過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

呉の味噌炊きで小鍋仕立て:昭和の晩酌気分で

2015-12-19 17:22:00 | 美味しい食
この夜の献立は、始めにたっぷりの鶏皮ありき、でした(笑)。
湯引きして大根おろし和えでは、メインにならないし…。保存食にしたい…。
あ~、広島・呉(くれ)の味噌炊きなら、なめ味噌だから重宝する! ……でした。

呉の味噌炊きは、鶏皮たっぷりと山口の菎蒻を、赤味噌、白味噌、辛味噌で煮込んで作る、郷土料理です。居酒屋の最初のあてにも、丼飯にかけても重宝されると、聞きました。
お店ごとに味噌の味わいが違うのだとも。
呉の味を思い出しながら、私流に仕立てました。



■広島・呉の味噌炊きで小鍋仕立て
[作る]
○呉の味噌炊きを作る
1)鶏皮をぶつ切りにする。厚手の鍋で、刻み生姜と共に煎り焼きして、鶏油(ちーゆ)を引き出す。
2)赤味噌(千葉)、白味噌(滋賀)、辛味噌(豆板醤)を合わせ擦りして、日本酒で延ばし、味噌だれとする。
3)鍋(1)に、味噌だれ(2)を加え、火を当てて、詰めていく。焦がさないように注意しなが、しっかり練る。
風味をみて、柚子粉、一味唐辛子を補う。

※ 水を使っていないので、日保ちします。乾燥しないようにして、冷暗所に。

○小鍋に仕立てる
1)昆布の出汁をひき、味噌炊きを溶く。
2)食べよく切った小松菜の茎、豆腐をいれ、火にかける。ふつふついったら、山盛りの小松菜の葉を足し、蓋をする。煮たたて無い!
熱々で供し、お好みで一味唐辛子、山椒、柚子胡椒をどうぞ。


今宵の昭和の居酒屋献立は以下に。



○広島・呉の味噌炊きで小鍋仕立て
○玉菎蒻の甘辛煮
○ちょい甘の昆布大根
○山口の酒・獺祭をコップ酒に見立てる

昭和の晩酌ならば、〆は小鍋に残った汁に、冷や飯を温め、玉子雑炊にしたところでしょう。(ニッコリ)
一気に平成に飛びましょう。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

コメント   この記事についてブログを書く
« 玉菎蒻の甘辛煮:昭和の晩酌... | トップ | 味噌チーズきしめん:昭和か... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美味しい食」カテゴリの最新記事