日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

5月23日 ゼミ前半

2018-05-23 16:10:00 | 2018年度
みなさん、はじめまして。

後藤ゼミ3年の後田(うしろだ)です。

本日のゼミの内容は朝日新聞&後藤ゼミコラボ展での展示作品の検討です。

まず、授業冒頭に510日に行われた東京探検団 JR一筆書きの旅に関しての振り返りをしました。


後藤先生の話を聞くゼミ生

後藤先生はこの一筆書きの旅は、「とても面白く多くの発見がありいろんなものを知ることが出来た。来年もぜひやりたい。」とおっしゃってました。

また、春のゼミ会についても、「多くの卒業生が来てくれたので楽しく、非常に有意義な時間をすごせた」とコメント。

卒業生のみなさん、来年もお時間があればぜひいらしてください!

ここで今回の本題です。

ゼミ前半は、春休みにゼミ生で行った課題を振り返りながら授業を進めました。


写真を振り返る後藤先生とスクリーンを見ているゼミ生

写真の関係性を見つけながら発言していきました


長谷川君の発言。しっかりとメモを取っている村井君(手前)


後藤先生の質問に答える大浜君(左奥)


後藤先生の質問に答える倉持君(正面奥)


前半はここまでです。

春休みに行った課題を振り返ると、同じような組み合わせもありまた逆に見たことのない組み合わせもあり、議論も活発になりました。

続きは後半へ続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5月12日 ゴトウ日 | トップ | 5月23日 ゼミ後半 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年度」カテゴリの最新記事