おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

意表をつく問い方 の 登場があっても

2021-10-23 | 国家試験受験サポート   〔マンション管理士 ・ 管理業務主任者〕

 

当地は 寒さのランクが急上昇中

みなさまのところは いかがですか

 

 

本日の マンション管理士試験過去問題

 

                                                              ※ 改題し かつ 問い方を変えての利用を
                      させていただいております

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


2011年度

【問 11】 

下記の状況で、専有部分のある建物であるA~D棟等がある。

区分所有法の規定による団地関係(この問いにおいて、区分

所有法第65条の団地建物所有者の団体をいう。)は、いくつ

成立するかを答えよ。

ただし、規約に別段の定めはないものとし、団地関係は重層

して成立するものとする。

なお、それぞれの土地は長方形をなしている。

             記

ア : A・B・C・Dの通路の一筆の土地

イ : アの土地の一辺に接して アの真北側にA・Bの一筆の敷地

ウ : アの土地の一辺の一部に接して アの真南側に Cの一筆の敷地

エ : アの土地の一辺の一部及びウの一辺に接して アの真南側に Dの一筆の敷地

 

以下の施設がある

オ : イの土地に、A・B・Cの立体駐車場

カ : エの土地に、C・Dの立体駐車場

キ : エの土地に、B・C・Dのごみ集積所

ク : イの土地に、Aのごみ集積所

[例えば、Aのごみ集積所 とは、A棟の区分所有者全員で共有するごみ集積所で

 あることを意味し、その他の通路、敷地、立体駐車場及びごみ集積所も、その例

 による。]

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 
 
 
意表をつくような問い方が登場したとしても まず 落ち着いて
本問題のような場合は 図を描いてみることも 有効でしょう(さほど時間は要しないはず)
 
 
ポイントは 65条の条文を掴んでいるか否か です
 
(団地建物所有者の団体)であることの要件はなにか ということ
 

 
 
第二章 団地
(団地建物所有者の団体)
第六十五条 
一団地内に棟の建物があつて、その団地内の土地又は附属施設(これらに関する権利を含む。)
それらの建物の所有者(専有部分のある建物にあつては、区分所有者共有に属する場合には、
それらの所有者(以下「団地建物所有者」という。)は、全員で、その団地内の土地、附属施設及
び専有部分のある建物の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を
開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。


 

いわゆる基本書では 団地 の要件として 二つのことが示されています

・ 団地内の複数棟の建物

・ 団地内の土地または附属施設が複数棟の建物の所有者の共有・準共有

 


複数
の建物
所有者の共有になっている土地又は附属施設 ということが 調うと
団地関係が成立する
という理解でも好いと考えます

 
 : A・B・C・Dの通路の一筆の土地
は A~Dの建物の その区分所有者全員の共有 の 通路(土地) と そろっている

 
 : アの土地の一辺に接して アの真北側にA・Bの一筆の敷地
は AとBの建物の その区分所有者全員の共有 の 敷地(土地) と そろっている
 
 
 /  / 
は それぞれ 建物 と それぞれの区分所有者全員の共有 の それぞれの附属施設 
と そろっている
 
 
ということで 団地関係が成立するのは

複数の建物(その区分所有者全員)で共有する土地として
① A、B、C、Dの通路
② A、Bの敷地
 
複数の建物(その区分所有者全員)で共有する附属施設として
③ A、B、Cの立体駐車場
④ C、Dの立体駐車場
⑤ B、C、Dのごみ集積所 
 
Aのごみ集積所は Aの区分所有者のみの共有なので 複数の建物(の区分所有者全員)で
共有する附属施設とは なっていません
 
ということで
五つ 

 
[ 念のためですが 
 団地関係の成立において 複数の建物の所在は 同じ筆(土地の一区画単位)に在る場合 
 が前提になる とかということではありません ので 混乱のないように 感覚を整理し
 ておくと好いと思われます 

 〔団地〕とは 複数棟の建物が 一定範囲に建築されている場合 の 一定範囲の土地を
  意味します
 〔団地〕という言葉についての定義はありません
  一定の要件を満たすと【区分所有法 団地の章 第2章】が適用になるという構成をと
  っている ということになりますので ]
 
 
                          

この記事についてブログを書く
« 議事録作成 | トップ | 建替え等円滑化法の 問題に... »