ウ、ウマ~な生活

「ウマ~い」グルメや岡山・倉敷のお店の食べ歩き、旅先でのフォト、低予算で競馬のG1無料予想もしちゃったりするブログです

2020 G1 宝塚記念 回顧録

2020-06-28 22:40:00 | G1レース予想

阪神11Rで行われた第61回宝塚記念(3歳以上オープン、GI、芝2200メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億5000万円)は、北村友一騎手騎乗の2番人気クロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が勝利。昨年の皐月賞馬サートゥルナーリアや、ファン投票2位でGI連勝を狙ったラッキーライラックらを撃破。上半期を締めくくる大一番を制しGI2勝目を挙げた。タイムは2分13秒5(稍重)。

◎クロノジェネシスが、G1馬8頭の豪華メンバーの中、春のグランプリを制しました。

このメンバー相手に「6馬身」の圧勝。ここ数年、牝馬のレベルが、かなり高いですが、この馬も、「名牝」の仲間入りしそうです。

まだ、G1は2勝ながら、2歳時から、G1では、ほぼ馬券内を外していません。唯一の馬券対象外だったエリザベス女王杯でも5着と掲示板を外さない堅実派。

「バゴ」という、今の「サンデー系」が多威張りの日本競馬界においては、マイナー種牡馬ながら、この活躍は天晴です。

戦前の予想でも書きましたが、やはり、「2200m」というレースは、牝馬にとっても、牡馬と対等に戦える距離であり、「サンデー系種牡馬」が苦手とする非根幹距離ということもあり、この馬のようにサンデーの血が薄い馬でも、十分戦えるレースでもあります。まぁ、これは、暮れの「有馬記念」にも通ずるところはありますが、(とは言え、有馬はディープ産駒も良く走りますが・・)、◎に指名して正解でした。

秋は、やっぱり、エリザベス女王杯が適正的には向いてるかな・・。昨年は、敗れましたが、この勢いなら、非根幹距離のエリ女なら、G1、3勝目も目前でしょう。その後は、「香港」も目標になるかなぁ・・。夢は広がりますな。

2着にキセキ。一番、「怖い」といただいたコメントにも書いていた馬が、来ちゃいましたね・・。ここ1年、思ったレースができず、すでに、終わったかと思いましたが、「豊マジック」炸裂で、「奇跡の復活」です。

予想時に、あの展開を予想された方で馬券を獲った方がいらしたらホント、尊敬しますわ・・。おそらく、前目で、残るような展開を予想していた人がほとんどだと思うので。自分も、前で競馬すると思って予想して、おそらく、4,5着あたりにしか残れないと思っていた口なんでね。

それにしても、ここで、やるかね・・。偶然か必然か?直前の雨が、この馬に向いたのは間違いないですが、今まで、逃げ、先行していた馬を、菊花賞を勝った時のような大捲りで、馬券内にもってくるんですからね・・。天才・武豊の面目躍如でした。この馬の激走によって、「虎の巻」も改定が必要です。

3着に☆モズベッロが激走です。12番人気の低評価ながら、大激走です。自分は6番手評価でしたが、4歳馬で、この激走するんですから、今後も期待できます。ディープブリランテ産駒という、どちらかというとスタミナタイプの父の血が騒ぎましたね。

そして、ナント言っても、「グランプリの池添」です。春競馬ラスト3戦の彼の激走は素晴らしかったです。前出の武騎手同様、やっぱ、競馬は「騎手」ですわ。

4着に▲サートゥルナーリア。直前の雨が、堪えましたかね・・。ってか、やっぱり、この馬は、2000mまでかな・・。有馬は勝ちましたが、しかも、長くいい脚は使えない馬なので、やはり、狙うなら「大阪杯」あたりかも。

○ラッキーライラックは、やはり、直前の雨がきつかったですね・・。どちらかというと、時計勝負になった方が良かった口の馬ですし。しかし、もう少しやれると思ったんですけどね。何かのトラブルがなけれないいのですが・・。

とは言え、この馬も、本格化してる馬なので、秋以降も楽しみな1頭。

△スティッフェリオは、やはり、テン乗りの幸騎手では厳しかったか・・。昨日、騎手データを見てたら、騎手的には、ないなぁ・・と思い、実は、印を落として買ってました。モズベッロと入れ替えて。なので、キセキが来たのが本当に痛かったんです・・。まぁ、直前の雨も良くなかったみたいですけどね。

この馬は、やっぱり、G2,G3あたりで買うのがべストなんでしょうね。

×ブラストワンピースは、思った通りの結果。「ピンかパー」のこの馬。で、外枠は不利。この馬の買いどころは、スローペースで内枠ですんなり先行できるコースでしょうね。

しかも、血統的には、向いてそうな重い馬場がよくないとか。川田騎手のジャッジなんで怪しいですが・・。荒れた馬場でパワーがいる馬場や、洋芝は良さそうですが、雨のやや重以下の馬場は良くないみたいです。

結果、キセキが抜けて、馬券は不的中・・。この流れはよろしくありませんね・・。

例年通りなら、トータルでも「マイナス」になる傾向がある、この宝塚記念での敗戦。

痛いです・・・。本命、人気薄まで拾ってたのに、獲れなかったのは残念でした。

このまま、秋まで放牧にでるのも、癪ですし、今年は、夏競馬の参戦も視野に入れております。予想は、「Twitter」にでも投稿してみますので、気になる方は、フォローよろしくお願いします。

ということで、最後に、来年の宝塚記念も的中できるように「虎の巻」を書いておきます。

・1番人気は強い。ファン投票も1番人気で、年内に勝ち鞍がある馬なら、買っておくべき。

・連対馬は、重賞勝ちあり。馬券対象馬は、2000m以上のレースでの勝ちクラは必須。とくに、重賞未勝利馬なら、2200mの勝ち鞍は必須。

・札幌、中山、阪神、東京、京都の以上のG2以上の2000m(札幌記念、皐月賞、大阪杯、鳴尾記念、秋華賞)、非根幹距離阪神、中山2500m(有馬記念)、京都の2200(京都記念、エリザベス女王杯)、阪神2200m(宝塚記念)で馬券になった馬を狙う。

・真逆の適正だが、東京、京都、阪神2400mのG2以上のレースで、馬券になった馬が馬券になる。(特に東京2400mのG1馬は強い)

・日本馬で7歳以上で年内、勝ちクラのない馬は消し。逆に7歳でも年内にG2以上の勝ちクラがあれば買い。

・6歳以上の馬は、リピーター以外なら、前年8月以降に「JRAの2000~2500mのGI かGII」で優勝経験があった馬のみ。

・4歳馬は、「G1馬」か「2000m以上のG2勝ちのある馬」のみ。

・凱旋門賞向き(ヨーロッパ血統)の血が強い。サンデー系ならスタミナ型のステイゴールド、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェ、ハーツクライ、非サンデーなら、ジャングルポケット、キンカメ系(ルーラーシップ)とか。母父トニービンやサドラーズウェルズ、ダンチヒ、ミスプロ系の血を持つ馬も要チェック。特に、ディープ産駒なら母父にミスプロや、フレンチデュピティの血を持つをチェック。

・ローテは、天皇賞・春、大阪杯、鳴尾記念、目黒記念、ヴィクトリアマイルから。連対馬なら、ヴィクトリアマイルは3着以内、鳴尾記念は57kgを背負って、掲示板の馬のみ。それ以外のローテなら、海外レースからなら、3着以内、G2レース連対馬、G3以下のレースなら勝ち馬のみ。

・2000~2400mのG2以上の勝ち鞍がない馬は3着まで。ただし、前年12月以降のJRAのGIで連対歴のある馬は勝ち鞍がなくてもOK。(G1馬なら尚良し)

・ディープ牡馬で、2200mのレースか、阪神2000mで勝ち鞍のない馬は消し

・G1馬以外で3か月以上の休み明けは消し。

・牝馬はG1馬か、牡馬混合G1連対馬のみ。サンデー系の牝馬で、2000m以上のG1勝ちのある馬は、買っておいて損はない。

・香港馬で2000mのG1勝ちのある馬で、レイティングが高い馬は買い。

・海外からの帰国初戦は、調教がしっかりした馬。その海外レースで馬券対象になった馬のみ。同じレースに出走なら、最先着馬のみ。着外馬は消し。

・先行馬有利。直線が短いので粘り込める馬は有利。ロングスパート出来る馬も有利。

・非根幹距離なので、リピーターに注意(エリザベス女王杯、宝塚記念、有馬記念など)

・差し・追い込みなら、坂のあるコースのレースの上がり最速率の高い馬を買う。(特に阪神内回りや中山で)

これで、来年も、バッチリか?!


コメント   この記事についてブログを書く
« 2020 G1 宝塚記念 ... | トップ | うのまち珈琲店 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

G1レース予想」カテゴリの最新記事