イケタクの「日本を世界に誇れる美しい国・誇りある国にする」日記

世界に誇れる素晴らしい国である日本を周辺諸国と反日日本人から護るためのブログです!

マスコミは職場放棄の野党こそ糾弾せよ

2018-04-25 12:00:00 | 国政


大阪の吉村市長は自らのTwitterで野党を痛烈に批判した。
「サボりだよ、全員集合!今朝、生活保護の関係法案で参考人として国会に出席しました。維新以外の野党も法案を提出してる案件。生活保護に関する法案は重要案件だよ。なんで、国会議員がいないの?いい加減、日程や審議拒否を人質にとって、政治するのやめてくれないかな。国会議員の本分の仕事してよ。」

まさにその通りである。
不正の追及は確かに重要ではあるが、国会議員の本分ではない。
国会議員の職務は、中学生の社会科で誰もが習った通り立法である。
確かに日本は途上国ではなく先進国である。
だからと言ってこのスピードの速い時代に、急務の法案がないはずがない。
それを全く審議にも応じず政権批判と官僚批判を繰り返しているとは国会議員の資格がない。

財務省の文書改ざんは既に証人喚問で全く無能ぶりを野党が露呈し、大阪地検が佐川氏を任意聴取した時点で国会の役割は終わった。
官僚の不祥事で大臣が辞める必要などないから、この件は国会では終了。
野党はこれ以上騒ぐなら税金返せ!

そして次官のセクハラに関しては、その抗議のために国会を欠席するなど許されることなのか。
自民党の長尾氏の発言は問題ではあるが、言いたい気持ちは痛いほどわかる。
抗議しているメンバーは福島瑞穂氏や柚木氏など恒例のぱパフォーマンス議員達。
有権者もいい加減こんなアホは落選させるべきではないか。

野党や売国マスコミの主張である政権に不信があるから論議に入れないは本当に正しいのか。
官僚の不祥事で大臣は本当に辞めるべきなのか。

事の真相も分からず、国会議員の責務も理解していないマスコミや野党議員に騙されて政権批判をしている国民も大いに問題だと思う。
周辺諸国は物凄いスピードで動いている。

北朝鮮の動きは目が離せないし、中国はいつ攻め込んでくるか分からない。
拉致被害者の救出は急務だし、北方領土も返還の見込みがない。

更に消費税が増税された時の景気、東京五輪後の景気、そして少子化。
国内にも問題は山積で早急に多くの制度や法律を整備する必要がある。

その時に、法律を作る議論もすることを拒絶する国会議員を許してよいのだろうか。
現に多くの国民は野党にあきれ果て、反安倍は広がっても野党の支持はむしろ下がっている。

目の覚めないパフォーマンス政治家たち。
サボりはいい加減にしろと言いたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲政史上に残る詐欺集団「希望の党」を許すな!

2018-04-25 07:47:07 | 政局


民進党と希望の党の合流が決まった。
時期は5月の連休明けになる見通し。
党名は「国民民主党」
この党名を見た時は、思わず噴き出したが、この政党をそんなに簡単に容認してはならない。

昨年の衆院選前。
選挙での苦戦が予想された民進党は、小池人気に頼り全員で理念も政策も異なる小池都知事に擦り寄ることを決定。
あっさり解党を決めた。
今ではきれいごとを言っている枝野氏も菅直人元首相も岡田克也氏もこの方針に同意した。

ところが政策の一致がなければ合流を認めないという、極めて当然の小池氏の方針に反発し左翼議員たちは立憲民主党なる55年体制における社会党のような政党を設立した。
この政党の思想や性悪は極めて危険で嫌悪と吐き気を催すが、それでも選挙前に旗をたて立ち上げているから、その意味では有権者を騙してはいない。

ところが希望の党は違う。
自民党に代わる保守政党と言う期待を込めて投票した多くの有権者を裏切った。
しかも1年も経過せずにだ。

選挙後の離党や集合離散は場合によっては止むを得ないケースもあるが、少なくても1年以上は経過していることが最低限の国民に対するモラルである。
それをさも当然のように「反安倍」のために一致する必要があるなどと寝ぼけたことを言い放って野合するなど絶対に許されるべきではない。

今の野党は反安倍と言えば何でも許されると思っているが、多くの国民はそうは思っていない。
既に高齢層しか購読していない既成マスコミの世論調査でも30%以上は安倍首相を支持しており、野党の支持は20%に満たない。
これが若年層を中心としたネットでの調査になれば、大きく差は開き野党の間抜けぶりは日を追うごとに露呈している。

そんな中で、今回の詐欺行為による野合が期待されるはずもない。
獣医学会の親玉でありながら、国会で平気で岩盤規制の厳守を主張する玉木某とかいう希望の党の代表は元々人間的にも信用できないと思っていたから、今更何とも思わないが、保守を標榜し、しかも新党を初期から主導した人物が平気で民進党に返る神経が分からない。

細野豪志氏は既に不参加を表明しているが、前原誠司氏や長島昭久氏は何の動きもないところを見ると、どんな顔をして民進党に戻るのだろうか。
それが平気なのが政治家と言うなら、日本の政治家はいつになっても国民に信用されるはずがない。

今回、有権者を騙し裏切った希望の党の連中を絶対に許してはならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国財閥社会の闇

2018-04-24 06:13:55 | 国際

大韓航空の趙亮鎬会長は、長女と次女を経営陣から外すと発表した。
長女は顧客そっちのけで機内で客室乗務員を罵倒し出発を後らせた「ナッツ姫」で次女は使用人を罵倒し水をかけたとされる。
共にわがまま放題で育った世間知らずの二人だが、これこそ韓国社会の闇である。

韓国は未だに財閥が社会の大きな中枢となっている。

経済は凋落したとはいえ、財閥の力はある意味で、大統領より強いと言って良いかもしれない。
サムスン、現代、ロッテなど数社が経済を牛耳り、それ以外の会社では給与も少ないし尊敬を得られない。
戦前の日本の財閥と同じだが、21世紀にまだそのような社会が民主主義国家であることが驚きである。

大韓航空はこの一族が密輸を行っているという報道がなされたことから、慌ててこの姉妹を経営から外した。
ロッテも創業家一族が逮捕されるなどこの仕組みは、もはや成り立たないほど腐敗している。
政治家との癒着もひどく、財閥解体をしたいところであるが、あまりに強い力を持っていて、大統領といえども手を付けられない。

韓国は大統領経験者が次々に逮捕されるなど、現代とは思えない報復社会である。
財閥支配の経済も同様で、中々世界のトップ入りができない原因はこのあたりにある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

騙されてはいけない北の核廃棄

2018-04-22 07:35:37 | 教育


北朝鮮は実験場廃棄と大陸間弾道ミサイル発射実験中止を発表した。
ナイーブな日本のメディアは北朝鮮が変わったと嬉々として報道しているが、何度騙されれば気が済むのか。

北朝鮮は90年にクリントンを手玉に取り巨額の経済援助を得て軍拡にまい進した。
そして2000年代に入り、日本には拉致被害者の一部を返し韓国の政権が無能なのを良いことに、ここでも世界を騙し資金をねん出させ核兵器を開発した。

今回のトランプは一筋縄ではいかないと見ての「大げさ」な軍拡路線中止の発表であろうが、この発表を真に受けるわけにはいかない。
トランプも日本の安倍首相も今のところ制裁は弱めないとして、信用していない姿勢を維持しているが、韓国の文政権は早くも制裁解除に前のめりだし、中露も日米とは違った姿勢を取りたいことから、早晩制裁包囲網は崩れると思われる。
そうなると金正恩の思うつぼである。

ここは日米ががっちり主導権を握って絶対に譲らない姿勢を示すことだ。
もちろん査察も受け入れ、継続して開発がないか注視する必要がある。

恐らく強硬なトランプは再選がなく、安倍首相も早晩腰抜けの総理に変わるだろうと見ているのだろう。
そこまでの時間稼せぎであることは明白だ。

北朝鮮に言うことは詐欺師の言うことである。
絶対に信じてはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍外交の成果を無視する野党とマスコミ

2018-04-21 07:50:35 | 外交


安倍首相がアメリカを訪問しと卵胞大統領と会談した。
共同記者会見ではトランプから北朝鮮拉致被害者奪還の決意のコメントも出された。
これまでアメリカの大統領からここまで踏み込んだ発言を引き出した首相はいるだろうか。

普通の国であれば、少なくても北朝鮮が拉致を認めそれでも被害者を戻さない時点で軍隊が進出し被害者を奪還する。
それを野党や左翼マスコミのアホどもができないように法律と偏向報道で雁字搦めにするから、一向に被害者の方にもその家族の方にも平穏は訪れない。
であれば、それができる友好国に頼むしかない。
それがアメリカである。

従米などと揶揄する左翼メディアや野党のことな無視すればよい。
日本国、日本国民にとって最も重要で早急に行わなければならないのは、働き方改革でも消費増税でもなく、ましてやモリカケなどではなく、北朝鮮拉致被害者の救出である。
そのためなら、トランプに土下座をしても協力してもらうのが一国のリーダーである。

それにしても日本のマスコミと野党は本当に狂っている。
何の罪もない同胞が未だに苦しんでいる中で、その救出に尽力している首相を応援するどころか、その外交姿勢を批判しているのである。
これだから万年野党と売国奴は困る。

ニュースを見ていても財務次官のセクハラ問題にデモを行ってパフォーマンスを繰り返す野党議員を見ると腹が立つし情けなくなる。
あれが国会議員の仕事なのか。

世界は日々動いている中で、あのような国家議員の姿を次の選挙まで国民は忘れてはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加