驚天動地 ~周りが驚く成果を~

立花学園一学年特進通信です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生ものなんです

2016年05月26日 | トライさんの英語講座

はい英語講座。今日は英語は生(なま)もの、という話。


 今月27日にアメリカ大統領のオバマさんが広島を訪問。

現役のアメリカ大統領としては歴史上初めて、ということで

ニュースでも連日大きく取り上げられていますが、

以下はオバマさんの演説の冒頭部分の抜粋です。

Seventy-one years ago on a bright, cloudless morning,

death fell from the sky and the world was changed.

A flash of light and a wall of fire destroyed a city,

and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

(71年前、晴天の朝、

空から死が降ってきて世界は変わってしまった。

閃光と炎の壁が街を破壊し、

人類が自らを破壊する手段を持っているということを証明した。)



それから以下は結びの一文。

That is the future we can choose,

a future in which Hiroshima and Nagasaki are known

not as the dawn of atomic warfare,

but as the start of our own moral awakening.

(これこそ私たちが選び取ることのできる未来だ。

つまり、広島と長崎が核戦争の始まりとしてではなく、

私たちの道徳的な覚醒の始まりとして記憶される未来だ。)


どうですか?

うーん、内容が内容だけに、さらっと理解するというわけにはいかないけれど、

実は高校一年で習う文法知識と辞書があれば

翻訳すること自体はそんなに難しくないんです。

そして内容は超一級です。

(アメリカ大統領のスピーチは専属のスピーチライターがついて

これでもかってくらいの名文句満載で作られてます)


28日の全国紙の朝刊には和訳付きで全文が掲載されていますから

オバマさんがどんな事をいったのか知りたくなった人は

読んでみるといいですよ。



今回、このオバマさんのタイムリーな演説を取り上げたのは、

言葉にも鮮度があるという話をしたかったから。

いまこの歴史的瞬間に語られた、まだ世界のだれも聞いたことのない言葉を

リアルタイムで体験する、

そこには教科書の英語では感じることのできない

わくわく感がありませんか?


教科書の英語は、よく使われる例文を集めてあって

反復練習をするにはとても効率が良いようにできているから

あれはあれで仕方ないんですが

でもやっぱり鮮度がない!

たまには、新鮮な天然ものを味わわないとね。




というわけで

自分の興味のあることでかまわないので

ぜひ生の英語に触れてほしい。

好きな歌手の歌の歌詞でも構わないし、

映画やアニメを日本語字幕付きで見るのもいいし、

インターネットで英語のサイトをのぞいてみるのもいいですよ。

You know, the world keeps chinging! (世界は回り続けている)

See you next time.

By Takao


それではまた次回。

                            By Takao












コメント

英語勉強法(基本編)

2016年05月08日 | トライさんの英語講座

 さて通常授業が始まって約一ヶ月が経とうとしていますが、

勉強のペースはつかめたでしょうか。

面談などで聞いているところでは、

勉強をどう進めていいのかわからない、

という相談がありました。

さて、こと英語に関して言えば、

まずはシンプルに意識して欲しいことが二つあります。

一つ目は

「英語は音読が命」

ということ。

二つ目は

「単語は予習、文法は復習が肝心」

ということです。

ひとつずつ説明します。

まず、「音読が命」。

予習、復習にかかわらず、英語の勉強をするときにいつも声を出しながら勉強していますか?

はい、確かに我が子が部屋にこもって突然英語で話し始めたら、家の人もビックリしますね。

そんな恥ずかしいことできるか!って思うよね。

でも!

想像してみてください。

外国人が日本語を勉強するときに、一切声を出さずに、黙々と漢字練習していたら、

あるいは赤ん坊が、生まれた時から声を出さずに、目だけで全ての文字や文章を覚えるように育てられたら・・・

はい、絶対まともな日本語話者にはなれません。

いま英語を学んでいる皆も条件は同じ。

外国人として外国語を学んでいるし、

新しい言葉を使い始めて間もないという点では赤ん坊と大差ない。

やっぱり、ここは恥ずかしがっていても仕様がない。

家の人に、最近あの子は英語がんばっているのね、

って思われるくらい大きな声をだしてアピールしよう。


 続いて、「単語は予習、文法は復習」。

理屈としては簡単。自分でなんとかなるところは授業前になんとかする、の精神です。

辞書の引き方は学びましたね?

じゃあ、単語は自分で引いて、発音記号や品詞、意味を調べることはひとりでできるはず。

逆に、自分でどうにもならない部分は授業で教えてもらえばいいわけです。

新しい文法事項を学んだら、復習を必ずして、定着を図ってください。

いま授業で使用しているテキスト NEW TREASUREの英語課題もこの構図になっています。

授業で扱う前に、教科書をみて、わからない単語は辞書代わりのHANDBOOKで確認し、意味や品詞の確認テストをしておく(予習)

授業で学んだ文法事項は、NEW TREASURE文法問題集を解いて確認する(復習)

文法小テストや単語テストで間違ったところは間違い直しをする(総仕上げ)

どんなに内容が難しくなっても、長文読解や入試演習が始まっても、理屈は同じです。


いかがでしょうか。

え、理屈はわかるけど、やれる気がしない?

英語が苦手だから正直しんどい?

はい、ごもっとも。新しいことを学ぶのはいつだって、誰だって大変。

(おじさんになるともっと大変になります)

それでも、赤ん坊がいつか大人になるように、

学び続ければいつかは「もしかしてできるようになってきた!?」

っていう驚きの瞬間がやってくるはず。


その瞬間を迎えるために!

いま、チャレンジをはじめよう。

Just give it a go!


BY TAKAO

















BY Takao




コメント

ポジション

2016年04月24日 | トライさんの英語講座
さて、英語講座、第2回目です。はりきっていきましょう。


 授業で話をしましたが、英語の発音には「ポジション」の理解が欠かせません。

「ポジション」とは日本語でいうと場所のこと。

そして発音に関して言えば、口の中のどの部分で音を出しているか、ということを意味します。

 は?

・・・と思った人、そうなんです。

日本語はポジションなんて意識しなくてもしゃべれるので、

わからなくても無理ないんです。

日本語はすべて、口(難しく言うと口蓋)の前の方で音を出します。

試しに「い」と言ってみよう。

さんはい、「いっ」

音が出ているのは前歯の少し手前ぐらいですね?

そう、よく「口先でものを言うな!」って怒る人いますけど

元来、日本語は全部口先でものを言っているわけです。

ところが英語の[i](発音記号で「い」の音をあらわします)は

もっと口の中の方で音を出すんです。

試しに「え」と言うときの口の形で「い」と

言ってみよう。

せーの、「いっ」

はい、なんとなくわかりますね。

日本語の「い」よりもなんだか奥の方、

べろの真ん中の上側あたりで

音が出ています。

はい、これが「ポジション」です。

英語は、ポジションを様々に変化させて発音する言葉なんです。

だから、日本人が苦手といわれる [l] (エル)と[r](アール)

の発音は、よく言われる巻き舌うんぬんではなく、

本当に口先でいうのが[l] (エル)で(うに近い音になります)、

舌の根元を喉の奥に押し込む感じで、

喉の奥の方で「るっ」っていうのが[r](あーる)なんです。

昔ジャイアント馬場っていうプロレスラーがチョップするとき

「アポーっ」って

いったあれです(え、知らない?)


はい、ポジションの話は以上。

授業で発音するとき意識してみてね。

それでは

see you next time!

BY Takao
コメント

英語講座をはじめます

2016年04月09日 | トライさんの英語講座
 入学式、始業式と終わり、いよいよ一年が始動しました。保護者の皆様、一年間よろしくお願い致します。

 さて、このカテゴリーの由来は、Kento先生が某CMの家庭教師が自分にそっくりだというので見てみたら、自分でもびっくりするぐらい似ていた(^^ゞ

というところから来ています。

 まあそれはおいておいて

1年2組の学級通信のタイトルはcome rain or shine (降っても晴れても)です。

英語圏では「何が起ころうとも」ぐらいの意味だと2組の皆にはHRで伝えましたが、

では「この形でなぜそういう意味になるんだろう」と考えた人はいますか?

 その訳は・・・

教えてあげないよ、ジャン!

・・・なわけはなくて、

それぞれが自分の頭で考えて欲しいと思います。

しっかり高校の英文法を学んでいけば、なぜそういう意味になるのかわかるようになります。

「理屈はいいからとにかくそういう意味になるからおぼえなさい」 

もしかしたらそう教えられてきた人もいるかもしれませんが、

これからは、「自分で納得のいくまで考える」、「なぜ、どうしてを追求する」ことを大切にして欲しいと思います。

 

 いずれ、この講座で種明かしをしたときに、「あ、そうか」と皆が思ってくれるのを期待してます。

 ではまた次回!


                                        BY TAKAO



コメント