日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

12月7日 ゼミ前半

2017-12-07 16:00:00 | 2017年度

こんにちは。ゼミ4年の佐々木です。
卒論の提出が一月後に迫り、焦りが増してきています。
それと同時に卒業が迫り、寂しさを日々感じております。
できることなら、ずっと大学生やってたいですね。

今日のゼミは卒業論文の最終報告の前半戦を行いました。
本日の前半はゼミ長の本多君、副ゼミ長の鈴村さん、阿部君が報告を行いました。


(最終報告をする本多君)

まず初めに本多君。トップバッターでの報告ということもあり重々しい空気の中報告から質疑応答までをこなしました。私自身もその空気に飲み込まれてしまい、議論を誘発するような意見を言えなかったことは反省しています。


(本多君の報告を聞くゼミ生)

次に鈴村さん。まだまだ重い空気でしたが、少しずつ意見なども出て、後藤ゼミらしくなってまいりました。

ここまでの2人の報告について先生は全く納得がいかないようで厳しい言葉が飛び出しますが、本多君、鈴村さんとも真剣に聞き、メモを取り、改善しようとする意欲が見え良かったのではないかと思います。

次に報告をしてくれたのは、阿部君。ここで少し空気が変わります。アンケート、インタビューなどをしっかりと行っており、レジュメにもしっかりと構成ができていたこともあり、イメージもしやすく、見本になるような報告をしてくれました。


(阿部君)

こんな感じで本日の前半は終了しました。
私の報告は来週なので今日の報告者の良いところは真似し、悪いところは改善するような、最高のレジュメを持参し、最高の最終報告をしたいと思います。

文責:佐々木英哉(2017年度ゼミ生)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ソシオフェスタ6日目(11月19... | トップ | 12月7日 ゼミ後半 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017年度」カテゴリの最新記事