今日のカープは~♪

2007年11月一杯でこのブログは終了しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プロ野球ドラフト会議2007 大学生・社会人

2007年11月19日 21時05分40秒 | ドラフト関連
スポーツナビ プロ野球ドラフト会議2007 大学生・社会人

サンスポ 2007年ドラフト 大学生・社会人ドラフト指名一覧

今年の大社はここ数年で一番下調べしてなかったので、全然名前をあげてなかった選手ばかりを指名した結果になってますね。

加藤 → 長谷部 の方針転換に関しては、ベイの撤退の仕方があまりにも不自然なのでひょっとしたらケガがあるという裏情報があっての事なのかも、今年に入って登板過多すぎるし。
普通に考えたらもう1球団くらい競合してきてもおかしくないのに、左腕がほしいところはみんな長谷部だからね、いくらなんでも不自然すぎる。

今年、高卒一年でソフバンを解雇された伊奈は長打力と走力と肩の全てを備えた選手だったのに、どこの球団も1順目で指名しないのは不自然だと思っていたら、やっぱりけっこう致命的なケガを持っていたらしいからね。この線もありそうかな。

それかプロのスカウトの今年の左腕の評価が、

長谷部 >> 篠田、加藤、服部 > 根本、宮西

という感じなので、わざわざ一巡目指名しなくても外れで同レベルの選手は残っていると判断した可能性もあるかも。
まあ自分としては加藤くんの野球に対する意識と身体能力は間違いなく一流だと思ったので、例え現時点での評価が高くなくても競合して1順目とりに行く価値はあるとは思っていたけど。ケガだったのなら指名回避も仕方ないが。


全体的には上手くやれたという感じ。
篠田の抽選はよく拾ったね。ブラウンは2分の1の確率の唐川を外しただけでエラい言われようだったけど、まあ自分で大風呂敷を広げた面もあったからね。
あのときは「私はうちの投手と違ってマイナス思考にはならないし、絶対引いてみせる」と要らんこと言ってたから、ただの確率論の話でバッシングされるんだろうけど。

まあ篠田を引いてくれたのはよくやってくれたと思う。

小窪に関しては、正直に言えば桑原か石川か根本が欲しかったんだけど、今日になって調べた感じだと、大学の4年になってから力をつけてきたという伸び率は価値があるかな。
そもそもノビシロというのは100%伸びる保障はないわけで、むしろノビシロがあるからといわれていて、その通り伸びてこれる選手の方が珍しいし、逆に現在進行形で伸びている選手に関して近い将来での技術の吸収も高い確率でしてくれると思う。

今現在の率直な感想は、小関さんのこの記事と同じ意見で、

小関順二のドラフト最前線 小窪哲也(青山学院大・遊撃手)は即戦力か?

盗塁を含めた走力は期待できないし、長打力も梵以下なので、スーパーサブ兼、二遊間の競争意識を高める頭数増やし兼、東出がFAのときのためのスタメン候補の一人ってところだと思う。
ドラフトの掲示板では、梵を3塁に回して小窪ショートとか言っている人がいるけど、それじゃあ打力がガタ落ちになるし現実的じゃない。
小窪は走力も長打力ももの足りないのだから、今現在ショートとしてそれなりの守備力を持っている梵をわざわざサードに移す理由にならないし、それだったら小窪もサードの一人として競わせた方がまだいいと思う。

四順目の松山に関しては、今年の不作ドラフトでよく最後まで残っていたなと思ったけど、彼も楽しみだね。
九州国際大学と早大の試合で、斉藤佑ちゃんから特大の2ベースを打って一躍有名になった選手だけど、その試合は自分もスカパーで見ていて、大学生で木のバットで左バッターがレフト方向へ甲子園の優勝投手からあわやHRを打つのかと驚いた記憶が残っている。

斎藤佑樹:ドーム"tightrope"デビュー ②

調べた感じだと強肩、強打で、足と守備は期待できないタイプのようで、右投げだし、ひょっとしたら新井の穴埋めは小窪じゃなくて松山なんじゃないかなと。
サードは長打力がないと価値がないから小窪じゃ苦しいし、入団後サードにコンバートって話になるかもしれない。
育成枠指名の山内にしても、ちょっと外野手ばっかり指名しすぎな気がしていたので、そういう目論見があるんじゃないかなと。

1順目の篠田にしても、

篠田1安打完封!外れ1巡目候補に浮上

春まではあまり名前を聞かなくて、この秋に頭角をあらわしてきたようだし、自分としては大学2年くらいから脚光を浴びて毎年のように登板過多気味に使われていたり、大きなケガをして筋力のバランスを崩していたり、4年になって不調に入り気味になった選手よりも、どんどん伸びてきている最中の選手を指名するがの一番期待が持てると思うので、この3人の指名はある意味完璧で、大社の方は点数をつけたら戦略としては90点以上だったんじゃないかなと思ってます。

自分が言っていた選手はほとんど指名していないのに、評価高すぎな気もしますがこれ以上要領よくやりようがない気もするし。


最後に、検索かけてみつけた記事を載せておきます。


1位指名 篠田選手

広島1巡目篠田先発ローテ目標/ドラフト

篠田は広島が交渉権/ドラフト




4位指名 松山選手

九国大・松山は広島4巡目指名/ドラフト

松山 竜平(九州国際大学)外野手(youtube)

鷹ドラフト指名候補 九州国際大 松山急浮上


※ 画像は日刊スポーツより
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 中日ドラゴンズ公式ファンクラブ | トップ | 新井の人的補償 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だ)
2007-11-20 14:20:12
加藤撤退は大学側の横浜への圧力らしいですよ
横浜フロントの慶応OBいっせい解雇が原因らしいです・・・
加藤はかなりいい投手なんでいってほしかったorz
Unknown (ところてん)
2007-11-20 20:57:43
ベイファンですか?
横浜フロントの話は知っているんですけど、
それにしても長谷部5球団、加藤1球団というのは
不自然だと思ったので。

単純に加藤は篠田や服部級の評価しかされてなかった
のかもしれないけど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラフト関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事