過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

北海道で雲丹の奥深さを学ぶ3:炙りのふくよかさ

2019-08-22 12:33:00 | 日いづる国の伝統食
★飛び込み記事です★



■無添加 木箱入り 炙りうに 50g

さぁ、火をいれた、雲丹の味をシンプルに味わいます。
炙った香ばしい香りに、匙をいれます。表面の張った感じを裂くと、中はトロリ感(ニッコリ)。
舌に拡がる、ふくよかさは、生との違いを、はっきり教えてくれました。
炙る意味がある!

コクと甘さの、質感が変わる、楽しさ。シンプルさの醍醐味を味わう、プレゼンテーションでした(ニッコリ)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの
コメント   この記事についてブログを書く
« 北海道で雲丹の奥深さを学ぶ2... | トップ | 北海道で雲丹の奥深さを学ぶ4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日いづる国の伝統食」カテゴリの最新記事