日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

7月11日 春山チーム

2018-07-11 18:00:00 | 2018年度

後藤ゼミ3年の大浜です。

 

毎日暑いですね。

毎朝最寄り駅に向かう途中の家にいる番犬も、いつもなら威勢よく吠えかかってくるのですが、

この気温のせいかここ数日は地面にへたり込んだままピクリとも動きません。

犬にも熱中症とかあるんでしょうか。

 

さて、我々春山チームはいつものように社会学科PC室に集まりました。

春山チームの面々(左列)とゼミ長の長谷川氏

 

長谷川さんは長谷川チームのリーダーであるにも関わらず、他チームにも「何か困ってることはない?」と話しかけてくれるので、

とても心強いです。

 

パソコンに向かう春山チーム(手前から岩切、菊池、春山)

 

フィールドワークに向かった長谷川チームを見送り、春山チームも作業再開。

今年のメインプロジェクトは朝日新聞社夕刊不定期連載「Photostory」とのコラボレーションということで、

後藤ゼミの過去作品と朝日新聞社の写真を2つ並べ、共通点や相違点、写真を対比させることによる面白さなどを考え、

言語化しなければなりません。

フィールドワークに先立ち、調査研究の方法やアポイントのとり方などを吟味していきます。

 

リラックスした表情のメンバー

 

PC室ではほとんどの時間パソコンに向かっていたため、構図がほぼ同じになってしまいました。

調査対象者にメールでアポイントを取ったり、写真の対比から社会学的な分析をおこなったりと、

各自のやるべき作業をこなしました。

 

フィールドワーク中に撮影した公衆電話

 

公衆電話がずらっと並んでいるさまが印象的な、1998年の過去作品が撮影された現場です。

手前の公衆電話は国内通話用、奥の公衆電話は国際通話ができるタイプのもの。

いかにも必要最低限しか置いていないという風で、20年という時の流れを感じます。

 

文責:大浜匠(2018年度3年ゼミ生)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月11日 園木チーム | トップ | 7月12日 毛チーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年度」カテゴリの最新記事