過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

バターと牛乳を使わず焼いてみる、林檎スティックパン

2021-02-08 17:08:00 | 美味しい食
粉が風味良く、美味しく焼けるからか、夜中、休日前の、小さなパン焼き、続いています(ニッコリ)。



■ソーセージ巻き込みパン、バターと牛乳を使わず(A)



■りんごスティックパン、バターと牛乳を使わず

表面がカシッと焼けて、中はもっちり詰まった感じ。あ、食事パンらしい、欧州でよく出会うパンって、楽しくなりました。

[材料]
○強力粉 200g +塩 3g
△絞ったりんごジュース 100ml+インスタント・ドライイースト 2g

[作る]
△を合わせて、イーストを活性化する。
○を合わせたボウルに、△を一気に混ぜ入れる。さっくり混ぜて、まとまってきたら、しっかり捏ねる。
まとめ丸めて、タッパーウェアに移し、蓋をして、冷蔵庫に8時間以上、寝かせる。

強力粉を、タッパーの縁にふり、スケッパーを差し込んで、粉を拡げた台に取り出す。生地を、半量づつに分ける。

(A) 生地を7mm厚の長方形に延ばし、四等分する。ソーセージに巻きつける。
巻き終わりを下にして、バスケットに並べる。レコルト・エアーオーブンで、80度5分で、気持ちだけ、二次発酵。170度15分で焼成する。

(B) 生地を、1cm厚の長方形に延ばし、四等分する。フィンガー状に形を整えて、バスケットに並べる。160度15分で焼成する。

りんごスティックパンは、ほのかに甘い香りがして、砂糖、バター、牛乳を取れない方にも、楽しんでいただけます。
ソーセージ巻き込みパンは、柔らかい惣菜パンは、奥歯に挟まるから、などと言われる年配者にも、ためして貰えそうです。

バターと牛乳の力を、再確認する、面白い体験でした。るん♪(笑)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの


コメント   この記事についてブログを書く
« 穏やかな夕食 | トップ | 雉子重弁当 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美味しい食」カテゴリの最新記事