おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

ウンザリ落後 と スッキリ落後

2019-09-08 | ◆ 国 家 資 格 受験

 

 

国家試験に落ちてしまった としても 

<とにもかくにも 総じて 自分の力不足 なのだ>

と ある意味 スッキリ 心を収めることができ その後 少しの時間経過と

ともに ブローブをつけ 再び リングにあがり 

ファイテングポーズをとり得る場合もあれば

丁か半か というような ラッキー・アンラッキーを幾度も味遭わされたような思いが

重すぎて

ファイテングポーズをとるまでには ナカナカ 時間がかかる場合もありそうです

 

自身も 平成29・30年度に社会保険労務士試験に挑戦し 総合点では及第 と

及第といえるだろうという結果通知をいただき 机の前に貼ってありますが 今年は 

受験しませんでした

諸々の約束事の事情と 率直に言って 受験するということは その出題傾向に納得

してしまっていることを条件とされているようで・・・

踏み絵されているようで(少々 オオゲサですが)

モチベーションがイマイチ だったこともあり

 

 

社会保険労務士としての業務は不許ですが 業際上可能な範囲での相談業務はあるので

知識の研鑽は続けています

さまざまな業務に必要なこともあるので

 

 

さて どうみても 社会保険労務士に必要な知識の把握に真摯で いわゆる総論的な

知識に基づいた各論も抱え ほぼ プロだな と 思われる受験生もおられるのですが 

そういった方が 長年 落後し続けるのを見ると なんとも 不思議で仕方がないのです

 

そうして 年間 何十万円という費用と それなりの時間を費やして サイコロ賭博の

丁半でもあるまいし そのことを知っていたことが それほど 決定的な業務知識として

社会保険労務士の核心ともなるべき重要知識なのか と 怪訝さを収めることができない

ような出題が 合否ポイントになったりしていること そうした一点の多いことの理解に 

苦しむ

のです・・・・そうしたことが 表だって 批判の対象にもならずに そうとうな数の

受験者を前にして 長年 流れている

ということにも 多少 モヤモヤ感が募るのです

 

 

 

選択式 という ナンダカワケノワカラナイ 仕組み

いかにも “ 私の出題才能 抜群でしょう 合格者人数の差配にも ケッコウ 貢献している

でしょうかネ ” とばかり 出題者はほくそ笑んでいるのかな とでもいえそうな 

そうした問題を学習中眺めて 

あるいは実際に試験場で経験して

ナントモ やり切れない思いをする

 

 

以前も述べましたが 1科目10点の7科目択一のほうで抜群であっても 選択問題足切りの

一点

不足科目が

1科目5点の8科目中に 一つでもあると 落後なのです 総合点で いかに超抜群であろうとも・・・

 

なにゆえ こんなツマラナイ問題に また 一年 過ごさねば受験できないことを背に負わねばならないのか

との思いに苛まれながら 数年も過ごしたりするのです

 

そうしたことは 全て 自己責任 それが 浮世 

この言葉 間違いとは言い切れない かもしれない しかし・・・それにしても・・・

 

 

 

そうした仕組みに 長年 ナンラの提言も無いのか ? ということについて 不思議で不思議で

仕方がない

 

5点中3点必要 という 超危険度ありの 一か八かというようなことでなく

せめてもの改革として いかに冒険を試す場であろうと 少しでも広い範囲での冒険思考を試す

ことを可にするということで 10点中6点必要というような

幅のほうが せめてもの救いとも思えるが どんなものだろう ?

長文難解の多い択一式 各10問出題と比較考量しても そのあたりを考えると そんなふうなことを 

余計思う

 

もっとも タマタマ知っていてラッキーというようないわば偶然暗記力的なものではなく 

重要基本理論を

ジックリ思考させる

というような出題なら 5点中3点必要 というものでも 受験者は 落後という結果を

少しは 心に収めやすいのではないだろうか

 

 

 

 

なので その系統の大学を出て 多額の費用をかけ 長いこと通学・通信学習に時間を取られて

(さいわいというか 自身は 今まで取得した法文系を含む国家試験についても 全部 自力

 大卒者でもないし 当然だが法学部関係出ではないし 模擬試験を受けたことも無し

 まして 受験予備校・塾など 夢のまた夢

 もっとも 書籍代は そうとうになっているだろう)  

いる受験者をみると 心痛くなる (社労士試験に限ることではないが)

 

率直に言うと どの資格試験でも 合格後即収入に結びつくようなものは 当世とくに

ないのではないだろうか・・・たとえ 司法試験合格の弁護士 であっても

 

自身も 某試験等はじめ 受験で人生を象ったような男なので そうした人を

眼にする都度 その思うところは 苦しいほど だ

 

 

ということで

自身 また いずれ 社労士試験にも挑戦 ということがあるかどうか それこそ

丁半 勝負ですが

知識の積み重ねだけは 怠り無く と 心がけています

なにせ マンション管理運営においても 社会法規・労働保険に関する

タイセツな参考意見を 突然 問われたりしますので

 

 

社会保険労務士試験受験者の皆さん モチベーションにも心を注ぎながら

是非とも よい結果がでますよう 

 

お祈りしております

 

             http://toku4812.server-shared.com/

 

 


この記事についてブログを書く
« 一介素浪人の起き掛け提言 | トップ | 夏のオリオンを眺めて »
最近の画像もっと見る

◆ 国 家 資 格 受験」カテゴリの最新記事