日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

4月25日 ゼミ後半

2018-04-25 17:50:00 | 2018年度
こんにちは。

3年の大浜です。
皆さんお待ちかね!の「東京パフォーマンス」本番です。
写真がたっぷりあるので、当日の雰囲気を楽しんでいただけたらなと思います!


発表する5チームのメンバー

1チーム目は『チーム〇〇』。「こんな東京人は嫌だ」という寸劇です。


すれ違う時に反復横跳びをして避ける東京人


歩きスマホならぬ、歩きノートパソコンをする東京人

街中でこんな怪しい東京人に会ったら、目を合わさずにそっとやり過ごしたい。

最後にはなんと、あの伝説の男が登場!


雄たけびを上げるサンシャイン原田

昨年度のゼミ合宿の罰ゲームで初披露され、一躍時の人となったサンシャイン原田。
原田君は合宿でのパフォーマンスを振り返り、さらに芸に工夫を凝らしたそうです。ストイック!
教室の空気もだいぶ温まりました。

続いて2番手は『Eチーム』の、「東京大喜利コーナー」!
東京に関する写真やお題が出されます。


セーラー服おじさんの写真を前に、回答を考える村井君と塩野君


塩野君の回答


園木さんの回答


「最近オカンやたらオリンピック感出してくるなぁ 何をした??」に対する
村井君の回答

急遽3人でのパフォーマンスでしたが、2人の回答者以外にも周りで見ていたゼミ生たちが加わって
面白い回答を連発していたので、とても楽しかったです!

さてさて、続いて3チーム目は『長谷川くん大好き倶楽部』です。
我らが後藤ゼミのゼミ長である長谷川さんの、壮絶な半生を描いた「長谷川上京びんびん物語」を上映します!


大好き倶楽部ナレーター陣


「待ってろ東京、俺がぶっ潰してやる」と息巻き、実家を後にする長谷川氏。


「人がいっぱいなのにみんな俺を見てくれない!」


歌舞伎町のガールズバーに大興奮の長谷川氏。


夢破れ、実家に帰る決意を固める長谷川氏。

長谷川さんにこんな過去があったのかと驚きでしたが(嘘)、地方に住んでいる人にとって東京は、
何かあこがれを抱かせるような大きな魅力を持っているよなーと感じました。
僕たちは東京の何に魅力を感じ、東京にあこがれるのでしょうか。

いよいよ終盤、4チーム目は『水曜日の510ゼミ』です!
彼らが唱えるのは「後藤研究室 裏で世界を操っている説」です。


以前からその関係がうわさされていた、後藤ゼミと世界最大の秘密結社「フリーメイソン」。
ついに検証のメスが入ります。


GOTO KENKYUSITUのSとFREE MASONのSが見事に一致


研究室の冷蔵庫とフリーメイソンのマークが一致!?


さまざまな物的証拠が続々と発見されてゆく


巧みな話術で聴衆を引き込む水曜日の510ゼミメンバー

まさか後藤ゼミとフリーメイソンにこれほどの共通点があるとは!
もしかしたら僕たちも後藤先生の手のひらで踊らされているのかもしれません…

最後は『東京05』によるコントです!
元ネタはお笑いトリオ、東京03のネタです。


サッカー日本代表戦後の深夜の渋谷が舞台


絶対に試合結果を聞きたくないサラリーマン(長岐君)と、どうしてもしゃべりたいサポーター(山下君)の駆け引き

コントの後は、倉持・岩切ペアのスーパーイリュージョン!


「コーラを一気飲みした後、ゲップをせずに東京23区の名前をすべて言い切る」と宣言する倉持さん


煽る岩切君


達成ならず。突っ込まれる倉持さん

コントでサポーターを演じた身としては、表情や動作をオーバーにするのが難しかったです。
しかし、誰かを演ずるという経験が初めてだったので、新鮮で楽しかったです。


最後に後藤先生からの講評と、感想発表・議論

「原田君がなぜあんなに面白く見えたのか?」という後藤先生の問いかけに、議論が盛り上がりました。
自分自身を他者にさらけ出すことで、相手も素直な反応を返してくれるし、なにより自分自身が変わっていく。
その良い例を原田君が示してくれました。
これから様々な局面で勇気をもって1歩を踏み出さなければならない時が来ると思います。
誰しも不安を感じるでしょうが、1歩を踏み出して自分が変わった経験がある人は
臆することなく飛び込んでいけるのではないでしょうか。
僕もゼミ内でもっと自分をさらけ出していきたいです。

今日のパフォーマンスはスライドを使って発表するチームがあれば、積極的に観衆を巻き込むチームもあり、寸劇やコントもありと
バラエティーに富んでいて面白かったです。ゼミ生間の距離も少し縮まったかな…?

それでは、入ゼミ生歓迎コンパに続きます!!

文責:大浜匠(2018年度3年ゼミ生)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4月25日 ゼミ前半 | トップ | 4月25 日 入ゼミ生歓迎ゼミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年度」カテゴリの最新記事