもあり、

その中で「小図」3枚、「中図」8枚といったバージョンがあったのを知ります。

海岸線と街道のみの測量ですが、目にした山並み、ランドマークへの測量通じた正確な位置プロッティングなど凄いもんです。

測量方法のデモなんかも面白かったな。

**************

 

それでは17時に閉館まで残された20分、本館1階の近代日本芸術ルームで過ごしましょうか。

あ、大観の青富士がある!、京都国立にいる筈が、から。

後からキュレーターの方に伺うといくつか同様の作品を大観は残していて、フライヤーを見るとその違いは明らか。

そして高橋由一さんの鵜飼モチーフの作品です。

コメント

らあめん 広: 神田佐久間町、総武線ガード下に近い広島風らーめんの名店 アーカイブ編

2018-06-29 | B級?グルメ

今回のアーカイブ編は店全体から広島カープ愛、が伝わってくる、ある意味ちょいと押し付けがましいキャラのご主人が作り出す珠玉の一杯…

が売りのお店、色んなタイプのラーメンをご覧下さい。

 

(2017.02 初訪)

 

秋葉原といっても、昭和通りを越え総武線ガード下にも近いロケーション。

冬季限定という「トンガリ味噌らーめん」、850円也狙いでの訪問。

12時前は空いていましたが、それでも近くなってきていつの間にか満席という人気。

殆どの人がつけ麺、物凄く辣そうな真っ赤なやつを啜っていますが、私のは…

 

見ているとおそらく太麺、結構長く茹でていて、もやし増量可ということでお願いしたもやし中心の野菜を炒めてくれる!

札幌、本格じゃないすか、そこで味噌スープを合わせて一煮立ちまでは、でしたが。

到来のそれ、先ずはスープを…

美味い、仄かに他でも使っているのでしょう花椒が奥の方で効いて素晴らしい。

予想通りの太麺はシコシコ、良く出来ています。

ご馳走様、美味しかったですよ。

 

(2017.08  再訪)

 

冬の期間限定、トンガリ味噌ラーメンを求めてお邪魔したこちら。

今シーズンも広島絶好調、ご主人ご機嫌でありましょう、前の日は巨人相手で2-1の勝利…

神田和泉町かと思ったら、道一本隔てて神田川までは佐久間町になるんですねえ…

今回の狙いはネットで見掛けた、これも夏限定なのかなあ、「ひろしまつけ麺」860円也を、ぽっちゃりの可愛いお姐さんに尋ねられるまま中辛、中盛りでお願いしました。

ふむ、先ずはつけだれが登場するのね…

 

期待して見やるに、来ましたよ!

先ずは麺の上に置かれたチャーシューとキャベツ、白髪ネギに目が行っちゃうのですが、

実は麺量300g、後からどっしり食べ応えを感じます。

 

 

辛さは辣油の量とのことでしたが、むしろ甘みが先に立つ「港屋」風とでも言ったそれ、

コーンチップなのかなあ、浮かべられたクルトンみたいなそれも絶妙に食感を作り出し、

これにおそらく全粒粉の麺が大変合って美味しい。

横の方は汁なし坦々、ここからの花椒の香りも大変なことになっていて、

大満足の店内体験でありました

 

(2018.06  再訪、冷やし麺)

 

以下がオリジナル記事なんですが、こうやってアーカイブ編作ってみると、1年前と同じものを頂いていることが分かります…

もう歳だよなあ ^^;

 

今回の訪問は週刊ポストの記事だったかな、冷やし麺グラビア特集で「広島つけ麺」なるものの存在を知ったから。

アキバで広島と言えばこちら、食べログ見るとフォローしている「出挙」さんがリポートしていて、こちらに夏期間限定か不明ですがそのメニューをお持ち、と知りました。

それじゃあね…

 

梅雨の冷たい雨の降る中閑散としたお店に到着。

パラパラと来られる方はラーメン狙い、まあ天候から当然かも知れません、が多い。

でも私は敢然と「広島つけ麺」860円也を中辛、中盛(300g)でお願いします。

先ずはつけ汁、これは冷たい、が登場、

その間に麺を締めていたご主人が仕上げに掛かる。

 

うん、色は凶暴なれど辛さはガツンと来ない系。

むしろ甘味が先に立つ感じ、これが広島風なのか…

細縮れ麺はキュッと締まって素晴らしいコシ、美味しいですねえ。

出挙さんの記事にあったレモンは付いて来ませんでしたが、美味しゅうございました。

コメント

そごう美術館「国際陶磁器フェスティバル美濃 桃山から現代へ 志野、織部」 ぐるっと2018Part1Vol42&Last

2018-06-28 | ぐるっとパス2018

今年度からぐるっとパス参加施設になったこちら。

今までも気になる、例えば日展とか見に来てはいたんですが結構お値段張るので、無料になるのは大変嬉しい話。

今回の企画展、大好きな織部と志野ということで訪問必至。

キーワードは「伝統の継承」なんですが…

 

展示冒頭は国際フェスティバルの入賞者、入賞作品の展示。

これはまあ美濃で行われた、というだけのことでしょうね、正直レベルも色々でしたがかなりインスタレーションに近いものが多く見られます。

うん、ここまではなかなかに良い、楽しい。

そこから伝統の承継者である現代美濃の陶芸家の作品が並ぶんですが、

これまでの織部、志野に新しさを出そうとしてゴタゴタしたりグロテスクになったり…

楽家の楽茶碗でも現在に近くなるともう想像力の発揮する限界超えて些か???なものが多く見られますが、ここでもそうなのでありましょうや?

さて、今回の入場料は1,000円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は計23,740円でPart1 終了となりました。

コメント

AasU Vol53

2018-06-28 | 食・レシピ

前日に続きエクスサイズ後シャワーを浴びてからランチに前に済ませたい用事有之。

結局少し出遅れて、12時回っての入店を加味、こちらに向かったのは内緒の話。

でもねえ、いずれ私こちら大好きなの…

 

道中何にするか考えていたのですが、到着時にはまあこれだよね、の「ユッケジャン冷麺」1,200円也をお願い。

この写真はサラダバーと家人オーダーの「野菜たっぷりビビンパ」推定950円也。

 

私のはこの血の池地獄。

前回の反省、しこしこの韓国麺をハサミで切ってもらう、を忘れていたのに気が付いたのは食べ始めてから。

とにかくスープが美味い、そして麺がシコシコ。

サラダバーも合わせて野菜摂取量マックス、ご馳走様でした。

コメント

横浜美術館「NUDE展」 ぐるっと2018Part1Vol41

2018-06-27 | ぐるっとパス2018

前回、ぐるっとパス参加施設になつて初めての訪問は常設展のみだったのですが、

今回は挑戦的?なタイトルに訪問を決めておりました。

実際にはパス期限、会期末ぎりぎりになっての訪問となったのですが…

 

 

今回はテート美術館からの出展が多いのだとか。

これまでロンドンは何回と数えるのが不能な程出張その他で行っていますが、何故か大英にばかり足を運んでこちらは未訪。

多分同行者の興味に合わせて、と思われますが、いずれはね…

 

目玉は下に実写許されたそれを添付していますがロダンの「接吻」。

これ以外にも個展的なものなどありますが、インティミスト辺りから段々抽象的になるので、それ?を期待していた方には消化不良かも…💣

 

それではいろんな角度から。

確かな質感、“エロティック”をコーナータイトルとする位置に相応しい、ですかね。

  

では常設から

今回の企画に合わせてヌードから…

超精細画とでもいうのか写実画か、でしょうか、諏訪敦さんの「Streotype Japanese 08 Design」。

そしてミレイ…

じゃないんですよね(^^;

この日、オリジナルは企画展に出展され写真撮影NG。

何とこれは日本画の大家、下村観山さんの模写作、かなりのもんです…

 

それではノンヌード、魅力的だったところで、

奈良美智さん、

鏑木清方さん、

そして松井冬子さん、以前こちらで個展(企画展)が開催されています。

さて、今回の入場料は1,600円。これが100円割引となって、ぐるっとパス効果は計22,740円となりました。

コメント

小田急線複々線化アップデート 06/2018: 下北沢~東北沢間に歩行者道路出現!

2018-06-27 | 小田急複々線化

あれ、あんなの…でも

以前の大踏切、小田急線と茶沢通りの交差するところ。

そこで見た風景は左の通り、いつの間にかこんなに綺麗に、道が抜けたんだろう…??

 因みに家人情報では年明け位だったそうな… ^^;

 でも私の記憶ではその頃は東北沢から少しだけだったような…

 

 

頼りない紹介人なのは何時もの事🤞

確かにこんな場所だったと思われるのですが、綺麗にセットバックされるともう分らない…

線路とボクシングジムの間は何だったんでしょうね、もう記憶の外(^^;

お分かりでしょうが、冒頭写真は茶沢通りに面し、以前小田急線の一番街に連なる大踏切があったところです。

 

今となると、もう遮るものが何もない、

この日のように晴れだと歩く人は焼け尽きます💦

もう少し色味が欲しい、そんな遊歩道です。

 

コメント

横浜みなと博物館+柳原良平アートミュージアム+帆船日本丸  ぐるっと2018 Part1Vol40

2018-06-26 | ぐるっとパス2018

こちらも歴史博物館同様

 

私は前は通ってますが初訪問。

「海の貴婦人」でしたっけ、この日本丸を間近で拝見するのも…初めて。

2018年度のぐるっとパスから参加施設になったこちら、折角だから入場してみましょう。

 

先ずは横浜みなと博物館から入ります。

神奈川港として外国に開放され、その後横浜となった歴史、

港としての開発の様子など等、かなり盛り沢山の展示。

時間がそれほどない身としてはそそくさと、はやや残念な話。

 

 

 

 

展示ルートを辿ると自動的に柳原さんのミュージアムに入る。

私にとって彼は「トリスおじさん」ですが、海、港、船舶の絵画など数多く残されたんですねえ…

 

 

さあ、それでは日本丸に乗り組んでみましょう。

先ずは船体のぐるりから、みなとみらいに馴染んでいますかね?

 

船上の人となり、デッキまで上がります。

途中メインポール、日本語で何か不明ですが、とロープが幾何学的美しさを醸し出します。

 

皆さん乗務員はここをスルスル移動してるの大したもの。先端部分にはネットが張られ、落下防止となっています。

ふむ、格好良い💪

 

船内に入ります。

当然に狭い、ヘッドクリアランスもないのですが、先ずはエンジンルーム。

そして船長室に士官の食堂兼ミーティングルーム。

船長室は訪問客の応接でもあったそうな…

 

最後は厨房、かなりの設備。

ベッドも長さがなく、180cmの私は乗員に不適という判定が下ったでありましょう…

などと五知つつ後にしたこちらの全施設への入場料は600円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は計22,640円となりました。

コメント

ANJALI Vol21

2018-06-26 | 食・レシピ

12時回って週末シモキタランチに向かったこの日。

それならここ、と狙い定めての訪問。

「マトンキーマ」1,100円也をお願いしました。

前回これを頼んだ時は1,000円、全般的に値上げされたようですがまあやむを得ないことでしょう…

 

この日はマスターにサポートの女性が厨房内、関係不明 ^^;

だからかお、何時になくさっと出てきたそれは何時もの魅力的なアピアランス、少しライスの盛り方が違うかな?

普段より少し強くマトンの香りがするキーマ、美味しいですねえ。

色々混ぜ混ぜ、味変を楽しみながらご馳走様。

コメント

神奈川県立歴史博物館「つなぐ、神奈川県博」 Part1Vol39

2018-06-25 | ぐるっとパス2018

久し振り、記憶では五姓田義松さんの企画展で訪問以来、なんですが、到着してそれ以来館内リニューアルで企画展は開催されていなかったとか…

開館51周年記念は何やら中途半端ですが、サブタイトルは「名品展を超えてゆけ 館蔵品と若手学芸員の挑戦」…

さあ、軍配は何方に??

 

まあ筆が滑っての軍配(^^;、何が価値かは不明ですが、

会場入っても以前との差分は気が付かず、

次回は常設展のみかな、と思いつつ作品群を見遣りますが…

でも正直玉石混淆

面白くない訳ではないのですが、この日山のようにいらした老人会?の方々に刺さったでありましょうや??

私語の大きさから多分駄目だったと思われる今回の入場料は600円。これが何と!50円も割引となって、ぐるっとパス効果は計22,040円となりました。

コメント