過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

空港のパブ飯 三種 3.パイは生き残ってます(笑)

2019-09-17 06:15:00 | 外食でリフレッシュ!
私が英国のパブを好む理由は、食事のためのパイが、生き残っているから、だと思います(笑)。



■chicken & wild mushroom pie
mushed potato マッシュポテトとmushy pease とろとろ豌豆豆を添えた、パイが嬉しい。
鶏肉と、ごろごろ茸のクリーム煮を、パイにしてあって。私の好物の一つです。
食事になるパイが、あまり見られない日本のように、英国でもオーブンで焼きあげるパイは、だんだん見なくなってきていると、感じます。

だけど、パブには生き残っています(ニッコリ)。パイは、硬いくらいに、パリッと焼き上げて。ナイフをいれると、とろぉりとパイ皮に浸軟して。薫りたつバター。
大量の、芋そのまま感のマッシュポテトと、バターを足して柔らかく煮て、潰した豌豆豆を、パイのお供にする形で。

お腹も心も満たされていく、パイのお皿。パブ飯で、ホッとする醍醐味なのでした。

フライトをもう一つ。最初の目的地まで、元気を満たして、出発しました。
■アンテロープ・アンド・ライオン、Manchester airport、UK


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの

コメント   この記事についてブログを書く
« 空港のパブ飯 三種 2 豆のカ... | トップ | 美しい島に還る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外食でリフレッシュ!」カテゴリの最新記事