日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

7月12日 原宿TW

2009-07-12 18:00:00 | 2009年度
さあ、前期のTWも今回の原宿で早5回目を迎えました。

今回は、OBの若宮さんを含むゼミ生14人(欠席2名)
で行ってきました。
後藤先生は皆に惜しまれながらの不参加でした。

今回原宿をTWする目的は、
「ファストファッションとラグジュアリーファッション」
が、ここ原宿でどのように交わっているのかということを
肌で感じようということでした。

では出発です!
PM15:00にJR原宿駅竹下口に集合した我々はまず、
竹下通りに向かいました。


↑凄い人出の竹下通り。さすが日曜日ですね。


↑長蛇の列を作っていたマリオンクレープ。良い匂いがしますね!

15分ほどかけて竹下通りを歩きました。
やはり、竹下通りは若年層の割合が圧倒的に多かったですね。
しかし、いつ来ても竹下は個性豊かな通りです。

さて、次に竹下通りを抜けて明治通りに出ました。
明治通りと言えば、H&MやForever21といった
今流行のファストファッションの
お店が数多く軒を連ねている通りです。


↑明治通りへ出たすぐの所で何やら撮影をしていたドイツ人の方々。

彼らに「何をやっているの?」と聞いたところ、
PV(プロモーションビデオ)を撮っていると教えてくれました。
個人的に感じたことですが、
ここ最近原宿を訪れる外国人観光客がかなり増えた気がします。

さて、ここでようやくファストファッションのお店が目の前に。


↑今話題沸騰のForever21です!
さすが外国発ということで建物自体が派手派手というか、
同じファストファッションのユニクロの店舗の外観とは大きく違いました。

案の定入場規制が敷かれており、
警備員さんが大分イライラしている様子でした。
少しばかり待った我々は店内へ!


↑Forever21にある小物売り場で真剣に商品を見定める
ゼミ生4年の猿谷さんと同じくゼミ生3年の中川さん。
良いものありましたか?

Forever21を出た一行が向かったのは
すぐ隣りにあるスウェーデン発のH&Mへ!
ここで意外な光景が目の前に。
なんと、なんと、全く混んでいないではありませんかH&M!!
やはり人は新しいもの好きなのでしょうか。
多くの人がH&Mではなく、Forever21に流れていました。

その後は、「Collectpoint」(複数のカジュアルブランドが同じ屋根の下に出店)
へ行ったり、ユニクロのオリジナルTシャツのみを販売している「UTショップ」へ行くなどし、
明治通り沿いのファストファッション店を一通り回りました。

原宿駅を出発して、約2時間が経過したところで
今度は明治通りを離れて、ラグジュアリーファッションが
たくさん立ち並ぶ、青山通りを歩くことに。


↑ここでOBの若宮さんが帰られるということで、
お言葉をいただきました!
若宮さん、ありがとうございました。


↑青山通りを歩く後藤ゼミ一行

青山通りには、表参道ヒルズを始め
ヴィトンやプラダといったブランド店が多いです。
我々は今回表参道ヒルズを中心に回ることに!

↑表参道ヒルズ内にある飲食店のクレープの値段。
なんと2700円。
竹下通りのクレープと何が違うのでしょうか。

表参道ヒルズを歩いているとやはり、
ファストファッションの多い明治通りとは違い、
青山通りは商品の価格帯が違うなと感じさせられました。

そして、今回ヴィトンの前で面白い光景を目にしました。
Forever21の袋を持った人が確認できただけで10人程度店に入っていきました。
これが、ファストファッションとラグジュアリーファッション
が交わる、ということなのかと感じました。

そんなことを感じていたところ、
解散時間が近づいてきてしまいました。
ということでPM18:00前に表参道ヒルズの
前で解散しました!
皆さんお疲れ様でした。

今回原宿を歩いてみて個人的に強く感じたことは、

・青山通りと明治通りを歩く人にはやはり違いが見られる。
 (違い=特に年齢層)

ということでした。
しかし、原宿は面白い街です!
皆さんも是非ファッションで盛り上がる原宿に
行ってみて下さい!

文責:池田遼太郎(2009年度3年ゼミ生)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月6日後藤ゼミ(後半) | トップ | 2009年7月13日 前期最終日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2009年度」カテゴリの最新記事