過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

2018 元旦を調える 1

2018-01-02 11:10:00 | 日いづる国の伝統食


あけまして おめでとうございます。
佳き新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

陽射しのある元日を迎えて、晴れやかに食卓を調えられるよう、頑張りました(笑)。



○蒸し鮑
○車海老
○小鰭
○著路木



○こぼれ黄金竹 (いくら)
○八幡巻き (穴子、牛蒡)
○鴨焼き
○錦玉子
○桜蛸
○松葉銀杏
○長寿海老



○紅白なます
○菊花蕪、黄金の華を重ねる
○栗きんとん
○栗渋皮煮
○からすみに、しぼりおろし
お楽しみ小箱も一揃い。



○お楽しみ小箱の中には、黒豆♪



[作る]
菊花蕪に、さらに黄金の華を咲かせました(ニッコリ)。
ちぎった数の子、登志子さん が贈ってくださった、柚子の砂糖漬けを重ねています。

甘酸っぱさ、塩味、薫る甘味。華やかな一品に調いました。るん♪



○紅白蒲鉾
○伊達巻
○昆布巻き
○明太子 (福岡からの到来物)



さぁ、銘々膳につにました。
蓋をとるのは、次の記事にて(ニッコリ)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 謹賀新年 2018年:平成30年... | トップ | 2018 元旦を調える 2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (登志子)
2018-01-03 18:59:26
すばらしいお品ぞろえにうっとりです。

いくらが入っているきゅうりは
どうやって作るんですか?
素敵な盛り付けですね。
登志子さんへ:くりぬきます (過労死予備群)
2018-01-04 05:41:07
登志子さん、おはようございます。
胡瓜は両ヘタを切ってから、半分よりは、左右どちらかに1cm程、寄せて、平らにきります。二つの円柱ができます。
それから、各円柱に、刃物を寄せて、三角の面が、大きくなるように、切り分けます。
これで、高さの違う、土台が2種類×二個、できました。

立ててみて、少し後ろに反るように、底面を薄く、そぎます。
その後、先細の薄いペティナイフで、中をくりぬいていきます。そこにイクラや、雲丹を盛ると、映えます。

言葉にすると、長いですが(笑)、繰り返すと、慣れます。小さな工作気分です(ニッコリ)。
目を止めてくださって、嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日いづる国の伝統食」カテゴリの最新記事