シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

東京広いぞ、居酒屋シリーズ Vol47

2017-12-08 | 居酒屋/ワインバー

最近ジョギングでは足を伸ばしていない麻布十番。

ということでの東京広いぞ編。

季節柄を楽しみにお邪魔してみました。

 

1.  「紫玉蘭」さん  (麻布十番)

 

2017年の上海蟹シーズン。

今年はここ、と狙い定めた東京飯店グループ。

でもねえ、同じ麻布十番でも富霊華は少しやり過ぎ感が…、でのこちら。

麻布十番交差点から飯倉の方に入った隠れ家、実はえらく古そうなビルとなります。

 

夜目遠目傘の内^^;

エレベーターもやや怪きながら、中はそれなりに作り込み。

先ずは早く着いたご褒美とハッピーアワーのビールで喉を潤し、

前菜からコースがスタートします。

 

酔っ払い蟹からフカヒレ(姿はない)スープ…

後から気が付くと野菜ものが入ってないのよね…⁉️

 

 

東京飯店スペシャルの北京ダックは、

お肉は捨てちゃうとのことでしたがほんとう?

そしてメインの到着。

 

 

これまた如何にも東京飯店グループ、綺麗に胴体部分を捌いて食べ易く給し、

これこれ、脚の部分もご覧の通りで食べ易く、また味に変化も楽しめる。

この頃には紹興酒も空き、ライチの香りがするという白、オーストラリア産で何故かドイツ語エチケットのLogan Weemala Gewuratraminer, Orange Australia を楽しみ、

最後は黒酢酢豚と共に蟹フィーチャリングの小籠包、チャーハンでお腹を満たしてご馳走様でした。

それにしてもこのコース、青み無いよね^^;

 

2.  「genie's tokyo」さん  (東京ミッドタウン内)

 

以前こちらで頂いたランチ、何故かラーメン、をリポートしていますが、

この夜はイルミネーションを見に来た帰りに one for the road を求めての入店。

バー脇の心地の良いソファーシートで寛ぎつつバローロをグラスで。

のんびりしたなあ、ご馳走様でした。

 

3.  「富士鷹」さん  (黒門町/末広町)

 

末広町と御徒町中間、中央通りと線路の間にあるちゃんこ鍋屋さん。

ご主人は元九重部屋だからか店名には「富士」が。

以前ランチでちゃんこセットを頂き、かなり気に入っての今回の宴。

 

禁煙席希望と伝えていたので入口近く、完全に壁で仕切られた部屋へ案内されます。

ふむ、嬉しいね。

全員揃ったところで宴会開始、飲み放題ここから2時間。

 

驚きべきはちゃんこまでの料理が一気に出ること。

もう少しゆっくり、とお願いしたらちゃんこに時間がかかりますから、との事。

刺し盛りに鮫皮の山葵が出るのは承知してましたが面倒で擦り下ろさずごめんなさい。

 

確かにすごい量の野菜その他で登場のちゃんこは美味しかったのですが、

写真ありません^^;

酒はこのお店オリジナルの富士鷹、山廃1種類でしたが悪くなかったですよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芭蕉記念館「蕉門十哲」 ぐる... | トップ | 新国立競技場、登場! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

居酒屋/ワインバー」カテゴリの最新記事