おてんとうさんのつぶやき & 月の光の思案 + 入道雲の笑み

〔認定〕マンション管理士/〔特定〕行政書士/知的財産管理技能士/国家試験塾講師が生業の巷の一介の素浪人の日常

資料を眺める

2019-05-03 | ◆超高齢社会に関するメモ

 

 

 

実務上 

統計資料を眺めることも あったりします

 

・ わが国の総人口               1億2670万6000 人    (平成29年10月現在)

 

・ 平均寿命               男性      81.09 年    (平成29年)

                       女性       87.26 年    (平成29年)

 

・ 総人口に占める65歳以上割合(高齢化率)    27.7 %   (平成29年10月現在)

 

・ 社会保障給付費       116.9兆円    年金       46.5 %

                                医療       32.8 % 

                                福祉その他   20.6 %        (平成28年度)

 

・ 合計特殊出生率 <一般的には 生涯において産む子の数>       1.43    (平成29年)

 

      参考 :    フランス 1.92    スウェーデン 1.85    アメリカ  1.84    

               イギリス  1.80    ドイツ  1.50      イタリア  1.35

                                                    ( 2015年)

 

・ 公的年金被保険者 <費用を負担する側>         6731 万人

        受給権者 <年金を受領する側>           4010 万人

 

 

・ 国民年金保険料の平成29年度中に納付された現年度分保険料の納付率   66.3 %

 

 

ほぼ 7人で4人の年金を支えていると言える  納付率が7割に満たない領域もある 現状

そのような構図が これからも長い間続くだろう という 不公平? 感 のようなものへの気だるさ感

 

 

超高齢化社会の日本

さまざまな年代の それぞれの思いがあって・・・

特に 若人は どのような思いでいることでしょうか

 

 

為政者 また 官  民  資格業者など自由業者 等々 諸々の機構中枢にあって 

巷の人が日々生きながらえていくことへの諸々の差配を仕切る人など

(ほぼ 恵まれた年金制度下にある 日々の生活の糧の心配は まずなかろうと思われる

方たち ばかりなのか・・・)は 巷の声から離れることがあってはならないことは 確か

 

 

今 老齢者の方たちにも 辛苦の過去があっての 今

か とは思うのですが

ほぼ 生活に不安がないということからなのか 横柄な言動の 年金に包れた年配者のワガママが 

徒に若人の気に障るようなことなど無いよう 祈るばかり

 

自身は 巷の一介の素浪人 年金に包れた生活などには少しばかりも縁がない身だが

これからマダマダの日々の方たちへの 人生の応援者になれるよう すくなくとも お荷物にはならぬよう

充分に 注意して 心して 暮らさせていただきたいもの と 思っては、いるのです

 

                               

               http://toku4812.server-shared.com/              

 

           

 

 

 


昨日の補足です

2019-01-16 | ◆超高齢社会に関するメモ

 

 

昨日の 相続関係の民法などにおいての改正の件ですが

題目だけ述べて あまりにソッケナイ記事で 失礼をばいたしました

 

昨日 水戸市役所へ出かけることがあったのですが その関係のパンフレットは

みつけることができませんでした

法務局の窓口あたりには 備えてあると思うのですが・・

 

電話で問うたところ 相続関係 債権法関係 双方とも パンフレットは

あるとのこと ですが 数が限られているので 確認の上 窓口で取得対応してください

とのこと

 

もっとも インターネット環境はもとより 法務局まで出向くのはタイヘン という

方もおられるでしょうから 極く概要だけでも 記してみることにします

(上記にあるように このブログを眼にする方は ネットサーフィンをしている

方でしょうから その点から言うと そういう環境にない方たちにとって 意味あるの? 

ということになりそうですが

間接的にでも すこしでも 情報流布に もしも 役に立つのなら ということで・・・)

 

 

☆ 配偶者居住権の新設

 

  夫と妻は相互に配偶者ですが 相続開始時に亡くなった者の建物に居住していた

  場合に 相続配偶者は 遺産分割において配偶者居住権を取得し 終身または一定期間

  その建物に無償で住めるようになります

 

  (パンフレットでの例)

   2000万円の家と預貯金3000万円の相続財産の場合で

   相続人が 妻と子

   現行では 妻が家を相続するとしても 預貯金は500万円だけ相続

   そうなると 住む場所を得たとしても生活費が不足しそう

   

   改正後は 子には負担付の所有権として1000万円 配偶者居住権(1000万円)

   預貯金は 1500万円ずつ

   とし 配偶者は自宅での暮らしを続けながら その他の(本例では預貯金)も 子と

   対等に相続できることとする

   ≪2020年 4月1日(水)から施行≫

 

 

☆  預貯金の払戻し制度の創設

 

   預貯金が遺産分割の対象となる場合に それぞれの相続人は 分割が終わる前でも

   一定の範囲でという制限はありますが 払戻しを受け得るようになります

  

   仮払いが認められる場合もあり得ることになりました(家事事件手続法の改正)

  

   以前(2018・3・28)に 当ブログでも関連の記事を述べさせていただき

   ましたが

  https://blog.goo.ne.jp/toku2184/e/8325dddb435d898ef9fb935ef249c3ae

  

   現行の制度は 遺産分割が終わるまでの間は 各相続人単独では預貯金の払戻しが

   できないので 葬儀費用の支払にさえ困るようなことがありましたので 

   ≪2019年 7月 1日(月)から施行≫

 

☆  自筆証書遺言の方式を緩和

 

   財産目録の各ページに署名押印が必要ですが 

   自筆証書遺言についても 財産目録については 手書きでの作成までは求められなく

   なります

   パソコンで目録を作成したり 通帳のコピーを添付することも可

   ≪2019年 1月13日(日)から施行≫

 

 

☆  法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設 

 

   自筆証書遺言作成者は 法務大臣の指定する法務局に 遺言書の保管を申請する

   ことができるようになります

   (作成した本人が法務局<遺言書保管所>で手続をします)

 

   相続人や受遺者らは 遺言書保管所で 遺言書が保管されているかどうかを調べたり

   遺言書の写しの交付請求ができたりします

  

   家庭裁判所の検認が不要になる遺言書もあるということになります 

   ≪2020年 7月10日(金)から施行≫ (民法と別の法律)

 

 

☆  遺留分制度の見直し

 

   遺留分を侵害された者は 遺贈や贈与を受けた者に対し 侵害額分の金銭の請求

   という方法で救われることになります 

   金銭を払う側は 裁判所に対し 支払期限の猶予を求めることができます

 

   現行では 遺留分減殺請求をすると 結果は共有 という状態になってしまうため

   例えば 特定の者だけが事業を継ぐのが妥当な場面であっても 事業のための基盤となる

   設備などが共有ということで 事業承継に支障となってしまうというようなことになるの

   でしたので 金銭請求で 妥当な解決をするということです 

   ≪2019年 7月 1日(月)から施行≫

 

☆  特別の寄与の制度の創設

 

   相続される者の親族(例として 亡き長男の妻)が無償で療養看護などを行って

   いたような場合には 相続人に対して金銭の請求ができるようになります

   

   相続人以外の者は 被相続人(亡くなった者)の介護にどれほどつくしても 

   相続財産の分配には係われないという不公平さがありました

   (反面 相続人であれば 介護には一切関与せずとも相続恩恵に浴するという不公平が

    あったともいえました)

   ≪2019年 7月 1日(月)から施行≫

 

 

以上 

他にも重要なものもあり 全項目ではありません が 

おおよそを記しました

いずれまた 記したいと考えていますが・・

各自が情報に触れ ジックリと読まれたほうが

良いとは思いますが・・・

 

前日も記しましたが 一部は 施行済み  

来る年2020年 施行スタートの制度あり

(一年半など アッという間に 到着しそう・・・) 

 

            

          http://toku4812.server-shared.com/

   

 

 

 

   

   

   


超高齢社会のために?変化

2019-01-15 | ◆超高齢社会に関するメモ

 

 

第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文

        日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

 

2  前項の規定にかかわらず、自筆証書にこれと一体のものとして相続財産
 
  (第九百九十七条第一項に規定する場合における同項に規定する権利を含む。)
 
  の全部又は一部の目録を添付する場合には、その目録については、自書することを
 
  要しない
 
  この場合において、遺言者は、その目録の毎葉(自書によらない記載がその両面
 
  にある場合にあっては、その両面)に署名し、印を押さなければならない。
 
3 自筆証書(前項の目録を含む。)中の加除その他の変更は、遺言者が、
 
  その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、
 
  その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。
 
 
 
 
超高齢社会の日本国
 
生活にも いろいろな変化を求められることになります
 
相続関係の重要な変化が 始まっています
 
 
A)被相続人の死亡で残された配偶者への配慮
 
   ① 配偶者居住権のこと
 
   ② 婚姻期間20年以上夫婦間の居住用不動産贈与等での優遇措置
 
B)遺言利用を促進して 相続紛争を防止するための考慮
 
   ① 自筆証書遺言の方式の緩和
 
   ② 法務局での自筆証書遺言の保管制度創設(遺言書保管法)
 
C)その他 預貯金の払戻し制度の創設
 
      遺留分制度の見直し
 
      特別の寄与の制度の創設
 
 
これらが 行われ始めるので それぞれの施行日にも
 
関心を深める必要があります
 
<1> 自筆証書遺言の方式を緩和  
                 2019年 1月13日
 
<2> 預貯金払戻し制度・遺留分制度見直し・特別寄与等 
                 2019年 7月 1日~
 
<3> 配偶者居住権(配偶者短期居住権を含む)  
                 2020年 4月 1日~
 
<4> 遺言書保管法       2020年 7月10日~
 
 
(すみませんが
 
 パンフレットなどで 内容を確認ください)
 
 
概要も載せよう と 考えたのですが 
 
ジックリと まずはパンフレット(法務局などに用意されていると思うのですが・・
あるいは 法務省ホームページなどで)
 
などを参考になさったほうが 理解しやすいかとも思います
 
 
 
もっとも なかなか 難解なことも含まれていて タイヘンでしょうが・・・
 
 
 
 
この他に 債権法など改正が ドカッ と控えています
 
 
 
実務家として私自身も
 
業務の合間合間にボヤッとすることなく キチンと時間をとって
 
シッカリ理解しないと(プロとしてはあたりまえのことですが・・)
 
 
“遺言は 全部 自分自身の手で筆記しなければなりませんヨ
 全 部 の 文 字 数 字 ですヨ”
というシンプルな説明では 事は済みません
 
 
 
世の有りようの変化は 実務にもすぐさま 当然付き物ですが
 
巷に即影響という感が 今までにないようなレベルで追いかけてきている
 
思いを持っています
 
段階的に という表現よりも 波状的に(創設も絡めて) という雰囲気で
 
 
 
 
ということで これから遺言を自ら筆記で用意なさる方は特に心して
 
 
相続制度の変化を眺めなければいけませんネ
 
 
もはや 一部スタートしています
 
 
 
 
 
 
さて 本日は 午後 マンション関係の水戸市新庁舎での相談会担当です
 
 
            
 
             http://toku4812.server-shared.com/
                  
 

人生100年時代とは

2018-08-19 | ◆超高齢社会に関するメモ

 

 

一般に用いられている区分では

高齢化率が7パーセント超 「高齢化社会」

    14パーセント超 「高齢社会」

    21パーセント超 「超高齢社会」

と いわれます

 

総人口に占める65歳以上人口の割合が

高齢化率ですが 平成28年現在では

27.3パーセント(平成29年版高齢社会白書「内閣府」)

とされており

まぎれもない超高齢社会の わが国

 

この高齢化率は2036年に33.3パーセント(3人に1人)

          2065年に38.4パーセント(2.6人に1人)

になるだろうとされています

 

信じられないような数字が並びますが 

現実です

 

高齢者の1人として 広く 超高齢社会のこと それに対する

諸々の相談のことなどを 今後 特化して 

私なりに 折に触れて 記してみたいと考えています

 

率直に言わせていただくと 団塊の世代者が徐々に少なくなっていって 

高齢者人口は減少に転じていくでしょうが 高齢化率は上昇傾向にあるで

しょうから・・・なにしろ 急速に少子化が進んでいますし

 

2.6人に1人が65歳以上の巷とは・・・

どんなような街の景色なのでしょうか

あらためて 呆気にとられ 想像できないでいる私です

 

みなさんは いかがな街の近未来?の顔を想像しますか?

 

人生100年時代という言葉を 実感に近く(変な表現ですが)

捉えられるように 次第になってきている自分がいます

65歳の方は 35年以上の人生が 控えて

いるかもしれないのです

 

と 記しながらも どこかで半信半疑の心の 自分もいたりします

 

とにかく さらに 超高齢社会関連の様々な分野を
学習していこうと 思っています

 

                            


ショック

2012-04-19 | ◆超高齢社会に関するメモ

昨日の新聞に
65歳未満 生産年齢人口  
65歳以上 被扶養人口
とあり

そうか 被扶養人口目指して一直線
生産年齢にお別れも時間の問題 というところに 
私なんぞは ランク入りなのだ
と 唖然 (やや? ショック)

それにしても四人に一人が 六五歳以上
どんな風景なんだろう
現実のことなのだけれど なんとも 実感が・・・
まさしく 叡智を集めて というより国民一人一人の感想を
集約して 行動/思考 ・ 行動/思考 
ということで乗り切るということでしょうか?


でも マダマダ 生産年齢人口に仲間入りしていられるよう
ガンバルゾー(世間に お邪魔でない範囲? でネ)





さて 久しぶりに 紹介したい本との出会いがありました
もっとも 仕事上の本ですが

≪判例セレクト六法≫  岩波書店

超コンパクトなわりには 中身濃厚
特に 
行政法一般(判例) などという 
私なんぞには何ともありがたいコーナーも

小型で一七〇〇ページです
中型二五〇〇ページもの 大型三五〇〇ページもの判例本にも
匹敵するような感じさえしてしまう部分も(もっとも 総じての感想ですが)

とにかく 私には重宝しそう 
鞄にアッサリ収納でき かつ 軽量

なんだか 慣れない宣伝担当員のお薦め文になってしまいました
岩波さん 久々の
? ヒット作 になりそうな 予感




さて 本日は早めに 仕事を切り上げ 休養します
なんとなく 対人交渉が続き 久しぶりに 肩が少々かたまった?感


それにしても 天候が安定しません
寒いのやら 暖かいのやら
微妙な具合の当地であります