古希を過ぎ、趣味の野菜作りに、釣り、ゴルフ。そして働き、黄昏時を過ごす男の遊々生活!

3年前 70歳を機に商売を廃業、”これから遊びに邁進するぞ”との思いもつかの間、貧乏性なのか? 元気なうちは働く事に・・

お世話になった方が また一人・・・

2018-11-07 12:04:21 | 日記
 11月、この頃になると、しばらく出会ってない方から喪中のハガキが
届きます。
 今のところ 届くのは父が亡くなったとか、母が亡くなったとかのハガキ
が多いのですが、
昨日 お昼に 郵便物を見に行くと 2枚の喪中のハガキが・・・
 1枚は東播染工㈱時代、染色の営業をしていた桑村君、母が亡くなったとの事。 
もう1枚を見ると 氷上町常楽の足立一勝氏が差出人で お父さんの忠男氏が亡く
なったとの事で これは吃驚しました。
 長い間出会っておりませんが、年賀状のやり取りは以前からしていました。

 もうかれこれ20年前になるでしょうか?私が宅建業に飛び込んで3~4年
経った頃でした。
中区森本で土地分譲を行っていると聞き、現地へ見に行くと この足立氏が居られ
名刺交換しました。足立氏は丹波綜合不動産協業協会の従業者でしたが、
会社とは別に 貫氏と言う お医者さんの奥さんでしたが、スポンサーになり
お二人で9区画の分譲を手掛けたとの事でした。
 数日後 私の事務所に貫氏とお見えになり、「私たちは氷上と遠方なので
分譲地の代理販売を願えないだろうか?」と嬉しいお声掛けに 二つ返事で
引き受けました。
 9区画の内、私は自社名義で4棟を建築、残りは積水ハウスやパナホーム
などで建てる お客に譲りました。
その後、数年して元お医者さんの奥さん、貫氏が亡くなったと聞き、香料を
持って行ったことが有りましたが・・・

中区森本で手がけた分譲地に建てられた家々

真面目に取り組んだせいか? 後日 「氷上町犬岡(イヌカと言う)で20区画
分譲する予定だが、引き続き販売して貰えないだろうか?」との依頼が有り
現地にプレハブ小屋を建て、毎月チラシを2回ほど入れては 土日に 客待ちで
通ったものでした。
ところが、この頃 高速道路が近くを通る予定で 販売は容易いと見ていたのが
遺跡がでてきたとやらで工期が すっかり遅れ、そのとばっちりで、完売するのに
時間が掛かりました。
 それでも足立氏は気長に待っていただき、ようやく2年ほど掛けて完売できた
事を思い出します。

 これを足がかりに 私は加古川市新野辺北町はじめ滝野町や西脇市富田町、郷瀬町
などで次々分譲を行うのですが 全部 完売してきました。
思えば 私が宅建業で成功をおさめたのも、この方たちが有っての事だったと
思います。
その後、数年後に安売りをするファースト住建が進出し、分譲から撤退したの
ですが・・・それが正解でした。


 
 



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 紅葉も色づき秋も終盤を迎え... | トップ | 期待していた青物飲ませ釣り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事