東京流行通訊

東京に暮らす中国人が見た、リアルタイムのこの国のすべて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄国際映画祭閉幕 義援金を被災地へ

2011-04-01 16:25:14 | 星:芸能・ドラマ・音楽

第3回沖縄国際映画祭が、宜野湾市などで3月18日から27日まで10日間開催された。この映画祭は、「Yell, Laugh & Peace」をテーマに、東北地方太平洋沖地震被災者へのチャリティーを目的としておこなわれ、映画監督、俳優や吉本興業所属の550人あまりものお笑い芸人たちが集い、トークショーやチャリティーライヴなどが様々な企画が催された。

最終日の27日には、クロージングセレモニーが行なわれ、各コンペティション部門の受賞作品が発表された。「Laugh部門 海人(うみんちゅ)賞グランプリ」は、一般審査員からの圧倒的な支持を受けて、初恋を題材にしたタイ映画「A Crazy Little Thing Called Love」が受賞した。「Peace部門 海人賞グランプリ」と、「審査員特別賞ゴールデンシーサー賞」は、中谷美紀主演の「阪急電車 片道15分の奇跡」がダブル受賞した。審査委員長・釜山国際映画祭執行委員長のイ・ヨングァンさんはこの作品について「グランプリは満場一致で選びました。作品の素晴らしさと、モチーフの良さ、電車から見える美しい景色は、どこにでもあるような風景ですが、そこを捉えた点に共感いたしました。」と絶賛した。短編映像に特化した「World Wide Laughグランプリ」はTBS「あらびき団」の「BALLOON MAN the CHALLENGE」が受賞し、「JIMOT CM COMPETITION」グランプリは沖縄県の鈴木雅子さんが受賞した。

開催期間中は、募金箱が各会場に設置されていたほか、支援物資の受け付けや「私たちにも、できることがきっとある Yell, Laugh & Peace」とプリントされたメッセージTシャツの配布がおこなわれた。募金総額は、映画祭最終日の15時現在で971万8485円にのぼり、グランプリを受賞した2作品ほか、受賞賞金合計647万円も全額全てが日本赤十字社を通じて義援金として寄付される。次回の同映画祭は2012年3月24日から31日に、沖縄コンベンションセンターをメイン会場として開催される予定だという。

(C)2010 SAHAMONGKOLFILM ALL RIGHTS RESERVED. (C)2011「阪急電車」製作委員会 (C)沖縄国際映画祭

沖縄国際映画祭公式ホームページ http://www.oimf.jp/ (日・中・英・韓)


コメント   この記事についてブログを書く
« 日本に桜が舞う季節 | トップ | 動画で学ぶ原発事故 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

星:芸能・ドラマ・音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事