シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

印刷博物館「印刷書体のできるまでー活字書体からデジタルフォントへ」 ぐるっと2017Part1Vol20

2017-05-31 | ぐるっとパス2017

何年前位からですかね、凸版さんが「文久体」、最新の活字体、ってもう活字そのものは死語でありますが、の開発をブックフェアや自社PRパンフレットで喧伝始めましたのは?

ということで、以前の職業的興味?もこれあり水道に訪問しました。

 

 

今回のハイライトは「文久体」の中でもR、ディスプレイでも読み易い活字体、利用者の投票で選ばれた"Rタイプ"の出来るまで。

どんなサンプルとの比較だったのか、は興味あるところでして、

確かに、と納得しましたね。

さて、こちらでのもう1つの楽しみはVR。

今回のプログラムは東大寺、大仏さま。わずか10分ほどの上映だったのは本当の話。

ちなみに、こちらは上記企画展が開催されていたP&Pギャラリーだけでしたら無料ですが、VRを拝見したので入場料は300円。この結果、ぐるっとパス効果は計9.,050円となりました。

コメント

ランチ・アーカイブ メガ盛り編 Vol4

2017-05-31 | メガ盛り

最初のお店に行った際、これは"山"かな、とも思ったのですが、

このシリーズなかなかお店に行き当たらない。

でもその訪問からしばらく経っても定食編が伸びなかったので、こんな纏めにしました。

 

1.  「TETSU」さん  (台東)

 

以前からネットで拝見する丸いボールのようなハンバーグの姿を見たいと思い、

遠路来てみると臨時休業だったり満席だったり、

なかなかお邪魔できなかったお店。

この日は波もあるのでしょう、一旦カウンター待ちで入店適いました。

 

入口脇の小ちゃな券売機でポチしたのは「プレーンハンバーグとテツちゃん焼き」890円也。

先ずはこの日のジュースからサーブされます。

ハンバーグの大きさからは想像できない速さで料理が出て来ますから、概ね調理完了のそれがオーブンの中か何かで待機しているのかも知れません。

 

さて、お箸でスパッと真ん中から二等分、さらに小さいそれを口に入れると、

に、肉だ…!!

恐らくつなぎは細かく刻んだ玉ねぎだけ、正真正銘の肉団子。

テツちゃん焼きは生姜焼きですかね。

初回はこのシンプルに焼かれただけので良かったな。

オススメのシーズニングなどで楽しく頂きました。

ご馳走様。

 

2.  「ブラザーズ  人形町本店」さん  (人形町/浜町)

 

浜町の緑道沿いの桜も綺麗になったかな、と足を運んだ人形町。

となれば、目的地に近いところは必然、久しぶりのこちらに足を運んだ次第。

思いがけず、店の前には桜無いし、近くもソメイヨシノではなく大島桜だったのですが、

まあ食後散歩すればいいだけの話。

 

店内に入り、小ちゃなテーブルに着いてメニューを一瞥。

「レッドホットチリバーガー」1,050円にドリンク(アイスコーヒー)付けてお願いしました(いずれも外税)。

オーダー確認で店員さんに"レッチリ"ですね、と確認され、ニヤッと笑ったのは本音の話。

実際にはチリビーンズと言わないと欲しかったものは貰えなかった…

 

創業からずいぶん経った(食べログによれば2000年開店)人気バーガー屋さん。

お味は極めて普通、でもまあハンバーガーとはこんなものでしょう。

サクッと頂きご馳走様でした。

 

3.  「よね家」さん  (水天宮前/蛎殻町)

 

梅雨入りも近いのでは、と感じつつ、朝のNHKニュースでは今年は遅くなりそう、と言われ…

気温は上がらないものの蒸す中ランチで向かった水天宮前。

狙いはこちら、唯一、ユニークと思われる「鳥わさ丼」であります。

 

12時前、食べログ的には11:45開店とありましたが、

12時20分程前に到着、シャッターだったのですが、

結局開店はぴったり12時でありました。

靴を脱いで掘りごたつの席に着き、大きさだけ聞かれるので「中」、1,150円也をお願いします。

 

一番客の私のところへの着丼は12時10分、成る程これは迫力だ…

ビッチリ乗った鳥わさは部位によって包丁の入れ方を変えて柔らかさの均一化に努めている。

つけダレのワサビの効きは同行によれば辛い、私はさらに添えられたワサビを付けながら頂きます。

美味しいですねえ、美味しいですが…

最後の方はお腹一杯、体を揺さぶりながら食べ進める始末^^;

ご馳走様でした、面白い経験でもありました。

コメント

法隆寺〜中河内古墳地帯 空撮シリーズVol174

2017-05-30 | 空撮: 1万メートル上空から見下ろせば

偶然ですが、

何気に下を見下ろしていると、

あれは!

 

そう、どう考えても法隆寺であります。

右が金堂、左が五重塔。

 

 

 

 

拡大用サムネイルと、この法隆寺の西、信貴山山頂付近の様子。

それにしても、帰宅後この信貴山から西のエリアって古墳だらけ…

 

そんな中で、私が一枚撮ったそれは…

恐らくですが、形、地形からは心合寺山古墳。

八尾市にあり、前方後円墳の全長160mと中河内地方を代表するものだとか。

5世紀始め頃、この辺りの豪族の墓とか。

コメント

Siam ERAWAN Vol37

2017-05-30 | 食・レシピ

2週間前にはタイ・フェスティバルで代々木公園に出張?。お休みだったこちら。

当方も現地に伺うこと適わず、そろそろお邪魔しようかなあ、と思っておりました。

での週末、シモキタ訪問。

 

 

この日お願いしたのは、えらく久し振り、恐らくガオラオを知って以来注文してこなかった「クイッティオ・ナム」、タイ風ラーメン、850円也。

家人とのバランスだったのですが、美味しいけどこれは別にかなあ…

ご馳走様でした。

コメント

練馬区立美術館「19世紀パリ時間旅行」 ぐるっと2017Part2Vol19

2017-05-29 | ぐるっとパス2017

タイトルだけは知っていた本展。

2017年最初の真夏日=35℃越えも見えた五月のこの日、

ここなら車を停めて伺えるなあ、と…

内容に関する事前知識なく訪問したんですが、

 

入場していきなりはシャヴァンヌ、三菱一号で目玉の1つだった「聖ジュヌヴィローザの幼少期」、小品ながら素晴らしい作品だと思うのですが、

入場されている方々で関心を示す人は居ない…

彼ら、彼女らの興味は何回行ったか知りませんが、ツアーで訪問したパリの景色の記憶を自慢することと思われました。

まあ、一生もんの気合だったでしょうからな(毒)。

 

当方は古地図とか興味なく、ドーミエその他、その当時の批判意識旺盛なアーティストがパリの人々の様子、政治家の醜い姿、をどう表現したかであります。

その意味では面白かったかな、初見の作品も多く拝見出来ましたし。

 さて、今回の入場料は800円。昨年度から一律500円割り引きとなったこちら、ぐるっとパス効果は計8,750円となりました。

コメント

週末のジョギング 27-28/05/2017

2017-05-29 | ジョギング/街巡り

5月も終わり、本当にこの歳になると月日はあっという間に去っていきます。

その週末最初のサービスショットは、これも又去って行く話。

下北沢北口駅前の「ミネ薬局」が隣接する闇市同様ビル取り壊しなのでしょう、閉店セール実施中の図。

2週間前の話ですからもう閉店完了でしょうが、このお店の閉店セール見るのは実は2回目。

 

 

 

 

 

最初は今ではピーコック前の北口広場になっているところにミネ薬局は下北沢進出。

それが駅前に小田急線複々線化の工事スペースがいると言うことで、以前階段降りて出て来た旧北口諸共取り壊し。

ミネ薬局さんとしては南口側に店舗を移し、その後斜め前のソニー系電器屋さんが廃業の際前の店を調剤薬局店、広い旧電器屋さん店舗をドラッグストアにして今に至り、

北口の方は現在入っているところ、以前長いこと本屋さんだった、がこれも廃業後テンポラリーで入ったので、シモキタドラッグストア戦国時代にあって丁度良い規模縮小なのかも知れません。

 

 

次のサービスショットは千代田区神田淡路町、千代田区の複合施設「ワテラス」なう。

初めて路面店以外に立ち寄った今回、御茶ノ水駅に向けて隣接するビルと回廊で結ばれており、そこからのアクセスが良好なのを知りました。

淡路小学校の跡地、2013年開業。

こんなところに低所得者向けや学生向け住宅なんかもあった筈です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、前週末から気温も上がり梅雨入り近いかと思わせつつ、

後半雨も降って気温が下がって週末入りしたのですが、

その土曜日、朝方は雨!

その後の湿度高いところを、午前中後半の用事を考えつつのジョギングは6km弱。

その後シャワーを浴びて、病院行って…

午後も買い物併用の美術館巡りを車で、となりました。

 

翌日曜はもう少しすっきりした感じとの予報。

その中ルーティンのジム行きからスタート。

午後は買い物と美術館巡りにて週末終了です。

 

コメント

下町の居酒屋 備忘録編 Vol43

2017-05-28 | 居酒屋/ワインバー

今回の下町編はバラエティに富んでおり、

如何にもから最近では、迄のご紹介となっております。

いずれも名店、お楽しみを。

 

125.  「おざわ」さん  (浅草ビューホテル裏)

 

この訪問前、浅草ビューホテルでは食中毒発生、営業停止となっていましたが、

それでのロケーション表記、実際には少し南、

どぜうの飯田屋さんに近いところ、で宜しいか。

 

 

〆を求めての訪問だったのですが、先ずは飲み物、

お酒はこちらのデフォ、群馬泉の冷や(常温)にしましょうかね。

 

 

 

蕎麦前2品、山芋豆腐と紋甲烏賊と海老の薩摩揚げ。

共に秀逸でしたが、中でも山芋豆腐は感涙モノ。

美味しいなあ…

 

 

そしてそもそもの目的にようやく戻り、「ざる」、「粗挽きざる」、「太打ちざる」を人数頼んでのシェアで味見。

 それぞれの個性際立ち、ご主人の腕の冴えを感じましたが、

 個人的には「ざる」の喉越しでしょうか。

素晴らしいお店でした、また来よう。

 

126.  「味坊鉄鍋荘」さん  (湯島)

 

秋葉原に職場が移って、

今までネットの情報だけだった味坊さんが、知っている限りで全て徒歩圏内となり、

今回がその最後、3軒目。

ここは夜だけですから、ちゃんとセットしませんとね。

 

4人掛けテーブルのみ、そこに2つの鍋用コンロがある設定。

当然にお一人はNG、この日は2人だったので収益機会にはご免なさい。

お酒でカバーしなくっちゃメメ

 見てください、この七品だったかな、の前菜の素晴らしさ。

 目黒、今は亡き靜安飯店以来の大興奮。

良いのか悪いのか、お店はこれでじっくりビール🍺→紹興酒とヤる時間を与えない🤣

 

同時並行で鍋の調理がテーブルで開始します。

羊の醤油煮と、豚の三枚肉と発酵白菜、

写真の順は逆。

 ワインも推しのようでしたが、グラスしかないと言われた紹興酒をグビグビで、

とんでもなく美味しい夜を楽しみました、ご馳走様。

 

127.  「ライカノ」さん  (北千住)

 

北千住、西口駅前のラウジーな飲み屋さん街の中にあるタイ料理屋さん、という言い方で宜しいか?

改めて調べるとこの界隈では人気店。

 お初の駅の向こう側、なかなかのお店で一杯の後、

〆を求めてここまで彷徨いました。

 

 

目的から、それでも呑む^^;ビールのアテに揚げルンピア、

スパイシーな平打ち麺の焼きそばに、食欲の制動効かなくなった向きからの追加でカオマンガイ。

確かにおいしいねえ…

ダイジェスティブにメコンをストレートで頂いてご馳走様でした。

コメント

名張市〜天理市 空撮シリーズVol173

2017-05-28 | 空撮: 1万メートル上空から見下ろせば


今回は一発芸に近いぞ…

窓から見下ろすこの湖…

まあどう考えてもダム、しかも市街地が近いのがなんとも不思議です。

青蓮寺湖と呼ばれ、同じ名前のダムで出来ました。

そして市街地は三重県名張市。

香落渓という名勝があるそうで、イチゴやぶどう狩でも知られるそうです。

 

 

 

これも不思議な構造物、

実際には下の写真の後なんですが、横位置に並ぶ建物は大和ハウスの工場で、斜めに位置するのはイオンモール大和郡山。

相当遠目を撮ったものと思われます。

 

 

そして、しばらくして眼下に広がった寺院にしては巨大な構造物。

奈良県天理市上空です。

コメント

ちひろ美術館「高畑勲がつくるちひろ展+奈良美智がつくる茂田井武展」 ぐるっと2017Part1Vol18

2017-05-27 | ぐるっとパス2017

今回の訪問は上記企画展開始直後の日曜日。

それぞれのサブタイトルは「ようこそ!ちひろの絵のなかへ」と「夢の旅人」。

著名なアーティストの視点を捉えて、そのキュレーションの元展示を展開する。は同じ。

片やちひろさんの作品、片やこれまで存じ上げなかったのですが、茂田井武さんという一発で検索出てくる位ですから私がダムなだけですが、の作品を紹介する…

異なる2つの企画展並行展開という理解で宜しいか!

 

上述のように開催期間はまだ長いのでネタバレ注意ですが、

高畑さんは私でも知っているちひろさんのシリーズ3点を取り上げ、

いろんな表現形式でちひろ作品を掘り下げていく。

彼の言葉に「ちひろさんの描く子供たちで笑っているポーズが殆ど無いのに気付く、それは…」というものがありましたが、確かに、でありました。

 

茂田井さんの作品、今回初めて拝見して凄えな、と思ったのですが、

1930年に画家を目指して東京を飛び出しパリへ向かった彼、道中旅費を皿洗いなどで稼ぎ出しながら、から戦中に巻き込まれていく人生の中で蓄積された色んなモチーフが戦後数々生み出されていく挿絵を中心とした作品群につながっていくんですね。

個人的にはその修行なのか放浪なのか、パリでの生活の中でしっかりガールフレンドか娼婦か、とよろしくやっている絵が面白かったです。

さて、今回の入場料は800円。これが無料となって、ぐるっとパス効果は計8,250円となりました。

コメント

ランチ・アーカイブ 定食編 Vol59

2017-05-27 | B級?グルメ

今回の定食編はコースとはいかないセットから紹介開始。

台湾で有名な小籠包のお店、とは知っていましたが、現地含め初訪問のお店から紹介開始です。

 

1.  「京鼎楼HANARE」さん  (恵比寿駅前)

 

人気と走っていましたが、訪問前日にまずは本店に電話すると、

1時間でよければ席がある、との事。

それじゃあ余り、と階下のこちらに電話して席ゲットしました。

外階段から降るのだとか…

 

到着の店内、噂通り結構コージー。

そして家族連れが多い客筋、当方もそうなんですが^^;

お願いしたのは、白酸辣湯麺の名に惹かれて「蘭花コース」、1,750円也(内税)。

 

先ずは前菜の鶏の棒々鶏、サラダと呼ぶにはちょびっと。

次に3種の小籠包、普通、烏龍茶、蟹味噌。

お店の売りだけに確かに美味しい、見込み生産ですから熱々ではなかったですけどね^^;

まあ、スープが飛んで大粗相とならなかったからよしとして、

 

メインは白酸辣湯麺、これは不思議なアピアランス?

巨大な赤唐辛子はよく四川で辣子鶏に使う奴ですかね。

折角なのでこれも頂くと、辛いけど皮の内側に美味しい実かなあ、もあってなかなかのアクセント。

スープは優しく、麺は平打ち米麺でシコシコ。

大変美味しゅうございました。

おデザは杏仁豆腐ですが、かなりミルキーでやや別物でありました。

ここ、宜しいんじゃないでしょうか。

 

2. 「かつ久」さん (世田谷区岡本)

 

早朝から用事で出掛けた東名を昼前には戻って来て、

貪欲に美術館訪問しての12時過ぎ。

砧から岡本に掛けて、食べるところなんてあったかなあ、二子玉なんて車では入れないし…

おや、こんなところにとんかつの幟が、しかも駐車場もあるぞ!

 

そこでの入店、なかなかに広い店内に疎らなお客。

お願いしたのは週末でも、なのか「ロースかつランチ」、1,200円也。

120gと書いてあったと記憶していますが、のロースカツは些か寂しいですが、

 

ご飯は注文時のみ大盛り可(お替り有料)でしたが、グラム数を伺って普通にしてもらい、

でもこのキャベツお替りで大満足。

柔らかく水切りもバッチリのそれにお店の矜持を感じました。

サービスのエスプレッソを頂いて、ごちそうさま。

 

3.「アルミーナ」さん  (神田多町)

 

靖国通りを越え南に降った一帯、好評?探索中の中で目に止まったお店。

どうやらパレスチナ風料理なのだそうですが、ハラルで食材を準備しているそうです。

お店は暗い中階段を下ったB1にあるのですが、入店時声がけしてくれたお兄さん曰く、ベリーダンスを水、金曜夜、お客さんの入り次第だけど大体20:30前後にイタリアとかの国籍の女性が踊るよ、と教えてくれました^^;

 

狙いはラム/マトン系の料理だったのですが、この日のランチメニューにはなく…

「ファラフェル」950円也をお願いしました。

目黒で頂いて以来ですかねえ…

 

先ずはサラダとスrープ、共に立派。

ファラフェルはひよこ豆のコロッケのこと、でも何処で頂いても小振りでギュッと詰まってます。

付け合わせるはピタパンにフムス(ひよこ豆のムース)、トマトベースのもの。

独特の香辛料、美味しいです、ご馳走様でした。

 

コメント