日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

6月25日 Cチームフィールドワーク

2019-06-25 21:00:00 | 2019年度
皆さまこんにちは。

後藤ゼミ3年の高橋です。今回初めてのブログを書くこととなりました。文章を書くのが苦手なのですが皆さまに伝えられるよう頑張ります。なので、大目に見ていたただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

私たちCチームのテーマは「東京観光の最前線」です。チーム4人みんなでお台場にてフィールドワークをし、前回後藤先生に指摘されたことなどをふまえて調査をしてきました。

フィールドワークの話をする前に、フィールドワークが始まる前に偶然な出来事があったのでその話からいきたいと思います。18時30分に私たちは集合したのですが、私は少し早く着いてしまい改札前で待っていました。すると突然、外国人夫婦が画像を私に見せながら話しかけてきたのです。「ここはどこにありますか」と。その見せてきた画像はなんと、レインボーブリッジと屋形船が写っている夜景の画像でした。今まさに私たちが調査している場所だったのです。なのですぐに答えることができました。やはり夜景を目的に外国人観光客はお台場に来るのだなと思いました。

では本題に入りたいと思います。今回は屋形船がどのくらい停留しているか、海辺にどのような人が来ているか、何をしているのかなど調査してきました。


19時頃の屋形船の様子

19時30分頃が1番多く屋形船が停留しており、その数14隻。そして停留時間を測りましたが、短くて約40分、長くて約1時間20分でした。同じ屋形船でも小さいものやその倍あるもの、赤く光っているのものや青く光っているものなど色々な種類がありました。


海辺から見える夜景

この日は平日でしたが、海辺には多くの人がおり8割がカップルでした。他には1人で来ている人や友達とお酒を飲みながら語っているという感じでした。多くの人が夜景をバックに写真を撮っていました。明かりが少ないので夜景がさらに映えてとてもきれいです。


自由の女神の周辺にも外国人観光客がたくさん


アクアシティの台場駅側にも外国人観光客がたくさん

とにかく夜景が見える場所には多くの観光客がおり、夜景をバックに写真を撮っていました。


アクアシティの3階の外からの景色

上から見るとさらにきれいに夜景が見れて、レインボーブリッジの後ろには東京タワーも。今回で3回目ですが何度見ても飽きない美しさだなと思いました。

文責:高橋海菜美(2019年度3年ゼミ生)



コメント   この記事についてブログを書く
« 6月25日 Bチームフィールド... | トップ | 6月22日&26日 Aチームフィー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019年度」カテゴリの最新記事