シモキタのtokyoboy

下北沢に居を構える初老オジのエクスサイズ、呑み歩き、美術館巡りなどの備忘録生活記録ブログ、含む膝蓋骨骨折リハビリ記録。

駒沢給水場: せたがや百景No.25

2015-04-29 | せたがや百景

祝!第4,900番目記事アップ

 

今回の節目は地元、せたがや百景から。

次の5,000番目記事はとんでもない大きい節目、今から仕込まなくては…

 

以前から、東名を戻って、自宅までの”抜け道”途中で気になったことが何回かあるこちら。

今回は車でなくジョギング、しかもカメラをジャージのポッケでしたので撮影適いました。

 

この壁に貼られた説明ではツインタワーだそうな…

旧渋谷町町営、

給水場(現在は給水所)は東京府荏原郡駒澤町字弦巻に作られた。場内に2基の配水塔を設け貯水している。その水位は電動水位計により常に給水場事務所に表示している。配水本管は場内配管末端より伸び遠く渋谷町まで続いている。その起点にベンチュリーメーターを配置し給水量及び水位を記録している。 場内には事務所1棟、公舎3棟を設け、将来さらに配水塔1基増設のための敷地も確保している。ただし、1999年には全ての給水機能を停止している。

だそうな。

 

弦巻の住宅街、結構なスペースでしかも通行をブロックしているので邪魔と言えば邪魔なんですが、近隣の方にとっては貴重な空間かもしれません。

久方振りに、偶然「せたがや百景」を目にしたことになりました。

コメント

第6回世田谷シティロゲイン

2013-07-17 | せたがや百景

Dsc01425

初回のネットでの記事を見て爾来…

興味は持ったものの、しばらく忘れていて、今回第6回目のそれにエントリーすることにした次第

ロゲインとは実はよく知らなかったのですが、まあオリエンテーリングの街中版と理解しました。

何か楽しく走れそうじゃないですか^^


冒頭は、大蔵運動公園でのスタートラインでの様子。

申し込み後渡して頂く、マップとお題(今回は、こじ付け^^;含めて世田谷のパワースポット!)、そしてルートを事前に読み解こうとするところが実は一番楽しかったかな…


Dsc01442 Dsc01434

その当日ですが、例年より早く梅雨明け、けど充分にその湿気が残っている、という”抜群のコンディション”

スタート時点で34.5度という中、一気にスタートしたんですが…


主催者の方の”計画”に嵌ったかな


最初に向かったポイントがまさか東名の跨線橋とは気づかず(って、写真見れば分かることなのにね)、大蔵公園を東名側に一気に下って、その後同じ高さ上がる…

これで心が挫けました

結構な標高ありますし、その後の岡本の急坂も

その後はねえ、実は殆ど歩きであります


Dsc01438

Dsc01440

Dsc01439

この写真は「ホドホド亭」という公式エイドスポット

高知、馬路村のスポーツドリンク他、担当の方々の暖かいホスピタリティに感謝しつつ後にしました


え、結果ですか…


何とか最後にこのポイント、と思った古墳が見付けられず

結果諦めてゴールに向かった時には、もう遅れること確定となり

更にゴールの同じ場所、大蔵公園に戻るのに、世田谷通りを行く、という”微妙な迂回路”を嫌がり、結果的には野川と仙川の間を迷走

大幅な到着遅れが祟って、何と最下位

遅延のペナルティとかの”大きさ”を知らなかったので、は言い訳ですが、イベントとしては大変楽しませて頂きました


主催者の「野川のカルガモ」さん←スポットを上り下りが激しいところに設定される実は”ドS”と知りました^^;、他、ボランティアの皆さん、ありがとうございました

コメント

せたがや梅まつり 2013

2013-02-12 | せたがや百景

Photo 今年で36回目のようです…

毎年恒例、雨さえ降っていなければその初日に伺うことにしております

去年なんか全く開花していない状況だったんですけどね

***************************************


P2090012 P2090010 P2090011

こんな感じで、霜柱が立っていた寒い朝のこの日。

でも、梅は頑張って春、を主張しています

**********************************************


P2090013 P2090014

今年は開幕早々とはいえ、殆どの出展者が初日、朝一、不在


P2090015 P2090016

でも、梅に罪はありましぇん…

頑張って咲き始めました


P2090017 P2090018 P2090019 P2090020

P2090021

「飛び梅」も、こちらに移植されていました…

コメント

羽根木公園 梅開花! 2013

2013-02-06 | せたがや百景

P2030045 「せたがや梅祭り」開催を1週間後に迎える羽根木公園。

今年は前年とは打って変わり、お祭り前から梅が開花しました!


P2030038 P2030039 P2030040 P2030041

ようやく春なんですが、一方では未だ、蕾が膨らんでいる、というのが正しい見方もアリかな…


P2030042 P2030043 P2030044 P2030046 P2030047

次週、梅祭りまでには積雪の予報も出ている東京。

さあ、お祭り開催時にどうなっているでしょうか…

コメント

速報! 世田谷梅祭り 2012

2012-02-04 | せたがや百景

P2040007

余りに寒さが続く中、でも「梅祭り」は開始した、とちょっと意地悪心を持ちながら、今日の初日に羽根木公園に行きました。

この木だけに花が数輪、咲いていました


P2040012 P2040013

ということで、早い木でも、精々こんな感じで蕾が膨らんでいるところまで。


P2040008 P2040009 P2040010 P2040011

こういう感じですから、お祭りそのものの気勢は上がりません^^;

”世田谷区Extension”、川場村からの農産物には少し人がいますが、その他の売店は完全に売り子さんのみ、です…


P2040005 P2040006 P2040014

と、残念なスタートとなった、今年の世田谷梅祭りです。

コメント

神明社例大祭 2011

2011-10-04 | せたがや百景

Dvc00015

,上祖師谷からシモキタに向かってジョギングの際、何回と本ブログで紹介しているこちらの例大祭に出会いました。

この本殿、扉が開いているのを見るのは、こちらにお参り開始した20年弱前からで初めてです。


Dvc00013 Dvc00016

普段を知る身、としては驚くばかりの祭り風景…

え、勿論北澤とか代々木に比べればどうってことはないのですが、元々人気(ひとけ)の無い境内ですから、賑やかな様子だけで常ならぬ雰囲気を感じてしまっているだけです


***********************************************************************

ところで、この神明社、古道ですが今でも細い、交通の難所に位置していますが、今回の”発見”は…

仙川に面しているということでしょう。


Dvc00011 Dvc00012meiwa4nenn

こちらに在った石橋記念碑。

こういった石橋が出来たことを記念する碑は本ブログの対象エリアだけでも多く在ります。

その当時の住民の方の目には、本当に有り難い存在だったのでしょう。

この碑には明和4年(1767年)という建立時期が見て取れます。

コメント

北澤八幡例大祭 2011

2011-09-04 | せたがや百景

P9030020

例年通り、9月第1週挙行された例大祭。

今年は宵宮、お神楽奉納と、各睦の準備風景をご紹介しましょう。


P9030002 P9030007

tokyoboyの地元、四南睦と駅前の…何処かな?


P9030016P9030017 P9030018 P9030019

以上です。

神輿巡行は台風の影響で、突然の雨が気の毒でした…

コメント

今週のジョギング 27-28/08/2011

2011-08-29 | せたがや百景

P8200010 P8200011 P8200012P8200014

今週のサービス・ショットは先週行われた下北沢、阿波踊り開始を待つ街の風景。

え、踊りそのものですか…

金曜、土曜とも夕刻から雨の予報ということで、現場に行くのを避けてしまいました

金曜は大変だったでしょうね、土曜は何とか持っていたな


************************

P8200013

更なるサービスショットはその一番街に新たに登場した”生煎=焼き小龍包”のお店。

今盛りの人気なんでしょうが、雨後の竹の子のように各地、繁華街に店が出来上がります。

熱いスープが飛び出す焼き立てじゃないと美味しくないし、だけどその近辺に食べるところ少ないし、だと思うんですけどね、東京の盛り場って…

イートイン・スペースも少しあるみたいですが、どうなりますでしょう?

tokyoboy、実は10年近く前から上海でこれを頂いて以来の”隠れファン”なので、嬉しい限りではあるんですが、でも街で見掛けても、朝の散歩→屋台で購入→ホテルの部屋に帰って頂く、という一連の流れあっての物種?なのかも知れません。


*****************************

さて、長い前置きでしたが、今週土曜の天気予報、前夜の段階で早朝を除いて雨でした。

ということで、早起きしたら直ぐに飛び出そうと心に決め、実際5時半に家を出たんですよ。

コースは代々木公園、表参道、246、宮益坂、本店通り、松濤と回る10㎞弱。

渋谷駅前を通るこのルートは、なかなかに素敵なのですが、やはりこんな時間でないと走れません…

朝帰りの人たちを抜きながら走りましたとさ。で、結局終日天気は持ち、何となく気怠い、目が重い1日となりました^^;

夜行ったシンポジウム、ちょっと眠かったのは内緒の話で。

翌日は実家、「船の科学館」、ジムにて週末終了。

コメント

九品仏、お面被り(おめんかぶり) 2011 詳報

2011-08-21 | せたがや百景

P8160002 P8160003

既に速報は報告してますので、今回は落ち着いて… ご報告

九品仏駅からの参道はもう直ぐ第一回目のおめんかぶりが始まるということで大変な人込み。


P8160005 P8160006 P8160007 P8160008

参道入り口付近の閻魔堂では、今日恐らくお忙しい閻魔様に音楽が奏上されています。

そして、山門上の仏様も今日は開陳です。


P8160009 P8160010 P8160011 P8160012

成る程、これが本堂と上品堂を結ぶ木の橋、なんですね。

真ん中には南無妙法蓮華行と書かれた木が…


P8160013 P8160014 P8160015 P8160016 P8160017 P8160018_2 P8160019

先ず第一回目の「お渡り」は上品堂から本堂。

すなわち、あの世から現世に向かって菩薩様が迎えに行くところから始まります。




P8160021 P8160022 P8160023 P8160024 P8160025 P8160026 P8160027 P8160028

そして、二十五菩薩最後のお地蔵様が登場です。


P8160029 P8160030

お地蔵様の娑婆、本堂到着で第一回目の渡り、終了です。


P8160031 P8160032 P8160033 P8160034

さあ、2回目。

今度は娑婆、本堂から亡くなられた方をあの世にお連れする回となります。



P8160035 P8160036 P8160037 P8160038

今度は菩薩様に続き、僧侶団も亡くなられた方にお供します。


P8160039 P8160040 P8160040_2 P8160042 P8160043

そして、可愛らしいお稚児さん達登場。

周りの方々はお子さんに付き添いのお母さん方がメイン・キャラと理解していました。

 

現在の九品仏近辺でお子さんを育てられる環境を得られるのは、確かに婚活戦争の勝者かも知れません…


さて、三回目

今度は冥土に居てはいけない生きた人びとが現世に戻ります。

P8160053 P8160054 P8160055P8160056_2P8160057_2P8160058

先ずはお稚児さん軍団から再登場。

ここまでで、お母さんの力もこれあり、可愛らしさ振り回しています


P8160059 P8160060 P8160061P8160063

で、続くは雅楽隊と住職さん。

また、初代、開山された方の像も続きます。


P8160064 P8160065 P8160066 P8160067

そして、住職による「南無阿弥陀仏」10回の読経に続いて、


菩薩役を演じた、現世に属する?皆さん。

93歳から20歳までの方々だったそうです。


これにて2011おめんかぶり、一回目の終了です。


********************(付録)

鷺草2011

P8160045 P8160046

この時期ということもあり、たった2輪だけ咲き残っていました。


***************************(付録2)

上品堂の様子

P8160048

P8160052 P8160068  P8160069

こちらの菩薩様は皆青い髪の毛なんですね…

コメント

速報! 九品仏おめんかぶり 2011

2011-08-16 | せたがや百景

P8160020

昨年の記事で3年振りの今年、今日8月16日に「おめんかぶり」という祭りがあると報告しました。


P8160001 P8160004

で、ここ数日その記事へのヒットが増えてきたのですが、私も1年前に宣言した通りお邪魔してきました。

正式な名称は二十五菩薩来迎会。

凄い人出でした。


**************

詳細は後程。

取り合えず、今日のスターを…

P8160055 P8160057

「泣く子と地頭には勝てぬ」ってね。

可愛かったですよ

コメント