過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

滋味旨味! しじみ豆乳鍋・シャンタン鍋を創る

2019-11-08 12:12:00 | 美味しい食
おはようございます。日の出が遅くなり、朝の肌寒さが分かる時期になってきました。

まさに時期ぴったり(笑)!
創味食品さん、レシピプログさんのコラボレーション企画、「絶品シャンタン鍋をつくろう!」のモニターに選んでいただきました。



■しじみ豆乳鍋

それぞれが、お好み分の辣油加減にして、つゆを飲み干せるように、小鍋仕立てにしました。
(倍量で作ると、豆腐 一丁、えのき一袋のような、切りのよい数字になります。(笑))

[材料] 内径15cm程度の小鍋一台分として

創味シャンタンDX 小匙2、
湯 200ml
すりおろし生姜 小匙1
創味のつゆ 小匙2
豆乳 200ml
美味しい辣油 お好み量で

絹漉し豆腐 半丁~120g
ブラウンえのき 1/2パック
隠元豆 1/2バック
しじみ(大粒の品) 殻付きで50-70g

[作る]
1)ブラウンえのきは石附を切り、大振りに分ける。隠元豆は半分に切り分ける。

2)創味シャンタンDXを湯でとく。小鍋に移し、すりおろし生姜を加え混ぜる。
3)小鍋の中心に豆腐、周囲に隠元豆、ブラウンえのきを彩りよく、盛り込む。
4)創味のつゆを、具材の上に回しかける。(写真A)
5)豆腐の上に、しじみを、平らにばらまく。豆乳の2/3量を注ぐ。(写真B)
6)しっかり蓋をして、小鍋を火にかける。中火で、くつくつ煮る。

7)しじみが口をあけたら、残りの豆乳を加えて、暖め、卓に供する。
8)熱々のところに、お好み量の辣油を加える。ふーふーして、召し上がれ。

※ 豆乳を二度に分けて加える理由は、突沸を防ぎ、豆乳自体の香りと滑らかさを残すためです。


写真A. 隠元豆の火通りを考えて盛る


写真B.火にかける準備完了




創味シャンタン、創味つゆ、豆乳、美味しい辣油の、組みたての汁に、しじみを足して、香りが豊かに。



豆腐は、豆乳に角が溶けて、プルンッと滑らか(ニッコリ)。大粒のしじみは、香りだけでなく、身も食せます。今回のは大和しじみ、です。




贈っていただいたお品には、楽しむためのヒント・リーフレットがついています。眺める時間は、貴重なリフレッシュ・タイムです。(ニッコリ)

夜討ち朝駆けの毎日でも、食卓は大事にしています。
モニターをお預りしていると、スキマ時間(笑)に何を作ろうか考えています。家につく前に段取りをたてて。結果、手早く、面白い食卓が出来上がります(ニッコリ)。
スーパーで新しい品物を見比べる時間は無くとも、今年、流行らせたいモノは此か?(笑)と、教えてくれるモニターを楽しんでいます。

発送のパッケージング、封筒の有無等に、企業の意識を感じたりして…(笑)。

消費者に情報を届けて、美味しく食べて欲しい! そんな気持ちが伝わる、今回のモニターでした(ニッコリ)。

【レシピプログの「絶品シャンタン鍋をつくろう!」レシピモニター参加中】

簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!
簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの

コメント   この記事についてブログを書く
« マシュマロのバラエティを足... | トップ | 昭和のおかずで晩酌の夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美味しい食」カテゴリの最新記事