過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

北海道で雲丹の奥深さを学ぶ8:香ばしさに重ねる強さ

2019-08-25 04:29:00 | 日いづる国の伝統食
★飛び込み記事です★





■焼きむすび

香ばしく焼いた結びの熱によって、雲丹が熱をおびて、香りを放っていく。お米と雲丹。これも素直なコラボレーションです。

北海道で作れるお米から、美味しいお米と選ばれる時代になるまで、人の努力は続いたのだと、思います。
気象の変化によって、夏の気温がかわってきたことには、不安を覚えます(微笑)。

美味しい雲丹を食し続けられるように。豊かな北海道の食材が、安定して作り続けていってもらえるように。消費者は応援し続けていかなくては、と思います。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの

コメント   この記事についてブログを書く
« 北海道で雲丹の奥深さを学ぶ7... | トップ | 北海道で雲丹の奥深さを学ぶ9... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日いづる国の伝統食」カテゴリの最新記事