ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

2018 G1 ヴィクトリアマイル 回顧録

2018-05-14 22:00:00 | G1レース予想

東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上・牝・GI・芝1600m)は、中団の前でレースを進めた幸英明騎手騎乗の8番人気ジュールポレール(牝5、栗東・西園正都厩舎)が、好位追走から直線で一旦は抜け出した7番人気レッドアヴァンセ(牝5、栗東・音無秀孝厩舎)を捕らえ、さらに外から襲いかかってきた1番人気リスグラシュー(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)の追撃も凌いで優勝した。勝ちタイムは1分32秒3(稍重)。

▲ジュールポレールが春の古馬牝馬女王の座を射止めました。昨年、3着馬ながら8番人気という低評価をあざ笑うかのような激走でしたね。自分は3番手評価でしたが、前走の阪神牝馬Sは思いっきり不利を受けてたし、時計勝負になっても、雨でもどちらでも馬券になりそうだったこの馬の勝利は納得です。

今回、JRAの作戦にまんまと引っかかってしまいました・・。直前での「良⇒やや重」発表。しかしながら勝ちタイムは、「1分32秒3」 良馬場でもなかなか出ない高速決着です。これが読めて入れば、×のリードとアンジュは買わなかったなぁ・・。

確かの降り始めが遅かったので、思ったより馬場の影響がなかったというか、現在の東京競馬場は、1日くらい降らない限りは、「良馬場」と思っていいくらい馬場が改善されてるのでしょうね。以前から、泥んこ馬場じゃない限り、雨が降っても「内枠有利」の東京競馬場。内の中段からディープ産駒らしい末脚でしぶとく伸びました。

2着は、○リスグラシュー。またもや「2着」 これで、G1で2着が「4回」実力は疑うことはないのですが、勝ち運がありませんね・・。しかし、歯車がかみ合えば、すぐにでもG1の栄誉は手に届くと思います。「ヴィルシーナ」だって「レッドディザイア」だって「ホエールキャプチャ」だって、「G1馬」になってますから。この馬も、来年までにはG1馬になってると思います。

3着にレッドアヴァンセ。朝ドラ風に言えば、「やってまった・・」という感じです。昨日の予想で、書いたように、先週と同じく「高速馬場」だったのに「」が来た「高速馬場」だったのに買えませんでした・・。JRAだけが悪いわけじゃないですが、この「」は恨めしいばかりです・・。

1週前の「NHKマイル」と「ヴィクトリアマイル」は同じ距離でありますが、やはり、古馬の壁は厚いのかタイムは、同じ条件なら、ず~っと「ヴィクトリアマイル」方が速いんですよね。今回、JRAの「やや重」発表でも先週の「NHKマイル」よりも速いタイムでした。やはり本当は「良馬場」でも良かったんでしょうね・・。

しかし、自分の「虎の巻」には、「稍重以上の馬場になった場合、欧州血統の種牡馬が来る。(サドラー系や、凱旋門賞勝ちの種牡馬の血が入った馬)」と書いてあるんです。レッドアヴァンセの母父はダンシングブレーブ。凱旋門賞馬です。昨日のあの予想で、△カワキタエンカを買うのならこっちも買って、「ディープ産駒」全部買いしてもよかったな・・。

昨年の勝ちタイムが同じく「やや重」馬場で「1分34秒1」 今年より「0,8秒」も遅いです。1日前から降ってた馬場でこの時計になるなら昨年の×アドマイアリードと×デンコウアンジュを買うべきですが、今後、直前だけの雨なら、おそらくそこまで遅い時計にならないと覚えておかねばなりませんね・・。いい勉強になりました。

△カワキタエンカは、やはり、マイルでの連対歴がなかったのはいけませんでしたね。以前、ブラボーデイジーがマイル実績がなくても来たことがあったので、目をつぶりましたが、高速決着になるとやはり、マイルでの実績は必要です。

×ミスパンテールは実は、馬券は買ってません。直前の雨で買うつもりもなかったのですが、この馬、4連勝のレースすべてが「Sペース」だったので、厳しい流れのG1でいきなりは通用しないと最終的に判断して消しました。結果、きませんでしたが、今後は、成長が見れるかもしれませんから、秋には要注意です。

◎アエロリットは惜しくも4着。もう少し頑張ってくれたら、馬券になっていたので残念です・・もう少し持続力が問われたレースだったら勝っていたかもしれませんが、やや重ながら、瞬発力勝負になったら、やっぱりクロフネは、ディープや、ハーツにはかないませんね・・。

ということで、惜しくも馬券は獲れず・・。先週、先々週と「レッド兄弟」にしてやられました・・。今週も、オークスに「レッドサクヤ」が出てきますが、怖いかな・・。

あと一歩、「虎の巻」追記です。

・まずは、G1実績のある馬(東京マイルG1で3着以内)の馬。

・「マイルG1馬」は強い。特に、桜花賞、オークス(マイル勝ちのある馬で)で5着以内の馬は買い。連対馬は、特注。

・明け4歳馬で、桜花賞、NHKマイル、オークスで馬券になった馬が、3歳の秋以降馬券に絡んでいない馬は、消し。

・5か月以上の休み明けは消し。

3か月以上の休み明けなら、前走1着は必須。

・近走好走馬は、買い。特に、年明けの、京都、中山、阪神、福島牝馬特別レースの勝ち馬は買い。ただし、京都牝馬よりも、阪神、中山、福島牝馬特別(特に、阪神、中山)というマイル以上のレースの連対馬が有利。

・阪神牝馬Sは、1600mになり、直結率が高くなった。

・前走、掲示板外からの巻き返しは、G1連対馬か、前述の牝馬特別勝ち馬のみ。牡馬混合戦の重賞で、掲示板なら買い。

前走が重賞以外ならマイル以上のレースで1着した馬のみ。

・内枠の逃げ・先行馬は買い。外枠は割引。

・スローペースになりやすいので、前目で34秒前半の足が使える馬が有利。後ろからだと、33秒前半の足のある馬しか来れない。

・このレースのリピーター(3着以内)以外で、前走4角10番手以下からレースをして馬券にならなかった馬は消し。

リピーター以外で前2走とも2ケタ着は消し。

・福島牝馬は、前目で、踏ん張った馬、阪神牝馬は、上がり1~3番手の馬。中山は、まくって連対した馬。

・これらの牝馬限定戦、どのレースも掲示板に乗った馬で、もっとも斤量が重かった馬を、要チェック。

・牡馬混合重賞で、マイル以上のレース好走は、買い。着外でも、斤量を背負ってた馬なら、巻き返しもあり。

・良馬場ならサンデーの血が入った馬が強い。(母父サンデーも含めて) ダートっぽい持続力のある馬や、血統の馬が穴をあける。東京マイルに強い、ディープ、フジキセキ、ダンチヒ、クロフネ、キンカメ、タニノギムレットも要注意。

・時計勝負になりやすいので、マイル以下での連対歴は必要。(特に高速決着になりそうなときは特に)

・種牡馬のタスキリレーが継続中、来年は、ディープとハーツクライ産駒に注意か?

・東京コースは、芝は、内から乾く。雨が降って馬場が回復したら内枠有利。

・稍重以上の馬場になった場合、欧州血統の種牡馬が来る。(サドラー系や、凱旋門賞勝ちの種牡馬の血が入った馬)

6歳以上の馬で、リピーター以外ならその年にマイル以上で連対必至。

 

これで、来年はバッチリか・・?

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018 G1 ヴィクトリア... | トップ | 久しぶりに、「ベルク」で「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

G1レース予想」カテゴリの最新記事