過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

懐かしく蘇る親子競作本

2014-03-30 10:59:29 | 食に関わる情報本
おはようございます。雨の日曜日です。都内の桜は三分から五分咲き、この雨は乗り切ってくれると思います。

ダイブ待った本がamazonから届きました。

■「カツ代流 しあわせごはん・ケンタロウ流ウマイめし」
講談社から2000年に発行された本。
同じテーマや食材を、二人がそれぞれに料理して、見開きに並ぶスタイルのレシピ本です。

発売された当時は、本屋で立ち読みしただけでした(苦笑)。親の七光みたいにケンタロウさんを見ていた頃でした。
いま読んでみると、全く違った。塩加減や彩りの組み方は似ているけれど、二人のベクトルは違っていました。
カツ代さんは、時間がなくても安定した味が作れるように考えていて。ケンタロウさんは、驚きがある実験ごはんを作っていて。
カツ代さんの味の中で育って、その先へいくことを選んだのだなって思いました。

本の中の写真の二人は、それぞれに輝いています。発行された2000年、その前後、お二人は並び立つ仕事の日々だったのでしょう。
今はお二人の新しい仕事に出会うことは出来ません。だけど、本の中のレシピは今も魅力的に誘います。いのちを持つ、っといえば伝わるでしょうか。14年前であるのに色褪せない凄さ。
分野は全く違えども、こういう活きる仕事をしたい…そう引き締まる一冊でした。
親子で競作できる…厳しいけれど、誇らしい時間だったろうと、思いやる本でした。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« イセハラ垂直ティスティング5 | トップ | 三月最後の金曜の夜に »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほ助)
2014-03-30 12:50:02
小林カツ代さんのレシピってダイレクトなのに
きっちり計量は細かくされてるよねー
初心者にもやさしいレシピを書かれてたな~と思います

ケンタロウさんの不運な事故から
本当色んなことが外から見ててもお気の毒
ご冥福をお祈りしています

レシピは一生残るもの
だね
Unknown (アサヒ)
2014-03-30 14:01:16
私は過労死さんの本の見方に感心!本もこんな風に、書いた人(達)のそのページ、ページの思いを察しながら読んでもらったら、ものすごく幸せだと思います。今となれば、貴重な一冊となりましたね。大切にしてくださいませ。
ほ助さんへ:活きて使われる幸せ (過労死予備群)
2014-04-01 18:49:51
ほ助さん、こんばんは。
本当に。小林カツ代さんのレシピに、助けられた人、沢山、おいでと思います。
とにかく解りやすく、とっつきやすい文体でした。再現性の高いレシピだったと思います。

本当に。レシピは一生残って、活きて使われて、誰かを幸せにする。素敵なお仕事だと思います。
ほ助さんも、それに繋がる道を歩んでおいでと思います。
アサヒさんへ:大切に活かしたいと思います。 (過労死予備群)
2014-04-01 18:52:55
アサヒさん、こんばんは。
優しい言葉を、ありがとうございます。

書かれた本の言葉を、読み解ける位に、熱いハートで居たいと思った頃があります(微笑)。
言葉は命をもつとも思います。

ありがとうございます。
本を大切に扱いながら、レシピや気持ちを活かして遣っていきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食に関わる情報本」カテゴリの最新記事