過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

2018 元旦を調える 2

2018-01-02 16:47:00 | 日いづる国の伝統食
さぁ、蓋を取りましょう。(ニッコリ)



○江戸の武家の雑煮に、一手加え
○数の子一揃い、千枚漬
○鶴に、千両雲丹
○子持ち昆布に、しぼりおろし
○黄金かん、柚子重ね

[作る]
江戸の武家の雑煮は、鰹節出汁をきりっとひいて。かしわ、小松菜です。結び三葉、へぎ柚子を口取りに。

今回は到来物の寿なるとを、加えています。

[作る]
柚子皮と梅酒をよせる寒天が、黄金かんです。
今年は、登志子さんの柚子の砂糖漬けの力を借りて、さらに香りよく、仕上がりました。



銘々膳から左右をみる。



さぁ、むかって左手へ。



○お江戸の寿司屋の玉子焼き
○紅白蟹のせ



ふっくらのちょい甘の玉子焼きに、蟹の剥き身の海の塩味が添う♪



○お煮しめ
八品を別に炊いて、盛り込むのが、元旦の習わしです。

梅人参、絹さや、筍、大黒しめじ、艶椎茸、結びこんにゃく、海老芋、牛蒡、高野豆腐。



新春の獺祭で乾杯! ついで2018年の吉を願います。登志子さん から贈っていただいた開運を。

お陰さまで、幸せな元旦の食卓を調えることができました。感謝です。

かくして、2018年も、「食から笑顔になる生活」を、よろしくお願い申し上げます。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 2018 元旦を調える 1 | トップ | 元日夜は吉例により牛しゃぶ♪ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さすらい)
2018-01-03 07:07:01
あけましておめでとうございます。
こちらでこの挨拶をするのも、もう何回目になるでしょうか?
長いお付き合いになっております。
新年は自作のお節料理なんですね。
素晴らしいです。
今年はわたくしは年末年始は自炊をサボって過ごしました。
また今日から自炊再開予定です。
今年も何卒よろしくお願いいたします。
Unknown (登志子)
2018-01-03 18:56:55
涙出そうな日記です。

大切な元旦のごちそうに
こんな風に使っていただけたなんて…感涙!

器も盛り込みも、なんておしゃれなんでしょう!
センスが光っております!

よびちゃん!
今年もどうかどうか
よろしくお付き合いくださいませ。
さすらいさん、明けましておめでとうございます! (過労死予備群)
2018-01-10 10:55:47
さすらいさん、新年おめでとうございます。

松の内にご挨拶いただき、ありがとうございました。
本当に! さすらいさんとblogでのお付き合いを重ねてこられた永き時間に、感謝です(ニッコリ)。

このblogがこの2月に11年目になります。
さすらいさんが独立系食べ歩きblogをされていた時代からですから、たぶん、10年に近づくお友達でいてくださっているはずです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
自分なりに元気で、そして、良き年にしましょう!
登志子さんへ:あけましておめでとうございます。 (過労死予備群)
2018-01-10 10:59:53
登志子さん、新年おめでとうございます。
松の内にご挨拶賜り、誠にありがとうございました。

登志子さんから頂戴した、年越しの宝箱、沢山の笑顔を、我が家と親族におくってくださいました。
こちらこそ、篤く御礼申し上げます。

年長の親族を喜ばせることができること。
本当にありがたいことでございます。

大叔母は、「登志子さんに習いにいっていらっしゃい」と、無茶を申します(苦笑)。
いつか、そういう時間が取れる時がきましたら、是非、お願いに参ります。(これが本当の60の手習いになることでしょう、ニコニコ)

きゃ。嬉しい!
盛り込みも料理も誉めていただけて、感動です。

こちらこそ、今年も、相変わりませず、どうぞ よろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日いづる国の伝統食」カテゴリの最新記事