人生はバラ色

若い頃は神経症を抱えながら必死にがんばりました。
神経症が治れば、人生はバラ色だと思ってたけど
そうでもないみたいね

明治座「坂本冬美30周年」

2016-10-03 09:47:56 | 日記

日曜日、夫が会社のゴルフなので、家に一人いても、つまらないので

明治座に坂本冬実30周年のコンサートと、お芝居に行った。

お芝居は

★時は江戸。人気役者の加賀屋歌右衛門は、
目を患い殆ど視力を失っていた。
芝居ができなければ生きている意味が無いと悲観し
命を絶とうとするが
医師の土生玄碩の手術によって光を取り戻す。
その後、江戸での興行も成功した歌右衛門の元に
玄碩から苦境を知らせる手紙が届く。
大勢の観客と大恩人との狭間で悩む
歌右衛門がとった行動とは…。

坂本さんは、美しくて凛として、なかなかの好演だった。

共演の勝野さんんも舞台映えしてセリフも聴きやすかった。

歌は、聴いたことがある曲が多くて楽しかった。

休憩が2回あり、買っていったサンドイッチを食べたり

トイレも何回か行けて楽しい一日を過ごした。

帰りが大変だった。人形町まで散歩がてら帰ろうと思って

歩いていたら、いつまでたっても駅がないのだ。

なんと全然違う方向に歩いていたのだ。

結局、明治座まで戻って、すぐ近くの都営新宿線の浜町から

地下鉄に乗車した。私って、ひどい方向音痴なのね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 映画「怒り」 | トップ | ごんちゃん二代目が来て約5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事