過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

火曜日の生活(2012年11月5週)

2012-11-29 17:21:36 | 働かざる者喰ふべからず
[働く]8am/9pm
[食べる]■朝食:トースト、ヨーグルトにバナナ、カフェオレ→4品目
■昼食:トマトと豆の煮込みを焼く昼(写真)→13品目
■夜食:夜食はリトル・インディア気分(写真)→16品目
[今日は何品目?]4+13+16-重複7(豆5、人参、ヨーグルト)=26品目
[今日の食出費]無し

[考える言葉]震災に引き続く原発事故の苦しみを聞き、放射性物質汚染の食への恐怖感をうけて、原発依存社会から離れたいと願う人は多い、と思う。
チェルノブイリ事故と核処分の不可避問題を学んだ時から、いつか来る困難な選択肢と考えてきた。
脱・原発依存をめざすという時、電力の問題だけでなく、多くの未来を、政治は語らなくてはならない。
一国のエネルギー政策、電力に依存する産業経済への対応、だけでは十分ではない。
地球の温暖化を防ぐための二酸化炭素排出制限との、全世界との契約。他国から権利を買い取るための費用負担は、最終的に個人に添加されるだろう。
原発をいつ廃止したところで、やがて生じる核燃料の安定保管の費用や、補償のための費用もいる。

個人が節電するだけでは解決できない、この国の三十年先の姿に対して、一つでもビジョンを示せる政党を選ばなくてはならない。
脱原発という言葉のムードだけではなく、そのためにかかる、現在よりはるかに重い税金の使い方を、誰に委ねていくかの選択なのだから。
その決意をもって、投票しなければならない。それに見合う政党はあるのか…。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夜食はリトル・インディア気分 | トップ | 忙しいとスープ&ブレッド(笑) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

働かざる者喰ふべからず」カテゴリの最新記事