日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

7月23日 ゼミ前半

2019-07-23 14:30:00 | 2019年度

 

みなさまこんにちは、後藤ゼミ4年の佐藤です。

7月23日のゼミの前半の模様をお届け致します。

 

 

ゼミが始まる直前の様子。

今回はキャプションの準備がないためのんびりとしているゼミ生達。

 

今回は前期最後のゼミ、次にゼミ生が集まるのは9月14~16日の合宿になります。

そのため今回は合宿についての議論、後期に進めていく桜麗祭で展示する作品についての議論がされました。

 

合宿についての議論では、合宿のしおり作成や合宿中に行うイベントの企画等ゼミ生が主体となって進める仕事について話し合いました。

本来はゼミが始まる前に決めておくべきことも話し合うことがありました。

夏休みを目前にして既に気分がゼミから離れていたのかもしれません。

 

指摘をする後藤先生と目で何かをこちらに語り掛ける大浜

 

桜麗祭にて展示する、過去作品をまとめる1~30のテーマ

これまでに後藤ゼミで作品にしたものの中から共通性のあるものがテーマごとに分類されています

 

次に議論は桜麗祭にて展示するテーマ選びへ移りました。

 

今年の写真で語る東京の社会学展は桜麗祭にて展示をし、展示内容は前期のゼミで進めていた新規作品5作品と、

この1~30の中から選ばれたテーマになります。

 

どのテーマが桜麗祭で展示するのに適切か議論していきましたが、

ゼミ前半の時間内では4年がそれぞれ意見を言ったところで終わってしまいました。

ゼミの後半にも続けて議論がなされます。

 

文責:佐藤建(2019年度4年ゼミ生)

コメント   この記事についてブログを書く
« 7月16日  ゼミ後半 | トップ | 7月23日 ゼミ後半 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019年度」カテゴリの最新記事