過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

山梨の秋に今年も出会う!七福1

2017-11-20 02:47:00 | 日いづる国の伝統食
中央道は晩秋の装いになりました。雪が降るかも?!の予報が外れた感謝で、走りました(ニッコリ)。

勝沼ぶどう郷に出向く時のお楽しみ、山梨を感じる味を、いただくことです(ニッコリ)。

美味しい食と、人の誠実さを感じる、大好きなお店に、今年も伺うことができました。



■山梨の郷土料理 馬刺

この錆朱色をみると、元気になるっと感じます。とろっ旨の、香り良い馬刺。生姜、大蒜が添えてありますが、私は生姜醤油でいただきます。

噛むごとに美味しいな、元気になるぞって感じます。ここの馬刺は、私にとって特別。自ら欲して注文する、信頼の味なのです。(ニッコリ)



■天然舞茸の天婦羅

お店の方々が、摘んできてくださる、おいおいの茸や蕗の薹、山菜が、天婦羅になってくるの、嬉しくいただきます。

じゅわりっと、山野のその時、をいただきます。うまうま。

壁には大人の頭ほどの舞茸を見つけた日の写真が張ってありました。この日に当たったお客様が、喜ばれた話を、ニコニコ聞きました。

だけど、今年は雨が多かったから、菌が流れてしまって、実りが難しいって話を聞きながら、里山に想いをはせます。人の手と、天然の両方の在る場所。

「昔は、私らがいっても、茸をとれたけど、今はだめです。皆が山に入って、根こそぎとっていってしまうから…。奥までいかないと。」という話をきくと、寂しく思います。
里山は、住む人が守り育てて、次を考えて、天然と相談していく場所だから。偶然の恵みであるだけではないことを。皆が知っていてほしい……と思いました。

美味しく舌つづみをうつだけの私達でも、引き継ぐ里山を、覚悟して奥に向かう人の気持ちを、大事にしなくちゃと思います。食を通して、学ぶことの幸せです(微笑)。旨し♪

■七福 (山梨県甲州市塩山熊野)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
« 小狐鍋:始末から生れたヒッ... | トップ | 山梨の秋に今年も出会う!七... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日いづる国の伝統食」カテゴリの最新記事