イケタクの「日本を世界に誇れる美しい国・誇りある国にする」日記

世界に誇れる素晴らしい国である日本を周辺諸国と反日日本人から護るためのブログです!

官僚と知事の女性蔑視問題に見るマスコミ報道

2018-04-20 07:47:31 | メディア

昨年来、マスコミの報道の低レベル化に加速がかかり、もはや既成メディアは見るに値しないものに落ち果てているが、それでもネットが不得手の世代や大手を信じるブランド志向の人たちにとって、未だ地上波テレビや大手新聞の報道は「真実」になってしまうから質が悪い。

今回の財務官僚のセクハラ発言と新潟県知事の買春事件。これに出会い系バーに頻繁に通っていた前川元事務次官も含め、これらの人物に共通するのは女性を制の対象としか見ていないことである。
共に女性蔑視から来るものではあるが、根っこは同じかもしれないが本質は異なる。

まず福田次官のセクハラ発言はもちろん大いに問題だし、恐らく平素から酔うとこのような言動をしていたのだろ。正直言って良くいる「上司」だ。
記者がセクハラとして精神的なショックを訴えれば、民事裁判に発展しかねないものであり、言語道断である。

しかし米山新潟県知事と前川事務次官の場合は違う。
これは買春と言う犯罪である。
この二人の中でも、米山氏は既に金銭の受け渡しを認めており、これが犯罪になるのかどうかは法律家ではないので分からないが、未成年ではないから良いとは言うものではなく、「立派な」として犯罪行為である。
前川氏はあくまで「貧困の実体を見るため」などと寝ぼけた発言をしており、買春の事実が出る可能性も少ないの立件されることもなく逃げ切りだろう。

しかも前川氏に関しては反安倍、反日のメディアや団体を中心に仕事の依頼が殺到しているというから、つくずく日本のメディアはアホで、そしてこれこそ日本社会の女性蔑視の表れではないか。
前川氏を立派な人物などと平気で発言する政治家や政治家OBこそが女性差別の際たるものであることをしっかりメディアも報道し、国民も理解すべきである。

このようにこの件に関するメディアの報道姿勢は明らかに不平等である。
もちろん政権に打撃のある財務官僚の事件の方がニュースバリューはあるのだろうが、これが米山知事ではなく保守派の知事だったらどうであろうか。
中田元横浜市長の時を思い出す。
あれは完全のでっち上げであったが、ハレンチ市長などとあることないこと報道し失脚に追い込んだ。

米山氏はバリバリの売国奴で、しかも目立ちたがり屋だから松井大阪府知事などにやたら噛みついていた「問題児」であった。
しかし保守派に噛みつく人物として朝日や毎日など売国メディアにとっては都合の良い使い勝手の良い知事だった。

推薦した共産党や民進党などにとっても、やたら任命責任を安倍首相に追及する手前、こんな買春を行う知事を推薦したことが大きく報道されては困るから、必死に財務省の問題ばかりを左翼は報じる。
つまり報道に平等などないのである。

私は事実でさえあれば、そさほど報道に平等は求めない。
NHKは別だが、他のメディアは特徴があっても良いと思う。
しかし左翼系メディアは希望的推論を事実として報道し、しかも他のニュースそっちのけで繰り返し報道するから、極力平等を維持しようとする保守系のメディアは押し負けてしまう。
更にNHKが国営放送とは思えないほど反日ぶりを発揮するから、ネットに疎い世代は安倍政権がとんでもない政権に見えてしまうだろう。

今回のセクハラ、買春問題は、今後日本の社会が国際的にも平等な社会として認められるか大きなターニングポイントである。
そして女性が本当に活躍できる社会になるためにもしっかり処罰を行うべき事案であろう。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴルフ外交を批判する阿呆マ... | トップ | 安倍外交の成果を無視する野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メディア」カテゴリの最新記事