シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

藝大美術館「東西美人画の名作ー<序の舞>への系譜」 ぐるっと2018Part1Vol15

2018-05-19 | ぐるっとパス2018

企画展タイトルが示す通り

あ、ここでの東西は東京と京都画壇です。

私は今回、松園さんの修復なった名作を一目とは思いつつも、(菊地)契月推しでありました。

なかなか東京では拝見できない彼の作品が複数あるということで、

会期終了直前の訪問、やはり混んでいましたが…

 

大作が多い今回、地下2階のみが会場。

美人画というカテゴリー、個人的には各画家の固定パターンで描かれる顔、そこでのみ゛工夫゛が施される衣装、髪型、というイメージが強くそれほど好きなテーマではありません。

今回もそのイメージは変わらなかったのですが、それでも楽しみにしていた契月さんは明治の空気と異なるタイプの女性像を示して良かったです。

そして、松園さんはその意味で前者ですが、もう偉大なるマンネリという称号てお呼びして宜しいか⁉️

さて、今回の入場料は1,500円。これが200円割引となってぐるっとパス効果は計6,640円となりました。

コメント

そば処 信州屋: 渋谷、マークシティと道玄坂の間、立ち食い蕎麦屋さん アーカイブ編

2018-05-19 | お気に入りの店 アーカイブ

とまあ、ロケーションを今風に書けばそうなるのでしょうが、

例えば井の頭線が昔の渋谷駅の風から今のマークシティに変わり、

また周囲の店変われど何時もこちらに変わらずあるお店。

「食べログ」に拠ればオープンは1986年4月。

何時頃から私が時折立ち寄るようになったか不明ですが、間違いなく20年よりは最近のこと。

シモキタに居を構えてからですが、こちらは何と言ってもお蕎麦が美味しい‼️

そして丁度いい加減の甘汁がヨッパには優しいのですよ…

 

(2011.02 ブログ的初訪)

 

P2120007P2120008

はい、渋谷ではありますが、井の頭線の駅横ですから、もう殆どシモキタ・テリトリー…

何時の頃”発見”してからか、こちらかなり好きなお店です。

恐らくその”筋”でも同様に知られているのでしょう、何時でもそこそこの入り。

立ち食いとて手軽に〆られるのに加え、特にお蕎麦にそば粉の香りがちゃんとあり、250円!の掛け蕎麦でもちゃんとそれが感じられるところが凄い。

お昼時にはサービスの小梅漬けも食べ放題、なかなか素敵ですよ

 

(2011・12 追記)

 

Pc240003余りに美味しかったので、の追記。

「鴨付け麺」480円也、です

 

 

 

(2018.04末 再訪)

 

ご存知に方なら何時頃訪問の絵かお分かりになるか、と…

こちらランチタイム、ってまあ夕刻前まではそうなのですが、その時間帯には小梅干がカウンターに置かれて食べ放題。

まあ、そうそう沢山は食べられませんが、体に優しい、と思い込んでしまう私。

この日も蕎麦の香りがしっかり取れて、美味しかったなあ…

あ、そうそう、その「かけ蕎麦」は290円に値上がりしていましたよ、止むを得ないでしょうな。

コメント