ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

2018 G1 桜花賞 回顧録

2018-04-09 21:18:04 | G1レース予想

阪神競馬場で行われた桜花賞(3歳・牝・GI・芝1600m)は、道中は後方に構えたC.ルメール騎手騎乗の2番人気アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)が、直線で大外から一気に脚を伸ばして、好位追走から一旦は先頭に立った1番人気ラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)を交わし去り、これに1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒1(良、桜花賞レコード)。

アーモンドアイが驚愕の末脚で、牝馬クラシック1冠目ゲット。まさに、「バケモノ」級の末脚。他の馬が止まって見えたというか、何か別の生き物が飛んできたって感じでしたね・・。最後の50mくらいの脚を見た時は鳥肌が立ちました・・。

ディープインパクトの若駒賞の時のインパクトに近い凄いレースでした。

あれだけの末脚をみせられたら、予想でも書きましたが、負けて悔いなし!です。

今回のレース、馬券は、アレでしたが、いい見学料だと割り切ればメッチャいいレースでしたわ。

レース後のルメール騎手の言葉からも、オークスに距離不安はなさそうですし、血統的にも十分こなしそう。2冠目も視界良好という感じでしょうか・・。

2着に負けた○ラッキーライラックは、まさに完璧に乗って負けたのですから、相手が悪かったとしか言いようがありません・・。この馬は、ホント完璧なレース。もちろん、この世代でまぎれもなくトップクラスの実力の持ち主で勝ち馬以外には負けてない訳で、次走オークスで逆転できるか?大いに期待したいです。

3着に◎リリーノーブル。結果、2,1,3番人気の決着。結果ですが、この馬は、マイルではラッキーライラックには勝てません。オークスで逆転できるかといえばかなり作戦を練らなければ上位2頭を交わすことはできないでしょうね・・。別路線組がどれほど強いかわかりませんが、おそらく、この桜花賞組の掲示板組がオークスでも馬券に絡みそうです。

▲マウレア、△レッドサクヤ、×アンコールプリュ、フィフニティは、結果、印通りの印象です。オークスでは、この馬たちが逆転するイメージが沸きませんね・・。

まずは、最初の馬券ですが、予想に書いたフォーメーションだと1点しかかわらなかったので、1頭軸ながしに変更しました。紐を7頭チョイスする場合にあの買い方をするべきだと改めて勉強になりました。

で、実は、昨日、パドックを見てて、さすがにアーモンドアイが抜群に見えてしまったので、追加でこの馬券を買ってました。

思いっきりのガミリ馬券ですが、今年、初当たりってことで・・。勝ち癖をつけて次走、「皐月賞」では、きっちり的中させたいです。

ということで、今年、追加データなど加え、「虎の巻」更新です。

・阪神1600m、1800m、東京1600mのオープン以上のレース、京都1600m外回り、1800m好走馬((重賞3着以内)は、◎ 1600m以下のレースしか勝ってない馬でも、阪神JFに出走して掲示板に乗ってる(馬券対象馬ならさらによし)2勝馬なら買い目に入れてもいい。

・トライアルは、チューリップ賞組が有利だが、掲示板の馬なら買い。特に1~4着馬は、好走する可能性あり。ただし、勝ち馬から0,7秒以上負けた馬はいらない(良馬場で)。フィリーズR組は、基本的にはいらないが、前述のレースで好走している馬(阪神1600mで連対。もしくは阪神JFで掲示板に載っている馬)はチェック。フラワーCは勝ち馬のみ、チェック。

・チューリップ賞の1番人気は目をつぶっても買い。しかも、1番人気で、上り最速なら直良し。さらにその両方を満たして馬券に絡んでいたら鉄板。

・チューリップ賞を勝った馬が桜花賞で好走するパターンは、明らかに別路線組が弱い場合で、チューリップ賞を上がり最速で勝利した馬。開幕の馬場の良い時に先行して押し切った馬よりも、2桁通過順で進んで瞬発力で勝ったタイプの方が桜花賞は信頼できる。

・フラワーCの勝ち馬は、好位から、差して勝った馬で0,2秒以上の着差で勝った馬のみ。逃げ切って勝った馬は、疑うべき。

・クイーンCから直行は、勝ち馬のみ。(信頼度は低いが調教が良ければ買い)2着馬ならマイル勝ちを含め2勝以上はしていること。

・牡馬相手にオープン以上の1600m以上のレースで好走している馬も評価。(特にGレースは◎ 1400m以上の重賞で連対してる馬は買い。)

・桜花賞出走のエルフィンSの最先着馬は、買い(ただし、やや重以上の良馬場でのみ)。トライアルを挟めば、なお良し。

・3か月以上の休み明けなら、G1馬か、牡馬混合のマイル以上の重賞レースの勝ち馬のみ(阪神、京都、東京の)。

・前走、フィリーズR以外の1400m以下出走の馬は×

。4枠から外が有利。7,8枠は買い。逆に内枠は割引。

・阪神JF勝ち馬は買い。

・関東馬で重賞未連対馬は×(アネモネS勝ちの複勝率100%はギリセーフ)

・アネモネSは重賞勝ちのある馬でも、連対を外したら消し。

・アネモネS組はほぼいらないが、複勝率1000%で、勝った馬なら、買い目に入れてもいいかも。

・ディープ産駒は、黙って買い!特に、重賞連対馬、オープン勝ちの馬は、抑えるべし!

・ディープ産駒でマイル勝ち経験あり、母父ノーザン系の馬は、このレースで相性がいい ただ、通用するのは、オープン勝ちか、チューリップ賞で権利を獲った馬のみ。

・阪神JFで馬券に絡んだ馬がトライアルで馬券に絡んだら無条件で買い。

これで、来年はバッチリか・・?

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018 G1 桜花賞 予想! | トップ | 2018 G1 皐月賞 予想! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

G1レース予想」カテゴリの最新記事