おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

エッというような相談 だが

2019-09-03 | ◆〔認定〕 マンション管理士業務

 

 

マンション住人の部屋への立入りについては

管理会社との関係では 標準管理委託契約にも それに関した条項がありますが

標準管理規約<単棟>にも

(必要箇所への立入り) 第23条

前2条により管理を行う者は、管理を行うために必要な範囲内において、他の者が管理する専有部分

又は専用使用部分への立入りを請求す ることができる。

2  前項により立入りを請求された者は、正当な理由がなければこれを拒否 してはならない。

という条項があります

 

 

これらに関連してですが 区分所有者自身の権利 として 区分所有法に

区分所有者の権利義務等
第六条 
2 区分所有者は、その専有部分又は共用部分を保存し、又は改良するため必要な範囲内において、
 
  他の区分所有者の専有部分又は自己の所有に属しない共用部分の使用を請求することができる。
 
 
とあります
 
 
この使用権(立ち入ることを含む)を 当事者間の契約とか規約で 権利を行使しないとしてしまうことは 
 
許されません
 
区分所有法という法律で当然に認められる 法定請求権だからです
 
強行規定なので 排除することは 認められません
 
 
 
 
 
巷には 力関係で <都合の悪い権利は使わないことという約束があったりする> ということに 驚いたり
 
することも あり得るのだと ビックリ 
 
思い知らされました
 
 
上下階住人の間で・・・漏水事故を どうしても調べる必要があったとしても
 
部屋には入らない約束 ?
 
 
実際のところ そんな約束を するものなのだろうか・・・?
 
どうにも 信じられないような 約束 ?
そんな約束に悩み続ける 弱い立場の者も 現実には いるのでしょうか ? 
いるのかな ?
 
              http://toku4812.server-shared.com/
 

 


この記事についてブログを書く
« 管理組合の訴訟のこと | トップ | 肩書き とやら »
最近の画像もっと見る

◆〔認定〕 マンション管理士業務」カテゴリの最新記事