シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

浄閑寺 (投込寺)  (三ノ輪)

2018-06-22 | 古跡巡り

祝㊗️、第7,600番目記事投稿‼️

 

今回

の大台跨ぎは三ノ輪、

というか竜泉北側、苦海吉原に程近い、がキーワード。

この辺りは荒川区南千住と台東区三ノ輪が入り組んでおりますなあ…

 

さて、この浄閑寺さんは別名の方が有名。

吉原遊廓に2年先立つ1655年創建、「〜売女(ばいた:著者注)」という戒名で葬られたのだとか。

 

 

 

明治通りと日光街道、いずれからも北東に一本入ったロケーション。

北には小塚原、まあ恐ろしい来歴の場所が多いエリアでもあります。

 

 

コメント

王子神社/権現

2018-06-13 | 古跡巡り

東京10社の立て看見る度に、こちら未訪問だなぁ、と…

 

何せ実家から歩いて15分位なのに少なくともお参りした記憶無し。

次に出てくる音無川は水遊びで何回となく来ていますから、ひょっとしたら既訪だとは思うんですが…

 

 

王子駅北口からガード下潜って音無川へ。

昔はこの道中に扇屋さんの卵焼きを売るお店があったと記憶していますが、この日は目に止まらず。

そこから神社に直登?、先ずは大鳥居まで一旦出て、

 

冒頭の本殿でお参り、由緒や前述の東京10社パネルなぞ拝見し、

再び駅に向かって降り始めて気がつく大銀杏。

130年代初頭、豊島氏が創建した当時から、という説もあるそうで樹齢700年に垂んとする老木。

大変なものでありました。

コメント

玉姫稲荷神社 (清川)

2018-06-10 | 古跡巡り

明治通り、泪橋交差点の南東に入ったところ。

前から地図では見ていましたが、この日ランチタイムで訪れた商店街から何とか三ノ輪駅まで最短に近い、でも大きな通りを歩いて、の命題の下に鳥居を見ることとなりました。

新田義貞追討祈願で当地に創建されたのだとか。

 

本殿に近付いて…

 

た、立つんだジョー⁉️

 

横にいるのが、丹下段平じゃなくて白木葉子なのが粋じゃないすか🌺

確かにこの辺りは「あしたのジョー」から知られる存在となってきましたよね、御神体として祀られても良さそうな…

 

 

大きな境内、

この日は例大祭直前。

素戔嗚神社もそのようで、この前週の石濱神社に続き下町例大祭ラッシュでありました。

コメント

常盤稲荷神社 (日本橋本町)

2018-05-24 | 古跡巡り

日本橋って旧町名は限定的エリアにして、基本その鎮守がおわしますからうろうろしていると色んな神社に出っくわす訳ですが ^^;

今回はこちら、常盤稲荷。

下に添付の由緒に依ると、1457年太田道灌が江戸城開城の際伏見稲荷を勧請して常盤稲荷を場内に置いた、とあります。

それが当地に移って、今の常盤橋の地名が出来た、となるとかなりのインパクト。

 

 

 

その後一時は日本橋魚河岸内に移転したこともあったようで、水神祭が執り行われ、

そしてそのお祭りは神田明神内の水神社に引き継がれ、

あ、今の築地市場にも水神社遥拝所がありますよね、と続くようです。

この寄進板とでも呼ぶのでしょうか、立派なそれも飲食関係の方々からのものと拝見いたしました。

コメント

浄心寺 (向丘/肴町)

2018-04-05 | 古跡巡り

こんなお寺、本郷通り沿いに

振り返ってみると、東大農学部から向丘2丁目の交差点までの本郷通りってあまり歩いた経験がなく、いつも車。

今回歩いて寺町なんだ、と改めて知りました。

吉祥寺までは行っていません。

 

 

 

「さくら」がキーワードのようで、鱗屑の葬儀場もその名を冠していましたが、

江戸札所十番、徳川家綱の乳母、三沢局の祈願で家綱の時代に創建。

十万石の格式を認められたそうで、以前は塔頭が8つあったそうな。

 

コメント

霊雲寺 (湯島)

2018-03-22 | 古跡巡り

こ、こんなに大きい本堂が…

湯島といえば天神さん、なんであうが、清水坂から少し西側に入ったところにあるこちらをランチ後の散歩の際“発見”しました。

真言宗のお寺、下に添付の由緒に依れば、お寺の名前を冠る宗派の総本山。

1691年、徳川綱吉の創建。

この本堂は昭和51年建設とか。

 

徳川家の祈願所、江戸城の鬼門、北東方向に立てられた。

道を挟んでは親鸞仏教センターの建物があったのですが、あちらは浄土真宗大谷派。

 

兎も角意外な大きさの本堂でありました。

コメント

椙森神社 (日本橋堀留町)

2018-01-07 | 古跡巡り

江戸時代、柳森(近くね、秋葉原駅近い神田川沿い)、烏森(ご存知新橋)と並んで三森の一つとして信仰を集めた、というこちら。

名前は知っていましたが、この日人形町ランチから酔狂にも歩いてアキバに戻ろうと思ったところでの“発見”。

 

 

 

 

今は日本橋七福神の中で恵比寿神を祀るこちらは、

平安時代、平将門鎮定に功のあった藤原秀郷が狐像を奉納したのが由来とされ、

江戸時代には富くじ興行も行われたそうです。

コメント

公時神社 (箱根仙石原)

2017-11-09 | 古跡巡り

祝、第7,100番目記事アップ‼️

 

今回の節目記事は自らの鎮守ご紹介となります。

あ、もちろん現在地では北澤八幡さまなんですけどね…

 

 場所は箱根仙石原、エヴァンゲリオンでは第3新東京市のロケーション。

 

 

 

 

 

 

御祭神はご存知、坂田公時(きんとき)。

金太郎が一般的な書き方になりますが、源頼光の四天王となるとこっちの字。

今はここが金時山への登山口にもなっているので、国道沿いには大きな有料駐車場も出来ています。

 

もう少し仙石原中心部に近いところにも登り口があって、そっちの方が昔は一般的。

最後はご本殿修復の際の寄付した方達を記した石碑。

近しい親戚の名前を幾つか発見致しましたm(_)m

コメント

箱根神社

2017-06-23 | 古跡巡り

祝!!  第6,800番目記事アップ

 

東京生まれ、育ちを標榜するtokyoboy、実はここ箱根が本籍地でして、

恐らく小さい頃お詣りしたのでは、とも思うのですが、

記憶の限りでは初訪問のこちら。

旧社格は国幣小社、とんでも無く高いそれは、箱根権現とも呼ばれました。

 

この年桜の時期に高遠を訪問、その鎮守をお詣りして由来を知り、改めて上述の三社を調べ、チャンスがあったら訪問しようと考えておりました。

その神社、鉾持神社は箱根神社、三嶋大社、伊豆神社(不明、おそらく伊豆山神社)の祭神を勧請して養老年間に創建とありましたから、そこから見ればこの箱根神社は律令政府樹立の頃にはおわしたことになりますが、

六国史や延喜式には名前が見えないそうです。

箱根大神は瓊瓊杵尊、木花咲耶姫、火遠理命の総称。

 

箱根内輪山の1つ、神山がご神体、

そこを横に見る駒ケ岳山頂に元宮があり、だとすればそこは子供の頃訪問済み。

 

湖面レベルから長い階段を上っての本殿。

 周囲の神木、公孫樹はいずれも巨大、格式が見て取れます。

 

九頭龍神社、新宮。

こちらの本社は芦ノ湖に面し、車などでは訪問出来ないロケーションにあります。

NHKニュースでよく出て来る芦ノ湖に浮かんだ鳥居がそこ、ですね。

 

最後は曽我神社、曽我兄弟が祭神。

今回の紹介はここまでで…

 

コメント

芝東照宮

2017-06-12 | 古跡巡り

こんなところに東照宮が…

明らかに日光からの分霊、日光分室的なオフィスもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

神仏分離までは増上寺の一部だったようで、

 

 

 

 

家光公手植えの公孫樹、400年の間に立派な大木に。

最後は銀世界梅林。従前は西新宿東京ガス敷地内にあった梅林が移植された、と言いますから、今のパークハイアットのところ。

そして右手には古墳跡などがあります。

コメント