過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

Jerseyで54年目のイタリア 1 朱ではじめる

2019-10-13 16:21:00 | 外食でリフレッシュ!
こんにちは。私は西日本にいます。
台風接近前夜に、所用に備えて、高速夜行バスで移動しました。激しい風に揺られて、二時間遅れで、到着しました。
土曜日、夜になる前に、当地の風雨は、峠を越しました。

日曜日、晴天の明るい陽射しと、ディスプレイに写し出される台風19号の爪痕、惨状に、胸つぶれる思いがします。

いま尚、被害のただ中にある方々のご無事をお祈りいたします。
どうぞ皆様、少しでも早く、暮らしの形を取り戻されますよう、祈っています。

被災地の回復を祈り、自分にできる応援に務めながら、日々を大事に暮らすこと。今日ある幸せに感謝して、公私の務めを果たしていきたいと、私は思っています。
笑顔である人が増えることを願います。



★こちらは飛び込み記事です。9月下旬の英領ジャージィでの食記事です★

英領ジャージィを訪問する度に、私が必ず立ち寄る、大事なレストランがあります。オーナーのロッシ氏と共に50年を越える、もてなしの場所です。
La Capannina Restaurantは特別な場所です。Jerseyの最後の夜に訪れた記事を書き留めておきます。



■カルパッチョ
薔薇の花びらを重ね合わせたように、薄くひいた牛肉を重ね合わせた、美しいカルパッチョ。
テーブルの傍で、塩、胡椒、オリーブ油、チーズをひいて、お客様の好みにあわせて、仕上げてくれます。
オリーブ油に胡椒たっぷり目が、肉の甘味をさらに際立たせます。カルパッチョは生まれるべき料理だった!と思うのです(ニッコリ)。

■La Capannina Restaurant, St Helier, Jersey


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村 今日食べたもの

コメント