シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

石洞美術館「伝統工芸 日本金工展」 ぐるっと2018Part1Vol38

2018-06-24 | ぐるっとパス2018

久しぶり、

第47回を数えるコンクール、実は毎年興味を持って拝見して来ております…

端倪すべからざる作品、何方がプロで、何方が趣味か不明なのですが、工具の進歩もあるとはいえ、素晴らしい作品群であります。

 

 

などと五知つつ入場したのですが、平日昼間の方が週末より訪問客多いんじゃない疑惑発生⁉️

展示は期待通りの素晴らしいもので、また訪問の皆さん熱心にメモしている方もいて煽られます ^^;

実用的かどうか、またおそらく初心者の方でしょうね、アクセサリーっぽいものもかなりの数展示されていました。

そいった意味では金工を趣味とする層を拡充したい意図も汲み取った今回、入場料は500円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は21,990円となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アーンドラ・キッチン: 御徒町駅近、昼も夜も素晴らしいインド料理屋さん アーカイブ編

2018-06-24 | お気に入りの店 アーカイブ

初訪から随分経ってしまいましたが、

常にそこにある良店、なのでかなあ、ようやくのアーカイブ編。

御徒町を中心にこの辺りは葛西に並ぶインド人街でありますが、その中で孤高を保つ(自分調べ)お店の紹介、ご覧下さい。

 

(2016.07 初訪)

 

念願のお店、御徒町駅から山手線内側一本入ったところを少し行ったロケーション。

到着時は12時少し前余裕で席をゲットしましたが、

その後直ぐ満席になったのは無理ない話。

それにしても、入ってくるお客さん皆さん幸せそうな顔をされているんですよ、それだけで人気のある店と知れます。

 

 

おねがいしたのは「ミールズランチ」、1,290円也。

凄いでしょ、この皿数!

 

これだと色々食べられますし、またサンバル、ラッサムが食べ放題!

 

 

 

 

 

 

 

その食べ放題2皿+パスティマライス、

そしてメインのポーション、大好きなシモキタ「ANJALI」さんと同じ豆の発芽状態野菜がポリヤルに使われています。

それとカレーが3種。

白状すると、サンバルはお替わり2回…

 

で、こんな風に完食ですわ。

美味しかったけど、お腹瞬間的にはもたれた状態になった、でも食後感はスッキリの素晴らしいランチでした。

 

 

(2017.08 夜、初訪)

 

ランチでは1年前に訪問。

この日夜のの2軒目、ここは外せないと選んだのですが、実は近場のお店が予約で一杯だったのは内緒の話。

ファサードの写真が無いのは、ここも席が空いているか不安だったから。

最後のシートに身を滑らせ、いきなりお願いした赤と、前菜で頼んだ…

 

これは大ヒットのカリフラワーの一品。

フライにして他の野菜と炒めるなんてね👍

そしてマトンもお願いしました。

 

 

〆はチキン系のカリーにチーズクルチャ。

双方味が立っているので、やや勿体無い組み合わせでしたが、

充分に満足でご馳走様でした。

 

(2018.06  再訪)

 

そういえばこちらから足が遠のいている…

道を隔てて斜め前に出来た「羊香味坊」さんにはお邪魔していますが、良過ぎるお店だから、という点はあるのかも?

でのギリギリ未だ歩けるタイミングでの訪問、既に狙いは定めているんですよねえ✊️

 

着席してメニューを見るふりしてお願いしたのは「ランチ・ドーサ・セット」1,190円也。

ドーサはマサラドーサ、中にポテトが入っているそれ。

カレーが一品付くと知り、小さめのドーサにパスティマライスバージョン、カレーはマトンでお願いします。

先ずはラッシー、そして主力部隊登場。

 

ちっとも小さくないドーサを中心に全貌、そしてドーサの中身をお見せし、

さあ頂きますかね🍽

ひょっとするとマサラドーサは初めてでは疑惑の中、

付け合わせのチャツネが何で出来てるんだろ薄緑色で凄く美味しい⁉️

カレーも秀逸、すっかり大満足でご馳走様でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六日町、街を歩けば… 戦国武将??

2018-06-23 | まち歩き

この日、拠所の無い用事で訪問の六日町。

これまで駅東側、魚野川の方向には無縁で知らなかったのですが、

時間潰しもあって訪問しようと駅舎まで来ての棟方志功ギャラリーは閉館中…

では街中散歩でもしましょうかね👞

 

上述魚野川の向こうには長尾氏の居城、坂戸城があるのですが、

その坂戸城下で生まれた、とする説がらか、三国街道に並行する商店街は「兼続ストリート」を標榜。

そして、その絶対あるであろう直江兼続、そしてその主君である上杉景勝、のそれは2回歩いても見付からなかったのですが、

ご覧のように、って分かるかな、左から上杉謙信、石田三成、真田幸村、が通り沿いに立ってました。

何のゲーム(コミック?)キャラか不明ですが、かなり派手であります…

 

最後に…

その見付からなかった兼続さんはこんな橋桁にもレリーフとして存在しておりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本広いぞ 居酒屋シリーズ Vol15

2018-06-23 | 居酒屋/ワインバー

今回の日本広いぞ編、時間掛かってのアップですが、大阪特集と思っておりました。 

結果は時系列的に新潟登場、決して望んでない世の定めの結果なんですが…

 

1.  「炉ばた ワコー」さん  (大阪本町)

 

大阪出張が入り、ホ

テルやら季節を勘案した移動方法など考える…

あ、勿論出張の成果、ゴール、そこに向けた準備が先なんですが^^;

そしてその後に考えることといえば…

 

どこで呑むか。です✊️

 

 

 

 

 

 

 

で今回は…

ご覧の通り、建物の合間、通路と引っ込んだ空き地を使っての店舗展開のこちら。

確かに現地店の連中が分かり辛いですよ、という筈です。

 

でもねえ、食べログ高評価に見られる様に料理とお酒はかなりイケます。

上の写真、日本酒は臥龍梅がボトルで。

これ以外だと和歌山の普通酒の燗だったのですが悪くない。

 

刺身は関アジと鰤、

季節の筍とか牡蠣、炉端焼きらしい?ハラミなど頂きご馳走様。

ちなみにこの〆の焼きおにぎり茶漬け、記憶にありません…

 

2.  「いしもん 本店」さん  (大阪駅前第一ビル内)

 

前から大阪でもCP、味抜群の海鮮居酒屋とのことでマークしておりました。

1のお店訪問から3ヶ月、日帰りのこの日伊丹に戻る前1時間一本、を意識しておりましたが、

実際には正式に割烹で一杯が入っちゃって、急遽の0次会。

店に前まで来てファサードを撮った瞬間、美人スタッフと遭遇 ^^;致しました。

 

予約で一杯、その前なら、とのことで、

当方10分縛り💣なので無問題。

生ビールとコチの薄造り、950円也をお願いしました。

 

 

若いご主人、カウンター越しに眺める調理風景はかなりの手練れ。

程なくして登場のそれは…

綺麗し、ねっとり感とプリプリ感、まあ美味しい。

今度はゆっくり、って言ってもいずれ速攻勝負に裏を返しますね。

 

 

 

 

 

 

3.  「なにわ茶屋」さん  (新潟六日町)

 

拠所無き六日町訪問ながら、

旅先での夕食となると検討するのは一点。

禁煙席があるか否か、その点で六日町、というか東京の北の方、って喫煙に関して寛大というかアホというか…

冒頭は日のある内下見時の様子ですが、東京で漸く一部禁煙席のある、というこちらに予約を入れました。

 

そして夜…

勿論、六日町は八海山酒造のあるところ、近くには鶴齢とか高千代とか酒どころ、枚挙にいとまのない場所。

当然に和食系に走る訳です。

 

酒田で伺った店もそうだったのですが、基本「おまかせ」で予算を言ってくれ、というシステム。

こうなると日本人、大体の枠で上から2番目、「おまかせ」を4千円でお願いしました。

野菜を多く、〆は不要、とお願いした記憶がありますが、先ずはその前菜群。

これでお酒がたっぷり呑めます。

 

こうなると先ずビーの後は日本酒となる訳で、

メニューを眺めつつお願いしたのはかなりお安い方の「坂戸山」それからその上級ブランド、加水していないという「金城山」。

八海山酒造にこんなブランドがあるなんて、地元ならですかね。

鱒のカルパッチョも最近のものですなあ、お酒が進みます。

 

メインは殆どフレンチアピアランスのラムのグリル。

なかなかに秀逸なお店、タバコの香りも結局届かず、ホッとしながらご馳走様でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浄閑寺 (投込寺)  (三ノ輪)

2018-06-22 | 古跡巡り

祝㊗️、第7,600番目記事投稿‼️

 

今回

の大台跨ぎは三ノ輪、

というか竜泉北側、苦海吉原に程近い、がキーワード。

この辺りは荒川区南千住と台東区三ノ輪が入り組んでおりますなあ…

 

さて、この浄閑寺さんは別名の方が有名。

吉原遊廓に2年先立つ1655年創建、「〜売女(ばいた:著者注)」という戒名で葬られたのだとか。

 

 

 

明治通りと日光街道、いずれからも北東に一本入ったロケーション。

北には小塚原、まあ恐ろしい来歴の場所が多いエリアでもあります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぐるっとパス2018Part1、利用結果報告

2018-06-22 | ぐるっとパス2018

さて前々日に2ヶ月の有効期間終了となった本年度第1回目のぐるっとパス。

その利用実績を以下に報告致します:

 

 

訪問施設数                     42

総ぐるっとパス効果         23,740円

平均ぐるっとパス効果       565.2円

 

久方振りの40施設越えとなりました。

平均ぐるっとパス効果に関しては、最終盤で50とか100円の割引施設が入ったせいもありますかね。

次回は夏休みをカバー、か現在考え中…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京都写真美術館「TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ ザ ピクチャーズ」 ぐるっと2018Part1Vol37

2018-06-21 | ぐるっとパス2018

これに先立つ2〰3週間前、「大人の休日倶楽部カード」を持ってぐるっとパス対象外の2企画展を拝見したこちら。

今回は雨の中車で移動中本展に未訪と気が付き、

恵比寿、白金高輪の方に抜ける道沿い、駐車ブロックがある所に車を停めて訪問してみました。

周年記念のコレクション展ということですが…

 

成る程ね、今まで拝見したことのある作品が多く見られます。

アラーキーの奥様とかサッと気が付いてしまうのはここ10年間の質というより大量の企画展訪問歴が功を奏していると思われます。

ユージン・スミスやカルティエ=ブレッソン、土門拳に林忠彦…

展示は写真家の狙いを観客に問う形で展開しています、ややしつこい感じもしましたが ^^;

さて、同行と語り合うことをテーマとした今回の入場料はコレクション展とて500円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は計21,490円となりました。

さあ、次は再び大休を持って、毎年恒例の報道写真展だ👀

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランチ・アーカイブ ワン・プレート編 Vol102

2018-06-21 | B級?グルメ

今回のワン・プレート編は皆移動中出会ったお店からの紹介。

1は下調べ済みでしたが後は行き当たりばったり。

まあそれなりに、だったでしょうか…

 

1.  「千根や」さん  (谷中)

 

谷中の尾根道、日暮里駅から近い、朝倉彫塑館斜め前、がロケーション。

不思議な店名は「谷根千」をひっくり返したものでしょうな。

まあ、殆ど地元と言っても良い、は少し言い過ぎながら ^^;

薬膳カレーの「じねんじょ」さん隣にこのお店が出来ていることに気が付いておりませんでした。

 

訪問前、ちょっとした調査。では関東風、関西風、そしてひつまぶし、と何でもござれの芸風とか。

ご主人はあの好きだった、今は無き神田「築地丸正」出身とか、成る程。

そうなると生粋のtokyoboyとしては関西風を選びます💁‍♀️

「まむし重」2,800円也をお願いしました。

 

これも事前情報では鰻3/4匹分、うな重(大)で1匹だそうな。

海苔ご飯と思しき重、そのご飯布団を剥がすとあら恥ずかし、刻まれた鰻出現。

確かに皮パリパリ、食感が違います。

全くの臭みも脂っこさもなく、山椒振るのを忘れて食べ進んだのは本当の話。

美味しかったですよ、2018鰻シーズン皮切りは上々でスタートしました。

 

2.  「柳寿司」さん  (千住大橋)

 

な、何じゃこのファサード…⁉️

この日は水曜、意識ないまま千住大橋までランチ求めて歩いてきたのですが、

足立市場の休市日じゃないすか💦

狙っていたとんかつの田中さんは休み、大好きな近場の「ときわ」さんが廃業したのかも、とチェックをしつつ、この景色に出会います。

傍の二郎さんは行列でしたし、試してみることに。

 

店内入ると普通?の寿司屋、入口のモニターがあったので見られていたかな ^^;

ランチちらし、1,080円也をお願いしました。

カウンター越しに立派な車海老の茹で上がりを見ていると着丼。

お味は普通に美味しく、後から出てきた味噌汁は豆腐デカすぎでしたがまあ宜しい。

ご馳走様でした。

 

3.  「ビストロ CLEANTE. TOKYO」さん  (東京駅一番街)

 

家族を送っての東京駅、見送るとランチタイム12時前。

駅構内は基本時間より登場予定列車の出発時間に左右されるのでしょうが、

魅力的な店が目に入らずの改札外、大丸近く、横にはDGRのラーメンストリート🍲

何とか滑り込んでメニューをチェック、ランチから「オムライス・ハヤシソース掛け」980円也(外税)をご飯大盛り(無料)でお願いしました。

 

その後待ちができますが、長居をする人は居ませんし、基本厨房早いので回転はよろしい。

チキンライスかと思ったご飯は白米、でもハヤシがしっかりしてますからその方が良いね。

お腹一杯になりご馳走様でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和キルトX百段階段2018展 (雅叙園)

2018-06-20 | アート・文化

前回の猫ちゃん展は時間が無くお邪魔できませんでしたが…

 もう既に「明かり」かと思って訪問したのは内緒の話 ^^;

 キルトはかなり私の芸風とは異なりますメメ

 

 

フライヤーあったか不明ですが、確認忘れたので館内の様子で内容のご想像を。

先ずは今回の大賞作品からご紹介。

実はキルトを展示するためでしょう、室内の照度を上げていたのでtokyoboy

的には欄間、天井画など綺麗に見られた、が感想は申し訳ないところ。

 

この漁樵の間の床の間、展示品が置かれていないのは多分初めて。

あまりに見事な床柱含めて記念撮影💣⁉️

この他の床柱も凄い立派なのを確認致しました。

 

 

 

 

最後の2枚は静水の間から。

橋本静水の作品ですかね、他の日本画とは趣が異なる。

かなり編集で色味変えてますが、当初はこの鮮やかさであったはず。

楽しいブラブラとなりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アキバ界隈、冷やし麺の夏 2018Vol1

2018-06-20 | B級?グルメ

昨年、Vol3まで行った企画。

今年は既訪の店、すなわちメニュー構成が分かったところが飛躍的に伸びましたので、どこまでVolが伸びていくでしょう…

口切はアーカイブ店、それにしても中国東北部と冷やし中華⁉️

 

1.  「味坊」さん  (神田駅前)

 

神田駅ガード下、羊好きの間では知らぬ者のない名店ながら、

何故かランチタイムは席待ちになることなどなく重宝させて頂いていますが、

4月に入って今年も早くから「冷やし中華」のメニューがランチに登場しました。

昨年はまあ秋口までやっているだろうと高を括り、夏真っ最中前にメニューから消えて、冷やし担々麺のみ頂きましたが、

それもあって、4月中には勝負⁉️、と伺ってみました。

 

お願いしたのは当然に冷やし中華セット(半チャーハン付き)、850円也。

こちらのランチとしてはかなりの高額、懸念するのは“俺、食べ切れるか?”💦

流石にこのオーダーは時間がかかっての登場。

流石、店舗に似合わず、綺麗に出来ております💣

 

麺は少し緩め、たれもほぼ日式中華スタンダードですかね。

チャーシューに八角が聞いているのは流石、この卵焼きは何でわざわざ🤖

先ずは冷や中から食べ進め、チャーハンに入ると甘酸っぱいたれで味変しながら食べ進め…

なんとか完食、食べ物を残せない世代なもんで ^^;

全般的には味坊スタンダードから見るとややでしたが、美味しくこの長い夏スタートの企画が発進しました。

 

2.  「勝太楼」さん  (台東)

 

1の訪問からほぼ1ヶ月経っての2店舗目。

今年の5月は水曜が雨の特異日、週末が晴れて暑い、という連続で、

週中、アキバでは今のうちに、と温かいものを選んでいた気がします。

でもねえ、6月に入って夏本番、今年は梅雨が来るのでしょうか…?

 

そんな中、30度近くまで気温が上がる予報ながら外に出てみると結構歩けそうだったこの日、少し前に初めて訪問、その時周りで食べていた「冷やし中華」、900円也、が気になっての再訪。

ご近所の方と老主人、奥様が語る中少し時間がかかって登場のそれは…

具沢山! そして種類がクラゲその他立派👏

タレも日式中華ならでは、美味しいですねえ。

大満足で店を後にしました。

 

3.  「川味坊」さん  (神田須田町)

 

近くの姉妹店含めアーカイブ編アップのこちら。

この日は自分が食べたいものが定まらない中、涼しいし、で須田町交差点を越えるところまでやって参りました。

姉妹店でなくこちらを選んだのは冷やしの刀削麺を食べたことなかったから。

で、メニューを見ると…

 

刀削麺での“冷やし”は無いことを知ります。

まあ麺の形状からいって、あれを冷やす、は確かに難しい。

そこで四川料理屋さんだから、と「冷やし担々麺」630円也をお願いします。

そういえば、昨年1のお店で同じものを頼んでいる…

 

ブッフェ台からこの日は敢えてのサラダ外しで水餃子等取ってきた時には既に冷やし担々麺も到着。

凄い量になりましたな ^^;

辛い、と店員さんの言っていた担々麺はこの店としては左程の事はない。

炒飯に載っけた麻婆豆腐は正宗、しっかり辛い。

 

黄色細縮れ麺は普通に美味しく、

すっかりお腹一杯、挽肉をサルベージしてスープを楽しんでいるうちに汗も浮かんできて、

ご馳走様でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加